« 麗しの君の名は「Nutbon」 | トップページ | 静岡にいて、下北沢を想う。 »

2008/11/14

カンテのチャイが届きました。

R0010942

今、あたしの手元にカンテのチャイの茶葉があります。

夏に買ってきたものでもないし、取り寄せたものでもありません。

昨日の今頃は、まだ店先に置かれていた、昨日まで大阪にあった茶葉なのです。

なんでそれがここにあるか?
それは、聞くも涙、語るも涙の物語なのです。

話の始まりは今週の火曜日のコトでした。
部長が出張で大阪に行くと言うので、

「なんだったらついでにお遣い頼んでいいですか?」

とほんの冗談で言ってみたんです。

「あたし毎年、大阪のカンテってお店の紅茶を取り寄せてるんですよ。買ってきてくださいよ。梅田のマルビルの地下2階のお店で」

ホントに軽く言ったのでその話はそこまでで終わったのですが…

出張当日の昨日、午後3時すぎ。

「はい、○○でございます」

電話に出たところ、

「もしもし、俺だけど、その店は何ビルだっけ?」

部長からです。

「え? マジですか? 冗談で言ったのに」

「冗談って、今、梅田の駅で降りたんだよ。何番出口に出ればいいんだよ」

わざわざ途中下車してるよ、この人ッ!!

「ま、待ってください」

そこまでしてくれたら、もう行ってもらいましょう。
ネットで出口を調べるあたし。地下からの方が行きやすいんだろうけど、迷いそうなので、地上に出てもらった方がいいかな?

「17番出口から出たら、大阪駅の南口なので、そこからまん丸のビルが見えるかも」

「わかった~」

部長は半笑い気味に電話を切りました。

一体、大丈夫なんだろうか?

そわそわしながら仕事をしていると、電話。

「も、もしもしッ!!」

「…なんか、ヨドバシカメラがあるけど」

「それ、北口ですッ!!!」

なんで? なんで? 17番出口って言ったのに北口にいるの? ダメじゃん、この人ダメじゃん(ひどい)。

「あの、いいですよ。ホント冗談だったんだもの。すいません」

「うーん、まぁ、いいか。ちょっと遊んで帰る」

電話を切ります。

そうだ、これで良かったんだ。まさか本気でお遣いだなんて。悪いもん。悪いもん…

20分後。電話。

「もしもし(ビクビク)」

「…大丸の地下にいるけど、ないぞ」

「(探してたのか)…マルビルですよ」

「あ、マルビル。そうかそうか、違うのか」

「ホント、すいません。いいですから」

その後、ケータイの電波が悪くて切れてしまい、今後どうするのか? 諦めるのか? よくわからないまま。

大丈夫なのか? さっき北口にいたけど、大丸まで来たってコトは、マルビルまで目と鼻の先。

もしかしたら部長は諦めてないのかも?

い、行けるッ!?

ほのかな期待まで抱いてしまいます。

数分後、電話してみます。

「あの、大丈夫ですか?」

「なんかさぁ、変わったビルがあったから入ってみたんだけど、それらしいお店がなくて…」

ダメか…

「そうですか、いいんですよ、いいんです」

「だから、人に聞いたんだよ」

聞いたんですかッ!!

「そしたら、ヒルトンホテルの横だって言うから、今、向かってるところ」

ぶ、部長…そこまでして(涙)

そしてまた数分後。

「カンテだよな? えーと、メニュー見ると、エビカレーとか書いてあるけど」

「今、店の前ですか?」

「前だよ(苦笑)」

にわかに蘇るあの夏の日。カンテの前にいるんだ、部長ッ!!

「すげーーーーッ!!」

「すげーって(苦笑)」

くそぅ、ちょっと悔しいな。

「そのレジの前にちょこっとだけ紅茶が売ってるんです。そこで“チャイ”っての買ってきてください。お願いします~」

「わかった~」

そしてまた数分後。

「今買ったから。…(すごい間)…それじゃ、帰ります(疲)」

「ああぁぁお疲れ様でした。ありがとうございます。気をつけて(涙)」

と、そんな具合で、今日あたしの手元にカンテのチャイが届いたのであります。

なんだろう、この罪悪感は(笑)

あたし、すんごい悪者?

あれね、最近ちょっと、「口からでまかせ」までは行かないまでも、ポロッと出ちゃうのがあるんだよね。ウソとも本気とも取れるような言葉が。

言動が、ジョン・B化してるから。
(もともとジョン・Bバンドのはじまりもそうでしょ?)

だいたい、部長、真面目すぎるんだよ。この間もパソコン操作をそろそろちゃんと自立してもらおうと、ちょっと(と言うかだいぶ)突き放した言葉で断ったの。したら、

「部長、涙目だったぜ」

って、ほかの人が。

…泣くなよ。

だけど、そうしないといつまでもあたしを頼るんだもの。
おかげでちょっとは上達したんだよ。

それにしても、人を選んで喋らないとなぁ~~

その人に悪いし、何より自分がいちばんビビるわ。

|

« 麗しの君の名は「Nutbon」 | トップページ | 静岡にいて、下北沢を想う。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

わぁ~やっさしーい部長さん!感激ですねぇ。

次回は「中津本店で」とつぶやいてみてはどうでしょう。
ますます迷いまくるに違いない(笑)

投稿: ペコ | 2008/11/15 00:44

★ペコさん
違う違う(笑)
この出張先の得意先のコトで、あたしに多大な負担が掛かるの、今後。それを「紅茶買ってきてやるから、チャラな」って意味合いが少なからず含まれているのよ。

まぁ、それでなくてもこの部長は真面目なんだけど。
名古屋に出張だって言うから、

「名古屋かぁ~。部長、あたし、ういろう好き♪」

って言ったら、ちゃんとういろう買ってくるしね。

…まぁ、いい人っちゃーいい人なんだけども。

一瞬、「中津本店に行ってもらおうかな」ともよぎったんだけど(笑) あたしもまだ行ったコトがないのに、なんで関係も興味もない部長に先を越されてしまうのよ。

だけどこれでマルビル店は覚えたから、お遣い頼めるぞ(鬼)。

あ、ちゃんとチャイを淹れてごちそうしました。

投稿: ことぶき | 2008/11/15 10:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61776/43111295

この記事へのトラックバック一覧です: カンテのチャイが届きました。:

« 麗しの君の名は「Nutbon」 | トップページ | 静岡にいて、下北沢を想う。 »