« ことぶきの、底なし闘病日記 | トップページ | これも日常 »

2009/07/09

7月9日

心の整理をつけろと言われても、なにがなんだかわからなくて、これから先のコトが怖くて、怖くて、ただそれだけです。

でも、封筒を開けて、トータスさんの字が最初に目に飛び込んできた時、

なんか、

「やっぱり」

って思いました。

だけど、ウルフルズに限っては、そんなコトない。有り得ない。だって、ジョン・Bさんがいなくなってもそこにあり続けてくれたんだから、あるわけがないって信じ込んでいて、

でも、どんなに願っても、かなわないコトは、やっぱりあるんだなぁ。

こんなお知らせしなくても、もう1年以上ウルフルズとしての活動なんかしてなかったんだから、このまましれっとしててくれてた方がファンも「たぶんね」とか思いながら気楽に待てたのに。

待つ。

待つしかない。

これほど無力で途方もないコトはないです。

ファンは、“過去の遺産”を大事に抱えて、それしか信じられなくて、これから生きていきます。

こんな時に限って、タイミング悪く、うつ病で毎朝どよんとして出社するあたしに、社長が、

「雰囲気が暗くなるから笑え」

と言いました。

それで、笑えるコトなんて一個もないのに、こんなに苦しいのにと思って、号泣しちゃった。

涙を流しても、なんにも残りませんでした。スッキリもしないし、しこりも取れない。

「泣くほどのコトがあたしの中にある」

と自覚しただけです。

それでも朝起きて、顔を洗って、会社に出かける。日常。その中の、かけがえのないものが、そぎおちていくのに、なにもできない。

|

« ことぶきの、底なし闘病日記 | トップページ | これも日常 »

ウルフルズ」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
久しぶり過ぎて覚えてくださっているか不安ですが(^^;

お手紙が来たのですか。

私は米米クラブのフアンでして、最初の解散の時にお手紙がきました。
米米としての活動もあまりしていない時期で、
開封する前に中身がわかってしまいました。
不思議なことに…

ウルフルズのニュースをみた時に、ことぶきさんの事がふと浮かんで、久しぶりにコメントをしてみました。


それからご病気のこと。
私の身内にも患っているのがいます。

調子の悪い時は笑えないようです。

なので、ことぶきさんも、無理に笑う事はありません。

お大事に…

投稿: あやごん | 2009/07/09 15:55

はじめまして。たまにブログ遊びにきてる者です。 今日活動休止をラジオで聞いて、、涙が止まりませんでした。ずっと決まってたことなのか。最近のトータスさんの様子がおかしいから、決まったのか。メンバーの心情を考えると、胸が痛いです。21年ですよね。ずっとずっと活動し続けてた彼らに感謝してます。あんなに楽しいライブ無いですもん。ことぶきさん、からっぽにならず、小さな幸せがたくさん起きて少しでも体調がよくなること願ってます。。また元気なブログ読ませて下さいね。
お互いウルフルズの歌を胸に・・・

投稿: ウルフルズっこ | 2009/07/09 22:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61776/45581301

この記事へのトラックバック一覧です: 7月9日:

« ことぶきの、底なし闘病日記 | トップページ | これも日常 »