« 本富 | トップページ | 風もないのにモビールが »

2007/10/29

そんなコト言われたらさぁ…

隔月発売「ラッキーラクーン」を読んでいると、ジョン・B'sバンドにもゲスト出演したMilcoが載っていました。…いや、毎号載ってるんだけど。

それで、今度発売になったアルバムのコトが書いてあって、ゲスト出演した時にも歌った「はなれられない」の誕生秘話が綴られていたのでした。

去年の年末に、この「ラッキーラクーン」のイベントが東京と大阪であり、我らがトータスさんとジョン・Bさんも出演されたのです。ウルフルズとしててはなく、「ラプソディーズ」として。

ラプソディーズは、忌野清志郎さんのカバーバンドで、ボーカルはトータス松本、ベースはジョン・B・チョッパー、キーボードは伊東ミキオ。 …伊東ミキオ…ええ、トータス松本。ジョン・B・チョッパー…他にも多数(焦)

という、なんとも贅沢なイベント限りのバンドなんですが、そのステージを観たMilcoの菅原くんが、今までやこれからの自分の音楽との関わり方、曲の作り方、歌い方の悩みがぶっ飛ぶほどの衝撃を受け、その帰りの新幹線の中でサビを作ってしまったという…そういう曲なんだそうですよ。

この間のライブでは、「いい曲~~~」なんて思いながら聴いていたけれど、つまり、その曲の原因になったラプソディーズのメンバーが3人もいるステージで、彼は歌ったんだねぇ。そら緊張もしただろうに。しかもそのうち2人を従えてだよ。ジョン・Bさんがベースで、ミッキーがキーボードだよ。トータスさんはバックステージでもちろん聴いてただろうし。

記事には、清志郎さんの歌をカバーすると、普通の人なら清志郎さんの真似になっちゃうけど、トータスさんは清志郎テイストを残しながらも自分のものにしていた、と。でも自分のものにしてしまうだけじゃなく、清志郎さんへの尊敬の想いとかもちゃんと含まれた歌声だった、と。そのパワーなんかにすごく感動した、と。

とにかくベタ褒め(笑) 読んでいて気持ちが良かったよ。

そんなコト言われたらさぁ…買わずにはいられないじゃない?

Amazonさんで調べたら、アルバムなのに1680円なのよ。これならこのビンボーこじらせたあたしにも、1週間くらい食費を減らせばなんとかなる金額だし。

『恋のアルデンテ』

で、買っちゃった。

そういうエピソード抜きにしても、今でもサビの部分覚えてるくらい心に残った曲だったから買うのよ。

だけどさぁ、トータスさんの歌声がきっかけだった、なんて…嬉しすぎるよね?

そんなステキなお話もあれば、昨日トータスさんが仕事をした音楽雑誌のカメラマンは、あの天下のトータス松本を見てだよ、

「ハイロウズだよね?」

と言ったそうな(トータスさんのブログ参照)。 トータスさんをヒロトさんと間違ったみたいんだけど、今、ハイロウズないしね(笑) ザ・クロマニヨンズだしね。

というコトを、怒らずに教えてあげたみたいだけど、

「あー」

ってだけらしい。

プロなら被写体のコト、事前に調べろや。

つうか、この日本にトータス松本を見てトータス松本とわからない人間がいるというのが信じられない。

いや、あの明石家さんまさんだって知名度は100%じゃないそうだから、何人かはいるんだろうけど、だけど、カメラマンで知らないって…

世界は不思議で満ちているのです。

|

« 本富 | トップページ | 風もないのにモビールが »

音楽」カテゴリの記事

コメント

気にしてると、Milcoって結構色々なところに
参加したりしてるんだよね。
そうだね、すごいなぁ〜さすがトータスさん。
私もだけど、色んないいきっかけを与えてくれる
すごい人だよ。
あのカメラマンの話はね…信じられなかった〜。
お仕事する相手に興味もたなかったら、つまんない
だろうにね。ふんっ。


投稿: みかん | 2007/10/29 21:24

・・・なんだそのカメラマン・・・?
被写体に興味持たなきゃ いい写真 撮れないんじゃないのかな?
興味は無理でも知識くらいは持ってほしいよね〜

投稿: かおる | 2007/10/29 23:15

★みかんさん
Milco、いるよね? 雑誌とか見てても、

「あ、こんなところに」

とか。じわーーーっと。

さすがトータスさん。曲作らせちゃうもん。
そういうエピソードをね、あの時に言ってもらいたかったよね? 歌い終わった後にでも。
ジョン・Bさんが「もう帰ってええよ」とか言うからね(笑)

あのカメラマン、今頃どうしてるかな? って思う。あのブログの反響とか、耳に入らないワケないんじゃないの?

あ、いや…入らないから“ああ”なのか?

とにかく、事前に確認しない人はダメダメ。

★かおるさん
すごいでしょ?
これで「音楽専門誌」だそうですよ?

「仕事相手を事前に確認しない」

という大人としてあるまじき行為もさるコトながら、

「被写体に興味がない」

というカメラマンとしても致命的な感覚。

そんな人に写真を撮らせる「音楽専門誌」…

全てがダメダメ。

投稿: ことぶき | 2007/10/30 11:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61776/16909789

この記事へのトラックバック一覧です: そんなコト言われたらさぁ…:

« 本富 | トップページ | 風もないのにモビールが »