« 白黒っていいかも | トップページ | 住まいる »

2008/07/04

ことぶき、bridgeを読んで語る

遅ればせながら、「bridge」を読んだのでした。本屋さんで、立ち読みで。

フツフツとこの胸に湧き上がった感情を、ちょっと言葉にしてみますが、ファン歴とかそんなの関係なく、ウルフルズに心奪われたひとりの人間の思ってるコトと割り切って読んで欲しいです。

あと、基本的にジョン・Bファン目線なのはしょーがない(笑)

「bridge」のインタビューねぇ…トータスさんらしいなぁとは思ったんだけど、あまりにもかたくな過ぎて「もっと楽になればいいのに」と思いながら読みました。

知りたくないトータスさんの感情ではあったけど、こうして雑誌に載ってるってコトは、「知って欲しい気持ち」なんでしょう。

渋谷さんが言ってるコトは、よくわかる。だってあたしもそう思ってたから。

トータスさんがソロを始めて、あたしはずっとそう思ってたんだもの。

「この人は、帰ってくるんだろうか?」

って。トータス松本に、良くも悪くも「ソロ」と言うはけ口ができてしまって、今までウルフルズの中でなんとか築こうとしていたものを、

「もうええわ。それはソロでやる」

って言われたら、メンバーも向上しないだろうし、ウルフルズは止まる。

ソロはソロで新しい発見もあるだろうけど、「ソロ」と「ウルフルズ」をそんなにキッチリ分け隔てるコトはないような気がする。

元気のある曲だけがウルフルズじゃない。

トータスさんが歌えば、それがウルフルズなのよ、ホントに。復帰した直後のジョン・Bさんが言ってたじゃない。本で読んだ話だけど、あたしもホントにそう思う。

「ウルフルズはこうだ」

って決め付けてるのは、ファンや世間の人じゃなくて、トータスさんです。世界でいちばんウルフルズのコトを考えてる人がそんなんじゃ、ウルフルズはどうすればいいのよ。

それに、「俺のウルフルズ、俺のウルフルズ」ってね、何を言ってるんですか。

ウルフルズは、あたしのウルフルズじゃッ!!! (怒)

何を自分のもんみたいに「俺の、俺の」言うてるんですか。

あたしのウルフルズを勝手に「終わった」扱いしてーーーッ!! ノーーーッ!!! (怒)

新しいアルバムからの曲のウケが悪いって? 何を知ってそんな結論に達するのよ。

古い曲は安心できる。ノリ方もよくわかる。新しい曲はやる方も聴く方も手探りなんでしょうよ。

それを一回ツアーやったくらいで「もうやらないかも(マイラジで言ってた)」とか、何を急いでるのよ、この人って思うのよ。

だいたい、ファンの反応見て古い曲とかやらなくていいですよ。あたしはもう、「バンザイ」も「ガッツだぜ」もいいと思ってるくらいなのに。ツアーでも毎回必ずやってるけど、やらない日もあっていいと思う。夏フェスなんかでも、曲数少ないのにその中の2曲はもう「バンザイ」「ガッツだぜ」だもの。

正直、「もういいっちゅーねん」って思ってたし。

だって、それ以上の曲がもっといっぱいあるじゃないですか。

あたしだって「開けてけ! 心のドア」聴きたかったのにーーーッ!! (ツアーで一回も聴けなかった。悲しい、悲しすぎる)

そりゃ確かに、「トータスさんのウルフルズ」かも知れない。ジョン・Bさんのいないウルフルズはそれでも存在できたけれど、トータスさんのいないウルフルズは存在すらできないと思う。

ウルフルズを作ったのはケイスケさんだけど、ウルフルズに流れる音楽はトータスさんそのものなのよ。

でもね、だからって、

トータス松本=ウルフルズではない。

トータスさんだけじゃウルフルズは成り立たない。

あたしはトータス松本が好きなんじゃない、ウルフルズが好きなんだ。いろんなハードルを飛び越えて、40過ぎても成長し続ける、見ててハラハラするようなバンドは他にはないのよ。

止まったりなくなったりしたら、替えがないのよッ!!

