« 世界は回る | トップページ | ライブレポ、できました »

2008/02/26

結構使命感に燃えていたんです

ふくらはぎが筋肉痛。

本編後半はもう、ジャンプしてましたから(笑)

お隣と前の列が「お仕事の方たち」らしく、目に見える温度差。

わかります? 自分の盛り上がりたい熱を、隣りからの冷気がじわじわと冷まそうとする感じ。

もしもお隣も同じように参加型の方だったら、もっと自然にステージだけに意識を集中できたのに、コトあるごとにこう…

「隣りの反応ないな…」

とか

「あ、変なとこで笑った。なんでやねん」

とか、ベクトルが…そっちに向いてしまう…

しかも、いたずらに立ってるものだから、前の人の頭でケイスケさんが見えない。

なんだったら、座っててくれてもよかったのに (ブラック)。

でも逆に言えば、彼らは「お仕事」で「見に来ている」ワケだから、彼らに

「ウルフルズのライブっていいな」

と好印象を与えねばならないのですよね? そう思ってもらえれば、ウルフルズになんらかのお仕事が入るワケよね?

お仕事入る。

お金も入る。

メンバー、ウハウハ。

( ̄□ ̄;)!!!

責任重大ッ!!!

ここはあたしが、あたしがッ!!! ウルフルズのファン代表としてッ!! 模範的な「ライブを最大限に楽しむファン」を見せ付けてやらなければッ!!!

というワケで(笑)

温度差をどんどん広げて、「ジョン・Bーーーッ!!」「ジョン・Bーーーッ!!」叫びまくり(この辺りもベーシストのファン強調)、こぶしを突き上げ、最後にはピョンピョン跳ねてみました。

どうですか? (どうですか? って…)

|

« 世界は回る | トップページ | ライブレポ、できました »

ウルフルズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61776/40274806

この記事へのトラックバック一覧です: 結構使命感に燃えていたんです:

« 世界は回る | トップページ | ライブレポ、できました »