« ユニコーンを知らない子供達 | トップページ | 友よ、祝杯を挙げよう »

2008/03/03

3月はギター聞き分け強化月間。でもあれ? 当初の予定が…

気になるコト。

人より多いか少ないかと言われれば、比べようもないので答えられないですが、それほど神経質ではないので、多い方ではないんじゃないかと思います。

でも、伝票のミシン線とか、そんなしょーもないコトが気になる性質ではある模様。

そんな「気になるコト」を、知らぬ間に抱え込んでいるコトがあるのですが、それはそれでいつもポケットに忍ばせておいて、暇な時になんとはなしに考えてみたり、あと、なんかの拍子にポロッと答えが出てきたり、突破口が現れたりします。

今回の“それ”も、ポロッと出てきた思い付きから始まったのでした。

それが気になり出したのは、C.C.Lemonホール公演の後のみかんさんのレポからでした。

この曲でこのギターを使うのは意外。

というニュアンスのコトを言ってたなぁ。

それと、ある方の同公演レポを読んだんです。
ケイスケさんファンなので、ギター中心に聴いてらっしゃったんだけど、やっぱりみかんさん同様、ギターの種類とか、エフェクターのコトとかね、いろいろ触れられていたのです。

それを読んだ時、ちょっと打ちのめされたのですよ。

「同じライブを観ていて、こうも感じ方が違うのか」

と。それは当たり前なんだけど、それプラス、

「ギター、種類がいっぱいあっていいな」

と、単純にうらやましくなったんですね。
タダでさえ変化に乏しいベースという楽器。その上、ジョン・Bさんの使用ベースは1本ときたもんだ。
(でも栃木では赤いの弾いたんでしょ? まぁー悔しい)

それがいいとか悪いとかいう問題ではなく、本当に単純に

うらやましぃーーーなぁーーー

と思っちゃったんです。

ケイスケさんの使ってるギターは、少なくても4本。

それを使い分けているというコトは、違いがあるからなんだろう。

しかし、あたしにはその違いが、まったくわからないのです。

そして、それ以前にちょっと気になっていた、サンコンさん新調の新しいシンバル。

このシンバルだって、わざわざ作ってもらったからには、今まで使っていたものと違いがあるのでしょう。

しかし、ドラムなんてもう、どこで何を叩いてるのか、まったくさっぱりワケがわからないのです。

『楽器の違いがわかれば、今よりもっとウルフルズの曲が素晴らしいものに聴こえるのかも』

それは、「ベースって必要なるの?」くらいの認識だったファンになりたての時期から今を比べた時に、明らかに1年半前に聴いたウルフルズと、今聴いているウルフルズ、同じアルバムの同じ曲を聴いても、印象がまったく違うものになってると確信して思ったコト。

それ以前は、演奏はボーカルの補足、彩り、くらいにしか考えてなかったんです。あくまでもメインはボーカルであると。だから、シングルに入ってるインストバージョンの収録意味がさっぱりわからなかった。それは、自分でカラオケでもする人用のものでしかないだろうと。

でも、今は時々、「ボーカルレスで聴きたい」と思うほど、ボーカルの後ろに流れる音たちが愛おしいのです。

特にベースが。

いや、特にというか、

ベースが。

あたしが今まで使っていたオーディオが悪かったのかも知れないけど、あんまり低音が聞こえなかったのですよね。気をつけて聞けば聞こえるけど、

「ベースって、どこで鳴ってるんですか?」

って感じで、自分の中ではもはや「必要なし」くらいの勢いだったんです。

「なくても聞けるじゃん」

って。

愚か。

今から言わせてもらえれば、まさしく愚か者の発言にほかならない。

しかし、そんな今のあたしも、未来のあたしから言わせれば「愚か者」かも知れないんです。

ギターの音の区別がつかないあたし。

ドラムなんてさっぱり意味がわかんないあたし。

もしもここら辺を勉強していけば、「ベースが聴けるようになったあたし」がパワーアップして、「ギターもドラムも聴けちゃうあたし」になれるかも知れない。

その時、ウルフルズの曲は、あたしの耳にどんな風に聴こえるんだろう。

と思ったら、もう人生バラ色状態になってしまったのですよ。

なんてナイスアイデアッ!! これぞ人生のテーマッ!!

