« カメラ愛に目覚め、 | トップページ | 偉そうに »

2008/03/29

「涙をとどけて」感想。書きながら自分の心に問う。

みかんさんからMDを借りて、マイラジを聴きました。トータスさんの初ソロ曲『涙をとどけて』。

これはどうなの? ネタバレの部類に入るの?

「私、まだ聴いてないのよ、新鮮な気持ちで聴きたいんだから、余計なコトは書かないでちょうだいッ!!」

って人は、この先は読まない方がいいかもなぁ。

っちゅーコトで、聴いたのです。

まず、イントロなしってのが、ペコさんから教わった「トータスさんはイントロ長いのが嫌い」ってのに当てはまってニヤリとしてしまいました。

あと、サビは非常にメロディアスなんだけど、AメロBメロはリズムですね。刻む感じで歌うのね。あたしはBメロのあたりがすごく好き。言葉の羅列。ただ並べられただけの言葉が、散らかった部屋や心の中を表しててるなぁって思う。で、最後に

「外は雨」

って来られちゃって、うわ、やられた って思いましたですよ。主人公の目線なんだね。最後に窓の外を見たんだねぇ。

それから「う」です。マイラジでイマヤスさんが言ってた、トータスさんの「う」の発音が日本一上手いって発言。この曲でもイチイチごもっとも。

あ~、トータスさんだねぇ。トータスさんじゃなきゃこうは行かないだろうなぁと思うのでした。

が、

一方で、あたしの心にモヤモヤと立ち込めた感覚。

「なんか足りない?」

これがいちばん最初に聴いた時の感想。そのまま何回か聴いて、上に書いたみたいな「やられた感」もあったんだけど、何回聴いても拭えないのが

「う~ん、惜しいな」

って感想なんですよね。

なんかこう、ひと味足りない。塩でもしょうゆでもちょっと入れたら、劇的に味が調うのにって感じ。でも、“何が足りないのか?”がまったくわからないんです。

あ、わかった。こういう感じかなぁ。

もしもこの曲を料理に例えたら、割と素朴な味付けだと思うんです。

じゃがいもで言ったら、蒸かして塩振ったくらいの。でも案外いちばんこれが美味しいのよね、って誰もが思っちゃう感じ。

でもじゃあ、「じゃがいも料理でいちばん好きなのはなんですか?」って聞かれたら、

「蒸かしいも」

とはなかなか…ねぇ? そんな感じ?

違うかなぁ…

うーん…

なんだろうなぁ…

あ、わかった。これに近いかな?

ウルフルズがアルバムや新曲を出すと、今までの曲もすごく好きだったのに、すぐに記録更新になっちゃうのですよ。

だけど、今回のトータスさんの曲は…

ウルフルズを越えなかったのよね。

あッ!! 待って。この感覚ドンピシャかも。おおぅ、今、心のジグソー完成って感じ?

そうかぁ、そうかぁ、「足りない」とか「惜しい」とか思ったのは、ウルフルズと比べたからなのか。

つまり、あたしは、「トータス松本」より「ウルフルズ」が好きなだけなんだ。

なんだ、めちゃめちゃ簡単。

|

« カメラ愛に目覚め、 | トップページ | 偉そうに »

ウルフルズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61776/40675549

この記事へのトラックバック一覧です: 「涙をとどけて」感想。書きながら自分の心に問う。:

« カメラ愛に目覚め、 | トップページ | 偉そうに »