« 南北大物産展 | トップページ | 黒シャツ王と白シャツ王子 »

2007/10/03

銀次さんを発見

銀次さんを発見

細野晴臣さんの「トロピカル・ダンディー」を買ったので、これで

「トロピカル三部作」コンプリーーーーートッ!!

「CHATTANOOGA CHOO CHOO」からいきなり心地いい音楽で、一緒に歌いたいんだけど如何せんポルトガル語と英語と日本語の歌詞はちょっと…

と、めちゃめちゃ味のある紙ジャケットを見るともなしに眺めるともなしに裏がえしましたらば…

最近お会いした方のお名前が…

「ぅぬえッ!!!!」

変な叫び声で部屋に裸で置いてあるアコギが共鳴した(笑)

「ぎ、銀次さんッ!?」

こんなところに銀次さんですよ。

オリジナル発売は1975年6月25日。

あたくし2歳。ジョン・Bさん7歳。

銀次さんて…いくつなん?

1950年12月24日生まれ…

えっと…現在56歳ッ!!!!

ええええええええッ!!!!

み、見えねぇ…お世辞抜きで見えねぇ…

つうか、あたし、この間あの人の歌声にキュンとしたばっかりなんですけど…

あ、うちのオカンと同い年。

ええええええええッ!!!!

今日からオトンと呼んでいいですか?

そうかぁ、ジョン・Bさんが大先輩って言ってたけど、大先輩も大先輩だったんだ…下手すりゃ親子ほど年が離れてるんだもの…

そんな人とブルースバンドを…

っていうかさ、ジョン・Bさん…

「間接チュー」の原理で行きますと、銀次さんが細野さんと一緒にお仕事したのですから、銀次さんと一緒にバンド組んでるジョン・Bさんは、細野さんとも「間接バンドメンバー」ってコトじゃない?

いいんじゃない? もうそういうコトでいいんじゃない?
(いや、それは恐れ多いんじゃないだろうか?)

だけどもあたし、びっくりしました。

いいとものオープニングの「ウキウキウォッチング」の作曲者が銀次さんだったなんて。

「間接チュー」の法則から言ったら、もうジョン・Bさんタモリさんと友達じゃん。
(違うだろ)

|

« 南北大物産展 | トップページ | 黒シャツ王と白シャツ王子 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

伊藤銀次は大滝氏とナイヤガラの方に参加してて、そっちのコネクションの方が強いんですけど、
演奏家集団ティン・パン・アレーにも参加してますね。
ティン・パン・アレーってのはまさに演奏家集団で、当時スタジオミュージシャン化してたオリジナルのティン・パン・アレーのメンバーの受注が、ベースとドラムだけ、とか、ギターだけ、とかいうことが多く、しょっちゅうサポメンを入れなきゃならなかったことから、たくさんのミュージシャンにティン・パン・アレーに参加してもらって、その中のどの組み合わせでも「ティン・パン・アレー」として出演することしよう、という細野さんの提案で、可也の数のミュージシャンが参加してますね。銀次さんもその中の一人で、当時鈴木茂がソロ活動や別バンドを初めていたので代理で入ることが割と多かったんじゃないでしょうか。
さらに銀次さんは細野さんがプロデューサー業をやっていた時にアシスタントプロデューサーとしてレコーディングに関わっていた関係もあるんですよ。
だから細野さんは銀次さんのことを「銀次」と呼び捨てできる関係です。
まあ、ナイヤガラ、ティン・パン・アレー系東京シティポップの人たちは皆昔は音楽仲間ですね。
ついでに言うと、ウルフルズもカバーしてる大滝氏の「ビンボー」と「福生ストラット」のベースの部分は細野さんが考えていて、ジョンBはそのままコピーしてます。

投稿: とおりすがり | 2007/10/04 12:02

★とおりすがりさん
ありがとうございます。
へぇ~~そうなんだぁ。

ほかのアルバムは鈴木さんなのになんでだろうなぁと思ったんです。
謎が解けました。
しかし、すごい人のアルバムに知ってる人の名前があるのは嬉しいですね。銀次さんも十分すごい人なんだけど(笑)
ジョン・B’sバンドでの雰囲気がすごくフレンドリーなのでつい…

「トロピカル・ダンディー」のギターを聴いてると、なるほど銀次さんだぁって思うんです。だけど、ジャケットの裏を見る前にそれがわかったかと言われると自信がないです(笑)

「大阪ストラット」のベースは大好きで、いっつも口ベースしてます。
細野さんが考えたんだ…
そう思うと感慨深いです。

投稿: ことぶき | 2007/10/04 12:54

銀次さん、57歳には見えないね!え?ことぶきさんちのオカンと一緒?若いねー。うちは二人とも還暦過ぎだもん。

そうそう!イカ天で見ていた銀次さんが、笑っていいともの曲を作ってる人と知った時、かなり衝撃だったよ!

ジョン・Bさんのライブで聞いた銀次さんの声、甘くて良かったなぁ~。何だか色々繋がってて面白いね。

投稿: みかん | 2007/10/04 13:03

★みかんさん
びっくりしたよ~~~
見えないねぇ。57だって。若いよなぁ、銀次さん。
そうそう、うちのオカンと一緒。オトンは5つ上。すげー仲悪い。いらん情報?(笑)

もう昨日は驚いて叫ぶからギターがウワンウワン響いてたよ。あたしの驚きのバロメーターだね。響かなかったら、そんなでもないってコト。

銀次さんカッコよかったぁ。
ミッキーはロケンロールで、銀次さんは大人のお色気ムンムンで……ジョン・Bさんは意外なお色気ムンムン。お色気勝負では銀次さん勝利?

じゃ、お色気王は銀次さんってコトでいいね?

投稿: ことぶき | 2007/10/04 13:16

そう言えば、最近70年代のホーボーズコンサートシリーズのCDが紙ジャケ再発されてるんですけど、細野さん目当てでVを買ったら銀次さんの参加するココナツバンクスも入ってました。
これがウルフルズに何となく似てるんですよ。銀次さんのエレギが入ってるからかもしれません。歌はもっと土臭いですが。
機会があれば聞いてみてください。
http://www.amazon.co.jp/1974-HOBOS-CONCERTS-V~%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%8C%E3%81%A8%E3%81%86%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%8C%E3%81%A8%E3%81%86~-V/dp/B000TC8HCC/ref=pd_bbs_1/249-5923762-0068365?ie=UTF8&s=music&qid=1191484896&sr=8-1

投稿: とおりすがり | 2007/10/04 17:10

★とおりすがりさん
いよいよ「とおりすがり」じゃなくなってますよ?(笑)

いろいろ教えてくださってありがとうございます。
今度聞いて見ますね~~~

「何と言っても本盤でしか聴けない細野のギター1本弾き語り」ってところに激しく反応しましたよ。

投稿: ことぶき | 2007/10/05 11:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61776/16652622

この記事へのトラックバック一覧です: 銀次さんを発見:

« 南北大物産展 | トップページ | 黒シャツ王と白シャツ王子 »