さっそくあたしはみかんさんにメールして、

「ギターを聞き分けるにはどうしたらいいんだ?」

とお伺いをたて、

「まずはDVDを観ながらなんじゃない?」

と返ってきた時、

「おおぅ、それはそうだ。その通りだ。そんな初歩的なコトも思いつかず、いきなりCD聴いて、『これはストラト』とか聞き分けるつもりでいたよ、あたし~」

と勇み足すぎる自分を反省。ちょうど区切りもいいし、

3月はギター聞き分け強化月間

と題して、ベースはひとまず置いておいて、ギターの素晴らしさを勉強しようと決めたのでした。

この間のC.C.Lemonでは特に、ケイスケさんのギターにメロメロになったので、気分の盛り上がり的にも絶好のチャンスだったのです。

さて、パソコンに去年のヤッサのDVDを入れ、音楽専用スピーカーに接続、DVDプレーヤーの設定も「ロック」にして準備万端。登場シーンをすっ飛ばして「情熱A Go-Go」です。

ケイスケさんは63年ストラト使用。

「はは~ん」

改めて聴くギターの音は…

ギターの音ですねぇ。

しばらく同じギターだったので、違うものを使うまで早送り。

「あ、レスポールだ」

音を聴いてみる。

「はは~ん」

ギターの音ですねぇ。

いやぁ、なかなか最初からそんな、違いがわかるようにはならないものなんですねぇ。気をつけて聴いてみても、難しい。それともあたしの耳が悪いのかなぁ…

と思いながらも、去年のヤッサは特にいいので見入ってしまっていると…

知らぬ間にリズムを刻む指。

そのリズムは、寸分違わずベースの音と重なっているのです。

「おい待て。あたし、ギター聴いてるのよ」

ギターソロで思いっきり音色に聴き入るあたし。

ボン、ボ、ボン、ボン、ボ、ボン。

意識の彼方に確かにあるベースの音色。

ボン、ボ、ボン、ボン、ボ、ボン。

意識をしながら聴くギター。

ベース。

ギター。

ベース。

ギター。

ベース。

ベース。

ベース。

ベース。

ボン、ボ、ボン、ボン、ボ、ボン。

「………あははは」

負けました…

すっかりと、ベース中心で聴いちゃうスタイルが画一され、しかも無意識のうちの出来事になってるので、「ベースを聴かない」というのが難しくなっちゃったのです。

ギターを聴いてるつもりでいても、どんどん意識の中にベースが浸食してくる。もちろん耳にはトータスさんの歌も、ドラムも、キーボードも聞こえているはいるんですが、無意識にベースの1音1音をなぞっているから、ほかの音が気にならないというか…

自然に全体は聴いてるんですよ? でもね…集中してベース聴いちゃってるんです。しかも無理しないで。

そこでギターの音をなぞろうとすると、返ってベースが邪魔になるんです。

気になりだすと、気にしないようにするのが難しいのと一緒で、どんどん気になって最後には降参。∩( ・ω・)∩

「あちゃー…」

呆れながら、なんか誇らしげ。

「ダメだ、こうなったらもういいや。普通にヤッサ観よう」

気を取り直して、単純お楽しみモードへ。

しかしそのうち…

「しっかし、ジョン・Bさんのベース、よく鳴ってるなぁ。最高だなぁ。だけど、これってホントに最近の話なのかな?」

確かに、最近のジョン・Bさんはアグレッシブ。去年のヤッサのンルフルズ(トータスさん以外の3人で、持ち回りでボーカル)でのパフォーマンスはスピッツの田村さんを彷彿とさせる激しさで、しかもその激しさの中にお色気ムンムンで、観てるこっちは

