« 診断書 | トップページ | 日曜日には »

2009/08/01

そのドアにノブはあるのか?

 
メールくれた友達にも返事送れなくてごめんなさい。
 
みんなそれぞれの場所でそれぞれにしか体験できないコトをして、それをまたメールやブログで教えてくれるのを楽しみにしてるよ。
 
あたしは、「あたし以外の存在」というものに、よくも悪くもすごく驚かされていて、例えば「マトリックス」の世界じゃないけど、この世は「架空現実」だという考え方もできるワケで、何かに触った感触が、「本当」に「何か」に触ったのかどうかは、自分の脳ミソ以外わからないワケで、その自分の脳ミソすら信じられなくなったら、自分の目の前で楽しげに笑う友達も、美味しい食べ物も、心を癒す音楽も、全部「ない」コトになる。
 
だけど、ブログやメールを読むと、そこには想像も出来ないような体験が書いてあったり、「言って欲しい言葉」が書いてあったり、実際に会ったりして、例えそれがあたしの脳ミソの中で起こってる「仮想現実」であっても、こんなに楽しいならいいや。少しの苦労や苦しみや不安くらい乗り越えながら、楽しく生きていこう。
 
と思っていて、それは今もかわりません。
 
あたしが「存在する」と思ったものは「存在する」と、半ば祈りのように考えて生きてます。
 
何日か前に書いたように、あたしはうつ病を治すために、手っ取り早く会社を辞めるという方法を取るコトに疑問を感じています。
 
あたしも母親のうつ病を見ていて、こんなに苦しいものだとは思わなかった。今まで「理解していない側」にいて、でもかろうじて原因も対処法も心の支えもあるし、「どうせ死ぬワケじゃない」っちゅー最終的なポジティブシンキングも持ってるし、ここでひとつ、会社の人たちにご協力願って、仕事を続けながら病気を治していきたいなと思っているのです。
 
でも、この間は社長に、
 
「雰囲気が悪くなるから笑え」
 
と言われ、悲しくなってその場で号泣。
 
そして今日は、いちばん仲のいいと思っていた部長に、
 
「変な薬ばっかり飲んでるから顔色が悪くなるんだ」
 
と言われ、やっぱり泣いてしまいました。
 
月の頭で伝票整理に請求書作成。多少の頭痛じゃ休めないと思って、幸い熱も35度台だったから出社したものの、焦れば焦るほど疲れるし、熱は上がるし、頭に保冷剤を巻いて、休みながら伝票入力をしていた時に、いきなりそう言われ、その言葉のどこからもポジティブなイメージを受け取れなかったあたしは、やっぱり会社に来て、暗い顔をして苦しそうに仕事をしてたら、回りの人は気分を悪くするのかも知れないなと…思っちゃったのです。
 
「びょ、病気とは言え、不快な気持ちにさせて申し訳ございませんでした。これからは、具合が悪い日は休むようにします。今日は、早退させてください」
 
家に帰って、母に言ったんだけど、同時に、「理解してもらいたい気持ちもあるんだ」とも告げました。
 
そしたら、
 
「甘い」
 
と一蹴。
 
甘いのかなぁ。
 
16年、一緒に仕事を共にしてきて、結局はこうなのか? じゃあ、一体何を信じればいいのか? 
 
「わたしのコトをわかって欲しい」という気持ちは、仕事上ではただのわがままなのか?
 
あたしの開けたいドアが内開きなのか外開きなのか、だいたいノブがあるのかどうかさえわかりません。
 
引き戸だったりして。

|

« 診断書 | トップページ | 日曜日には »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

だいじょうぶ、ことぶきさん。
みんな大して進んだり変わったりしてないので、
こっちはこっちで楽しくグダグダやってますのでね~
いつでも入ってこれるので、ね。

ちなみに、ペコ部屋には扉がありません(笑)
階段登ったらいきなり部屋!笑
だからいつでも誰でもウェルカムです。ただし、日当たり悪いけど(笑)


あ、ジョンBカフェ、ちゃんとことぶきさんの分もお土産もらってきましたよ!
ぬかりなし!エライっしょ!笑
うふふ、ヤッサで渡しますね~♪

投稿: ペコ | 2009/08/02 01:17

ん〜。
なかなか職場の理解を得るのはむずかしいかな〜。
病院という職場にいて精神的に病んでいる方をケアーしていても
実際身内やスタッフがそうなった時 でん〜と構えて対応できる人は
すくないからなぁ。
そのドア 実は絵に描かれたドアってこともある?かも。。。。

投稿: koharu | 2009/08/02 18:28

一度しかコメントしたことないので
「誰?」ってなるかもしれませんが。

ことぶきさん。
どうしてもやりたい仕事でないなら、
辞めてしまうことは
逃げではないですよ。
何よりも自分を大事にしてください。
ことぶきさんの体より、心より、
大事なものがことぶきさんにあるはずがない。
健康があってこそ、
感覚があって、感動があって
日々に意味があるのだから、
それをなくしてまで働く必要はないし、
悲しいほどに会社って、
そんなことまで気にしてくれません。
そういう意味では「甘い」
というお母様の言葉は正しいのかもしれません。

自分本位でいいんです。
会社の仕事がたまろうが、
極端に言えば会社がつぶれようが
ことぶきさんはことぶきさんを
守る義務があります。
自分のことは
自分しか守れません。
自分を大事にしてくださいね。

投稿: | 2009/08/02 21:14

今日になって、やっとネットに復帰したから遅ればせですが^^;。

会社を辞めないまでも、しばらく休職したらどうだろう?
と思ってしまうのよ。
やっぱり会社は所詮会社。助けてくれる所ではないと思うの。
私は会社を辞めるまで、早退して通院してたけど、
「あまり頻繁に早退されても迷惑…」という空気だったし、
実際そう言われたよ~。
仕事も大切だと思うけどさ、
ことぶきの体の方がずーーーーーっと大切なんだからね。
もっと我侭になっていいと思うし、適当になっていいと思うよ。

満身創痍じゃ、前に進もうとしても進めなくなっちゃうよ。
とにかく体を休めてね。心身の疲れをとらなきゃ。
ドアノブは体力が回復したら目の前に現れるよ、きっと。
お大事にね!

投稿: M | 2009/08/05 20:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61776/45805496

この記事へのトラックバック一覧です: そのドアにノブはあるのか?:

« 診断書 | トップページ | 日曜日には »