労われと言うんだったら、いくらでも労わります。

褒めて褒めて褒めちぎります。

でもそれは、「ウルフルズ」であるコトが前提。

「ウルフルズ」じゃなきゃ、意味がない。

結成20周年のライブがブーイングで終わったのも、ここで一区切りつけさせないための、神様からメッセージかも知れないですよ?

あのブーイングは、それぞれ、しようと思ってしたものじゃないもの。出ちゃったんだもの。「えー」って言っちゃったんだもの。しょうがないじゃない。

悔しかったら、言葉も出なくなるようなライブを、曲を、これからも作ればいいのです。簡単です。

2年前くらいに、ジョン・Bさんがネットのインタビュー(ニュートラ)の「なりたいものになれない」って話題で、こう言ってました。

「じゃあどうするかと考えた方が楽ですよね。焦るといいことはないです。自分の足元をちゃんと見ている方が未来はあると思います。諦めるとかではなくて、自分と向き合うのが大切なことだと思うしね。でも、考えるのはほどほどにしとかんと。扉を閉めてしまうとね、本当に出口がなくなるので。」

トータスさんには、ウルフルズって扉、閉めて欲しくないですよ。

で、ジョン・Bさんは、こうも言ってます。

「僕はそこ(ウルフルズ)でベースを弾きたいと思う。それが一番大切やと思います。トータスさんの歌にベースを弾きたい。それだけでいいと思う」

あたしが彼を惚れ直した一文ですよ。印刷して、手帳に貼ってる。

なんかねぇ…もっと両思いになって欲しいのですよねぇ。ジョン・Bファンとしては、ジョン・B目線になってしまうんだけど、こんなに認められて惚れられてるのに。うーん。

トータスさんの中から、

「これをけーやんや黒田やサンコンに弾かせたい。叩かせたい」

って曲が、気持ちが生まれてくるのを、待ってます。待つしかないし。

ただ、ファンは誰一人としてウルフルズを見限ってないし、諦めてないと思います。

「あたしのウルフルズ」が、今までもこれからもいちばんだってコトは、変わりようがないですもん。

古いファンだったら、「トータスさん、またネガティブになってるぅーー」とか思うのかしら? でも今までとちょっと状況が違うから、すごい不安ではあるのです。

|

« 白黒っていいかも | トップページ | 住まいる »

ウルフルズ」カテゴリの記事

コメント

あははは!怒ってる怒ってる!うは

あれはね、ネガティブじゃないんです。
すーごい分かるもん、トータスが言ってること。
もちろん、渋谷さんが言ってることもすーごい分かる。

まぁ、新しいことを始めたらわくわくするのは当たり前で、今はその真っ只中だからしょうがない部分もあると思うんだけど(寛大でしょ!えっへん!)
まぁ、彼の言葉がアレだけども、ウルフルズが一旦一区切りってのは分かるわけで、あれ以上にはならないっていう意味も、トータスは言葉足らずやけども、分かるんです。
そっちへはもういけないけど、こっちならいけるぞってのも分かってるはずです。

あと、ソロはウルフルズとは違う!って一生懸命言ってるのは、そうしてないと一緒になっちゃうんじゃないかなぁ、世界一ウルフルズのことを考えてしまう人だからこそ。
そんな器用に分けられる人じゃないですって(大笑)

ペコもあのインタビュー読んでだーいぶ悶々としたけど、
いろんな人のいろんな意見(主に苦情や怒り。大笑)読んだら、逆にすっきりしちゃった。
ていうか!あの人毎度毎度インタビューで喋りすぎるから、毎度毎度大変なんだよこっちは!!笑

投稿: ペコ | 2008/07/05 02:31

★ペコさん
うん、なんか怒りが込み上げてきて、この感情はなんだろうと思ったの。
で、「あ、そうか。自分の大切なものにケチつけられたから怒ってるんだ、あたし」と思って。

いやぁー、ネガティブだよ。ウルフルズ的にネガティブ。ソロ的にはポジティブだけど。

ウルフルズの神様は、いったい今度は何をさせようとしてるんだろうなぁ。ジョン・Bさんの脱退も、「結果的には良かった」。その「結果的には良かった」が、今度はいつわかるのか?