「たまんねぇぜッ!!」

ってな感じで。

ベースの音も攻撃的というか、主張してきてホント惚れ惚れ。

「でも案外、昔からこんな感じで、動きが出てきたから目立つようになっただけなんじゃない?」

と思ったら、この“特定癖”がうずうずとしてきたのでした。

「なら、確かめようじゃないか」

おもむろに取り出す、06年のヤッサDVD。

観てみる。

トータスさん曰く、「ベストドレッサー賞」のピンクのジャケットにグリーンのパンツ、花柄中折れ帽のミスターファンシーがそこにいました(やめないでファンシーッ!!)

ところが、ベースの音が、小さい。

いやいや、そんなのはボリュームでどうにでもなれるし、そういう演出かもしれないし。

でも、なんだか決定的に違和感があるんです。

「なんだろ?これ?」

確かにジョン・Bさんの奏でるベースではあるんだけど、最近聴きなれた、生で聴いたあの音とは違う…

そこで、もう一回07年ヤッサを観てみました。

「違う」

違うのはわかる。だけど、何が違うんだろう?

また06年ヤッサ。

「ああ…」

感じたものを、慎重に言葉にしていくと、

『音が跳ねる感じ』がするんです、07年の音には。

それから、『音が前に出ようとする感じ』。『“間”が埋まる感じ』。

そして何よりも、

『ジョン・Bさんが、楽しそう』。

同じ曲の同じフレーズを聴き比べても、音の跳ね具合が違うなと思いますのよ。

「おおぅ」

ちょっと自分の中で腑に落ちた感がして、スッキリ。

「じゃじゃじゃじゃじゃあ、その境目っていつなの?」

ってコトになって、ヤッサ06と07の間のライブが観たくなったのですが、この間には確か、

11月のラッキーラクーンナイトのラプソディーズ。

年明けすぐのファンクラブツアー。

4月初旬のジョン・Bバンド。

4月15日の日比谷15thイベント。

夏フェス

があって、あたしが観れるのは日比谷イベントと夏フェス。

じゃあ、「日比谷イベント」観ましょうかとなりました。

観ました。

これはなねぇ、ある意味衝撃的映像なんですよね。

確か、あたしがこのライブを現地で観た時のレポにも書いたんだけど、あたしはこのイベントが「初ウルフルズライブ」で、右も左もわからない初心者だったんだけど、周りの方がねぇ…みなさん驚いてらっしゃったんです。

「ジョン・Bさんが笑ってる」

って。

「珍しい」

って。

あたしも、実は思ったんですよ。それまでのDVDで観たライブと、その時の彼の印象が全然違って、それで周りの方が驚いてるのもうなずけるって思ったんです。

あれから1年。あの時の周りの方の驚きが、今まさに「自分の驚き」になってます。
改めて観るこの時のジョン・Bさんは、違う。

なんだこの、終始ご満悦スマイルは? あなた、そんなに笑う人? いやいや、いつもっていうか、ライブ中にこんなに笑う人じゃないでしょ? いつもはもっと、シレッとしてるじゃない。名前呼んだって全然目も合わせてくれないじゃないさーーーーッ!!!

