« ことぶきさん、テレビの前で | トップページ | 最新カメラ事情(ことぶき編) »

2009/01/28

故意と偶然

はっきり言って本当にあたしはカメラの才能がないのかも知れない。

と、日々打ちひしがれて暮らしているんです。

トラウマとして、高校時代に美術の先生に、

「お前は絵の才能はあるけど、デザインの才能はないなぁ」

とケロッと言われ、そんなの言われなくても自己採点済みのあたしも軽くうなずきながら、

「わかってますーーぅ」

って言ったんだけど、自分で思ってるのと他人に言われるのとじゃ、なんだか決定的に違うんですよね。
しかも言われたのが美術の先生。

烙印を押されてしまったのです。

デザインの才能は本当になくて、配置とか考え出すとワケがわからなくなるんです。

構図とかね…

本当にダメ。

つまりですねぇ…

写真を撮るのには、致命的なワケですよ。そこら辺のセンスがないっちゅーのは。

でも幸いにも、写真は構図だけが勝負じゃない。その他にもいろんな要素があるのです。

1個だけ、色を見つけるのはあたし、自分で得意だと思ってるんです。

見せたい色を出す、っていうのも、写真の醍醐味のひとつ。
意図的にこんな色にしたいとか、目で見てるこの色を忠実に再現したいとか、でもカメラって、その辺がむずかしかったりするんです。

今日はですねぇ、水曜日の休日なのにケータイからこうしてブログをUPするための文章をわざわざ書いてるんですが、ちょっと気分がいいからなのです。

さっき本屋さんから出てきたら、近くの製紙会社の煙突と、工場の明かりと、宵の明星と、何よりあたしお好みのしっとりとしたインディゴブルーの空があいまって、四角で囲ったら(写真にしたら)いい感じなんじゃないかと思って、さっそくカメラ(常備)を取り出して、車の屋根に固定して撮影をはじめたんです。

もう暗いから、どうしてもシャッタースピード遅くなるしね。

一回目。
F4、シャッタースピード4秒、ISO100。
若干暗め。うーーん。

そこで、GRD2の新しい機能を使った夜景撮影設定にしてみたんです。

二回目。
F9、シャッタースピード60秒、ISO100。

シャッタースピード…画面に

「60S」

って表示されるんだけど、「0」を見誤りまして、6秒だと思ったのになかなかシャッターが閉まらないんですよ。

「カッシャ」

「カッ…」

って鳴ったままなのよ。

え? どうした? 壊れたの? ま、まさか60秒ッ? 1分ッ!?

まさかのために、そのままの姿勢で1分微動だにせず待ちましたよ。

したら、

「…ッシャ」

シャッター、閉じました。おお、閉じたッ!! っちゅーコトは、写真撮れた。

恐る恐る見てみたら、これがなかなかおもしろい写真になってたんです。

もう、全然意図してないものがそこにあるんですよ。
屋根に固定していたとは言え、ちょっと斜めになってたから途中でどうしても動いちゃうし、シャッターが閉まらないと動揺してカメラを揺らしたし、その辺のあたしの「心」もしっかり映し出されている(笑)

最後に三回目。一回目と二回目の中間くらいの設定にして1枚。

それはあたしの好きな空の色に仕上がっていました。

そんなワケで、「故意と偶然」が生んだ3枚の写真。今日はこれでお腹いっぱいなのです。

うー、満足満足。

明日、「カメ3」にUPします。

期待し過ぎて肩透かしだったら申し訳ないですけど。

|

« ことぶきさん、テレビの前で | トップページ | 最新カメラ事情(ことぶき編) »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

分かります分かります。
ペコの場合、「才能はあっても技術がない」んだと自分では思ってます。
器用貧乏というやつですかね(苦笑)
「99%の努力と1%のひらめき」でしたっけ?まさにその通りで、
才能があるんだーとか勝手に思い込むだけ思い込んで、なんの努力もしなかったら実になるわけないんですよねー。
というのを最近ひしひし痛感です。。

わはは!シャッターなっかなか降りないときありますよね!
ほんとカメラがフリーズしちゃったのかと思うぐらい「カッ」て言ったきり!
せっかちなペコはいつも「シャ」まで待ちきれないんですけども(笑)

投稿: ペコ | 2009/01/28 23:15

★ペコさん
油絵はね、誰にも教わらなかったし、絵も好きで描いてたら褒められて、賞状とかもらうから嬉しくて、それで「絵で食べていこうッ!!」とか勘違いしてたんだけどねぇ…

いや、中学の美術の先生が完璧にあおってたんだ。ベタ惚れされてたもん。
「美大に行かせるべきですッ!!」
って。

だから、高校に入って贔屓されずに、思いっきり対立してた先生に

「お前は絵の才能はあるけど、デザインの才能はまったくないな」

って言われた時は

「これが本当の評価だな」

と思ったのよね。

デザイン能力はないから、それを補う才能で攻めねば。

努力は大事だけど、才能あってこその努力なのよ。
ただの石をいくら磨いても、「キレイな石」にしかならないの。宝石にはならない。

でも、カメラ好きだし、楽しいし、上手になりたいなぁ。

それにしても、シャッタースピード1分ってねぇ。星空撮ってるんやないっちゅーねん。びっくりしたわ。ホントに壊れたかと思った。ジョン・BさんのGRDも調子悪いって言うし。

だけどおかげでおもしろい写真が撮れたし、こんな写真も撮れるのかと思って、ホントカメラっておもしろいねぇ。

投稿: ことぶき | 2009/01/29 11:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61776/43884509

この記事へのトラックバック一覧です: 故意と偶然:

« ことぶきさん、テレビの前で | トップページ | 最新カメラ事情(ことぶき編) »