「トータスさんのソロ、ウルフルズにとっても結果的には良かったね」

って早く言いたいーーーッ!!

投稿: ことぶき | 2008/07/05 09:53

ことぶきさん、こんにちは。
ジョン・Bさんのファンのブログを物色(?)しているうちに、こちらにたどり着きました。
で、恥ずかしがらずにコメント、してみます。

ことぶきさんの彼への『愛』」があふれる内容に、微笑みながら、感心しながらのぞかせてもらっています。
私もジョン・Bさんが一番いい、と思っています。どこが良いのか?
…たぶん、ことぶきさんとは盛り上がれることでしょう。^^

新参ファンですが、すでに8月には大阪に乗り込むつもりにすっかりなってます。
生で見たいものねぇ。演奏も、ジョン・Bさんも。PVだと、一曲分でいったい何秒(!)映ってるんだか、と思うくらいチラ見状態だし。
(『情熱 A Go-Go』の水色の衣装のジョン・Bさんがいいなぁ、ピントはトータスさんに合ってるけどさ、とか。)

トータスさんの問題発言(?)が読みたくて、『bridge』取り寄せることにしました。ことぶきさんをここまで憤らせるとは!?
新参ものですから特別な思い入れもなく、ニュートラルな気持ちで万遍なく各アルバムを聞いて抱いた感想では、『Keep on, Move on』良かったけどなぁ。時系列的に古いのから聞いても、だんだん進化してきて、良くなってきている感触がありました。
トータスさん、どんな発言を?ドキドキ。

投稿: ひょん | 2008/07/05 14:20

★ぴょんさん
こんにちは、はじめまして。
恥ずかしがらずにコメントサンキューですよ。

ジョン・Bファンですか? いいセンスしてますね。最高です(笑)
あんな味のある人、好きにならずにいられないじゃないですか。ねぇ? 最近のオススメジョン・Bチェックは、「去年着た服は着ないところ」です。

あたしも新参者ですよ。「UDON」見てトータスさんの歌声に魅了され、数日後にはジョン・Bファンになってましたけど、だからまだ2年経ってないです。
だけど、「ウルフルズの良さがわかるからファン」なんだから、ファン歴とかあんまり関係ないですよ。

ヤッサにも行くんですね。じゃあ、初ヤッサですね。暑そうですねぇ~ガンボりましょうね。

あははッ!! やっぱツボ、一緒ですよ。情熱A Go-Goのトータスさん越しのピントの合ってないジョン・Bさん、あたしも好きです。あの頃の髪型もクリンとしてて好き。

あたしもファンになりたての頃、ニュートラルな気持ちで時系列に曲を聴いていた時、どんどんよくなってどんどん好きになるのがすごく嬉しかったです。他のミュージシャンの人のアルバムとか、「ある一時のこれは好きだけど、それ以降は…うーん」ってコトが多いんだけど、ウルフルズはどんどん良くなるんですよね。ジョン・Bさんのベースが特に変化がすごいから、余計嬉しいんですよ。

bridge、読んじゃいますか。読みますかぁ…あんまりいい気持ちにはなりませんよ。

投稿: ことぶき | 2008/07/05 15:21

はじめまして。ウルフルズファン、ケーヤンファンのワカと申します。
ちょっと前からこちらのブログを拝見させてもらってます。
ことぶきさんの文、好きなんですよぉ~。
ジョン様にまつわるエトセトラはもちろん楽しく読ませてもらってますし、ことぶきさんの日常にも、共感すること多々です。

『bridge』読みました。最近のトータス氏の発言、ウルフルズファンとしてはハラハラすることばかりで、最近はあまりメディアチェックもしないようにしてたのですが・・・。怖いもの見たさ?でつい。
感想がうまくまとまりませんので、特に引っかかったこと2つだけ。