ホントにね、ホントにホントに、最近のツアーのライブだって、あたしはライブの80%はジョン・Bさんに視線ロックオンだったんだから、どれだけ笑わない人かって身を持って知ってるんですよ。

それがいいとか悪いとかって問題ではなく、あたしの中ではそんなちょっとつれない彼がいいのよ、って部分も大いにあるから大いに結構なんだけど、それにしたって日比谷のイベントの笑顔率はないでしょ? と。

「はしゃぎすぎ?」

って感じです(笑)
この時もずっとジョン・Bさん見てたから画面に映ってないところでも彼がノリノリ(当社比)だったのは知ってるし、だからって声援に応えるかって言ったらそうでもないのも知ってるし(笑)

合わせて、ヤッサ06では見せなかった“目に見えるパフォーマンス”が見られました。

これも周りの方がびっくりされてたんだけど…ちょっと激しく首を振ってる。

しかも『バンザイ』(おとなしめの曲)でだ…おおぅ、これは改めて見たら結構衝撃。

音も、笑顔連発からもわかるように、ピョンピョン跳ねるみたいな楽しそうな音。

この時期はサンコンさんのスランプが本格化して、メンバー間もちょっと微妙になってるはず。

ジョン・Bさんは「John.B's Blues Hearts Club Band」の1回目が終わって、セッションのおもしろさ、ベースという楽器のおもしろさを再認識しちゃった時期。
でもこの頃からブログが滞り出したよなぁ。

もしかしたらこれ以前のファンクラブツアーやラプソディーズで、もうすでに彼の音の違い、表情の違いが出てきたかも知れないですけど、あたしが確認できるのは、ここまで。

うーん、なんなんでしょうねぇ。いつもはテンション低めで、絶対全速力で走ったりしない(だろう)し、慌てたりしない(だろう)し、写真撮られるのも嫌いだし、恥ずかしくて客席と目も合わせられない彼が、終始ニッコニコで演奏したり、髪を振り乱してベース弾いたり、ピョンピョンジャンプしたりし出したのは、なんでなんでしょうか? (ジャンプはThe50回転ズ見ちゃった衝撃だったらしいけど)

どれもこれもあたしのハートを鷲づかみにしてひねって叩いて伸ばしてくれるので大歓迎なんですが、そこんところの経緯はちょっと知りたくもあります。

どうせはぐらかしてホントのコトなんて言ってくれないんだろうけど。

ってな感じで、あたしの日曜日は終わったのでした。

だから、「3月はギター聞き分け強化月間」じゃなかったのか?

ええ、ええ、その通りですよ。自分ではそのつもりで行動してたんですが…なかなかうまいコト行かないもんです。

でも徐々にギターの音を追えるようにしていきたいとは思ってます。

なんせ今月は「ギター聞き分け強化月間」ですから。

|

« ユニコーンを知らない子供達 | トップページ | 友よ、祝杯を挙げよう »

ウルフルズ」カテゴリの記事

コメント

あ、やっぱりベース(笑)
去年のヤッサ、いつ見ても何回見ても良いよね~。あたしはツアーYOUも良く見るんだけど、07のヤッサはリズム隊が熱いね。グッときます。

演奏してるの見ながら聞くと、ほんと色々面白いんだよ。
屋内と屋外じゃ音も違うだろうし、名人級じゃなくても、あたしみたいな素人でもすごく楽しめる。まだまだこれからだぜ。

ンルフルズのケイスケさん、ほんとにかっこいいわぁー。

投稿: みかん | 2008/03/04 10:45

★みかんさん
うん、やっぱりこの1年半で培ったクセはすごいね。
ライブでも、ジョン・Bさんのリズムで聴くのがいちばん落ち着くもん。あの、「右・左・右・左…」っていう。

これから徐々にギターに慣れていくよ。いろいろ知りたいし。知った先の世界は明るいぞ、きっと。

ンルフルズ、ケイスケさんはもちろんカッコいいよ。あのスマイルにはあたしもやられたもん。
だけど、ジョン・Bさんだってカッコいいもんッ!!
日比谷のイベント、もう一回見てご覧。
ジョン・Bさん笑ってる~~あははは。

投稿: ことぶき | 2008/03/04 13:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61776/40353719

この記事へのトラックバック一覧です: 3月はギター聞き分け強化月間。でもあれ? 当初の予定が…:

« ユニコーンを知らない子供達 | トップページ | 友よ、祝杯を挙げよう »