「ウルフルズを諦めてる」ってなんだよー。
わたし『keep on, move on』好きなんですけどね・・・
ウルフルズを枠にはめてしまっているのは、他でもない、トータスさん自身だとわたしも思いました。他の3人のメンバーだって進化しようと試行錯誤してると思うし、そんな彼らの曲だからこそ、ファンからも受け入れられていると思うし。曲の好みは人それぞれではあるけれども。
みんなそんな昔の曲にばっかりこだわってないよー。ファンをなめたらあかんで~(笑)

あと、
「ファンに失礼だからウルフルズは続ける」「ウルフルズは仕事場」っていうのも・・・ファンなら読むであろう雑誌で言わんでも。そんなん知らされたら逆に失礼よー。
正直なとこがトータスさんの魅力のひとつとはいえ・・・
そんな気持ちで今年のツアーまわってたのかと思うとね、寂しいというか。

今いろいろ考えてる最中なんでしょうね。
トータスさんが自分の中にあるウルフルズとソロの垣根を取っ払える時が来るのを待つしかないんでしょう。
もやもやしますけどね、ホント。

初コメントなのに長文、おまけにまとまりもない文章ときてますが、お許し下さい。コメントプリーズの一言に甘えてしまいました(笑)
これからもブログ更新、カメ3更新ともに楽しみにしてますよ~

投稿: ワカ | 2008/07/05 19:00

ことぶきさん、本日二回目のお邪魔の「『ひ』ょん」です。(まるはつかないの。でもレスしてくださってうれしいです。)

もひとつ、ツボだったトコロをカミングアウトしても良いですか?
ネットラジオの動画で「ベースのネックをこちゃこちゃいじくってる左手」です。
なんで話すのにベースを持つ必要が?自分はベーシストというアピールか??と、いったつっこみはさておき。
良いですよねぇ。

前回、書き漏らしたことがもう一つ。ことぶきさんの写真、良いですね。特にモノクローム。
これからも楽しみに拝見させていただきます~。

投稿: ひょん | 2008/07/05 21:23

★ワカさん
こんばんは、はじめまして〜
うはッ、こそばいコト言われました。あたしの文、好きですか? うはは(くすぐったい)

ケイスケさんファンですか?
ジョン・Bさんに乗り換える気はないですか?
…ダメですか?(笑)

あたしは一通り感想書いたところで、一応気が済んだと言うか、とどのつまり、なるようにしかならないし、見守って待つしかないんですよねぇ〜〜
もしも変な方向に行きそうになったら、あたしゃ恵比寿に説教しに行きますけどね。半分本気ですよ。

「諦める」とか「終わってる」とか、何だよー、ですよね。勝手に終わらせるなよぉーって、そこら辺いちばんカチッと来たところです。思ってても言わないでよぉー。そんなの何年か経ってから言ってよぉーって。

昔の曲のコトは、ファンはホントにこだわってないですよね。
なんだろ…ツアーでは新しいアルバムの曲をやるのは想像できるけど、思ってもみなかった曲とかやられると、「おおッ!!」ってなるでしょ? ウケとかじゃなくて、「そうきますかッ!!」的な盛り上がりだと思うんですよね。

「ファンに失礼だから」「ウルフルズは仕事場」ってのは…これはきっとトータスさんの言葉が足りなかっただけだと思いますよ。

あれ? 前になんかで読んだけど、確実にトータスさんは曲を作ってそれをウルフルズで形にして、それでお金をもらって生活してるんだから、キレイゴトだけじゃなく、やっぱりそこにはあたしたちが仕事してるのと同じように、「どうしてこうなるの?」とか「こんなつもりじゃ」みたいなものもあるし、結果を出さなければならないってシビアな面もあって、楽しいだけじゃやってられないワケで、そこら辺を割り切って「仕事場」って言ってるんだと思います。仕事=つまんないってワケじゃないじゃないですか。
そこには誇りがあるだろうし、仕事仲間はある意味自分の手足ですよ。信頼がなきゃ、ひとつのコトはできないし。そういう意味じゃないかなぁ。
「ファンに失礼」ってのは…ホントに言い方まずいですよね。あれも言葉から受けるイメージではないと思うんですよ、真意は。
「もういいや、やーめた」ってそんな無責任なやめ方は失礼って言うか…

だから、そんな気持ちでツアーを回っていたのかって悲しむコトはないですよ。
今まで数えるくらいしかライブは行ったコトないけど、どれもトータスさんは最高でした。楽しんでます。

ただ、「これが限界かなぁ〜」って思ってたってコトなんでしょ?

だけどこれ、ヤッサ直後くらいにまた同じようなインタビューとかあったら変わってたりしてーーーとも思うんですよね。

トータスさんの心は、刻一刻と変化しているのかも。

★ひょんさん
うわあぁあぁぁぁぁーーッ!!
ごめんなさいッ!!
お名前は間違わないようにと何回も見直すんだけど、思い込んでそうとしか見えなくなっちゃったです。思い込みはダメですね。ダメです。

うははははッ!!!
もう、ヤダぁーー。
ツボ、ビンゴッ!!
あたしもあのビデオメッセージはツボで、ツボすぎていつでも見られるようにケータイ用に変換して持ち歩いてます。さっきもニヤニヤしながら見てました。
なんで必要もないのにベース持ってるの? って思いますよね?
持ってるなら弾いてよ、音出してよって。

もちろんジョン・Bさんの指はいつでもツボです。Alwaysどんと来いです。
あのビデオも、気が付けば指だけ見てます。

余談ですけど、ライブ映像のギタリストやベーシストの手元映す時って、右手じゃないですか。ギターのコード弾きの時は動きがないからつまんないけど、フレーズ弾きの時は右手より左手映してよ、ジョン・Bさんの運指、めちゃくちゃなめらかよッ!! と思います。
右手は、弦4本だからふり幅が狭くて…

あ、写真ほめられた。うはーーー(照)

投稿: ことぶき | 2008/07/05 23:46

ことぶきさん、またお邪魔します。
『bridge』、読みました。…実は、それほど憤らなかったのです。

理由は。。。その後ろに載ってる、カールスモーキー石井氏のインタヴューにヒントがありました。
「米米CLUBの、バンドとしての偉大さが分かったから。『ミュージシャン』としてじゃなくて(笑)」
たぶん、肩の力が抜けて精神が開放されないと到達できない、そんな域にある感情--そこに行くまでの気持ちもストレートに表明されてます。
渋谷さん、石井氏にも従前から今回トータスさんに語ったのと同じような内容を語ってたんですね。氏はその意味が再結成の今になって分かったと。(ご一読をお勧めします。)

ふっきれたソリストとバンドとの良い関係。
私、トータスさんはこの感情になる日がきっと来るだろう、と根拠なく感じてます。
…ま、ひょっとすると活動に空白が生まれてしまうのかもしれませんが。

で、今日はジョン・Bさんの若き日のオフショット写真@『青春というのなら』第25回、を眺めてにやりとする、と。

投稿: ひょん | 2008/07/06 17:39

★ひょんさん
そうですかぁ。でも、嫌な気分にならなかったらその方がいいですよ。

てっぺいちゃん(石井さんのコトはずっとそう呼んでるんで)のインタビューは読んでないですが、全盛期前からの米米ファンだったあたしには…うーん、確かになぁ重なるところはありますね。

だけど、9年も待てないですぅ(泣) 米米の再結成は9年掛かってるし。
それに、外側の人の助言は大切ですよね。米米の場合、Charさん絡みの再結成ですからね。

9年は嫌だぁ…

と思いつつ、去年の春先の、ベース持ってるより意味がわからなかった、グルービーなドラムが叩けないジョン・Bさんのビデオメッセージを観つつ、和みたいと思います(和むというか、失笑、失笑)。

投稿: ことぶき | 2008/07/07 09:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61776/41732764

この記事へのトラックバック一覧です: ことぶき、bridgeを読んで語る:

« 白黒っていいかも | トップページ | 住まいる »