« 黒シャツ王と白シャツ王子 | トップページ | パラドックス・ズボン »

2007/10/05

もうええやんか

もうええやんか

「ぴあ」でのウルフルズの連載が、ちょうどジョン・Bさん脱退のところに差し掛かって、その時の気持ちを割と赤裸々に告白した感じになってました。
※ウェブにはまだ載ってないけど。

最近思うんだけど、

「もうええかな?」

って。

ウルフルズのファンになって、ファンじゃなかった時間を埋めるようにいろいろ漁っていたけど、そろそろ前だけ見て進んで行く自信が持てるようになった気がする。

ジョン・Bさんの脱退にしても、あたしの中では『起こるべくして起きた、必須事項』という認識なので、今さらそれが起こった経緯自体にはあんまり興味がなくなったかも。

「うーん、なんかもうええやーーん」

って感じ。

今、ジョン・Bさんはウルフルズのメンバーで、しかも最近えらいベース弾いてるのが楽しそうで、

「何を心配するコトがあろうか?」

「過去を知る必要があるのか?」

と思うのです。

恋人の過去を詮索しない人間なのでね…ある程度これがあたしの自然な姿なんだろうな。

ただまぁ、過去を知るコトによってより理解できるって一面もあるので、一概に もう過去は振り返りませんッ!! とは言わないけど、積極的に掘り下げるコトはもういいかな?

それよりも

「代官山のカフェってどこッ!!!」
↑取材を受けた場所

と思う(笑)

写真はこの間夕方に撮ったらこんなんなった。ホントはもっと明るい空だったのに。

ケータイのカメラはちょっとアーティスティック。

|

« 黒シャツ王と白シャツ王子 | トップページ | パラドックス・ズボン »

ウルフルズ」カテゴリの記事

コメント

同じく代官山のカフェに激しく反応!!

一瞬恵比寿と思ってしまい、『あの店か?一番奥っていったら…あそこかー!?』と突っ走りました。代官山って書いてあるじゃん。いやんっ

ファンになって間もない頃、まさに『無理矢理知識だけ得た』って状態になっちゃって。何か違和感がとれなくてさ。でも、無理に知ろうとすることないなぁって思ったら楽になった。楽しまなきゃ前に進めないもんねっ

ぴあをスクラップしてあるんだけど、久々に読んだら最初に読んだ時よりも自然に分かることが増えてて嬉しかった~。

投稿: みかん | 2007/10/05 13:18

お題と関係ない内容でごめんなさいm(__)m
日本全国から声援をいただきましたのに、キャンセル待ちもハズレてしまいました(T_T)
ここからさらに子残念の本領発揮、昨日は風邪をこじらせて中耳炎+気管支炎のダブルパンチ、今日は発熱して会社を早退、現在は38.5℃まで上がってもうヨレヨレです(ToT)
明日からの3連休、ベッドの上で過ごすこと確実でございます。あぁ…

投稿: 北の元締め | 2007/10/05 18:31

残念でしたね。本当に見に行きたい人が見に行けないのは
すごく悲しいです。
そして、も、元締めっ!! 大丈夫ですかー!!
高熱&中耳炎&気管支炎なんて…
何て言っていいのやら、うーん、子残念の本領発揮って
ことですか?
いやいや、こんな状態で冗談はいかんです。
早く熱が下がるよう祈ってます。
脱水症状に注意ですよ〜スポーツドリンクですよ〜。

投稿: みかん | 2007/10/05 19:01

代官山のカフェってどこ!?

わたしもつい興奮してしまった(笑
映像とか画像とかないの?探してみようか?

好きな人の過去って気にはなるけど
わたしもことぶきさんと似てて
「知りたいこともあるけど だからといってこだわらない」
って感じですね
あ でもこだわらなくなったのは自分もそこそこ年齢を重ねたかもしれませんけどもね(笑
『過去のことそんなにつっこまれてもなぁ あなたと逢う前の話しだしなぁ』
みたいなね(笑

投稿: かおる | 2007/10/05 19:21

そ~か、元締め、残念やぁ。
まずは体を治してね。

過去の事なぁ。
確かに「もうええやん」やね。


投稿: 竹の子かあちゃん | 2007/10/05 21:01

★みかんさん
一瞬ね、あそこのカフェが思い浮かんだけど、どう考えても恵比寿だし…でもあの坂上った先はもう代官山だから、近いコトは近いワケ。

ちなみにマネージャーの新井くんの行きつけの食堂「こづち」の場所は判明(笑)
今度行こうか?

ある程度の過去=歴史を知るのは必要なんだけど、心の過去を知るのはそんなに大事じゃないと思って。
だって、この取材でジョン・Bさんの当時の気持ちを、間接的にトータスさんに伝えたって書いてあるってコトは、当人たちもその辺の心のいきさつは伝え合ってないってコトなのかも知れないし。
悲喜こもごもあったにせよ、今、とってもいい関係ならそれでいいじゃーーんって。

★元締め…(泣)
38℃越えっすか? 大丈夫?
そら耳に来るよぉ。ゼーゼーしちゃうと苦しいよね(泣)
とにかく寝て、汗かいて、水分摂って、栄養摂って早く治しましょう。

元締めの残念伝説、再びッ!!

って、ホント冗談は置いといて、だよ。

耳鼻科は行ったの知ってるけど、内科は行った? 3連休で病院も閉まっちゃうよッ!!

★かおるさん
画像も映像もないんです。
インタビューの記事に、「代官山のカフェで取材を受けた」って書いてあって、この間恵比寿・代官山に行ってきたばかりのあたしとみかんさんは多いに反応してしまったワケです。
その上、ジョン・Bさんはカフェ好きなので、そこはきっとステキなカフェに違いないのです。

カフェと言えば、恵比寿西口の北側にある五叉路のところに「CAFE HEAVEN'S」っちゅーカフェがありまして、そこはいいですよ。

彼氏ができても、まったく過去のコトは聞きませんね。
「お前、俺に興味がないのか?」
と言われるくらい聞きませんよ(笑)

★竹の子かあちゃんさん
そんなワケでして…心身ともに元締めはへこたれております。
みなさん今度は元気玉(ドラゴンボールより)を北の大地に送ってくださいね。

あたしも今日はまたちょっと微熱が復活してたけど、今は治りました。
秋風も涼しくて、ここ何日かは頭痛薬のお世話にもなってないです。

ウルフルズは「過去」よりもきっと「未来」の方が断然おもしろくてすごいバンドなんですよ。そんな予感がするんです。これからですよ、これからッ!!!

投稿: ことぶき | 2007/10/05 21:55

元気玉の代わりになるかど~かわからんけど…
元締め~~~今度シゲさん、舞台出るよ~~♪
(かなり先の話やけど~~~(^0^))
詳しくはCUE公式に載ってますm(__)m
もう見てる?!それは失礼致しましたm(__)m

そ~そ~ことぶきさん、今日Mステでミスチルの
桜井さんが「ガッツだぜ」についてのコメントを
してた。「当時よりも今の方が良い」
(ちょっと違うか?)みたいな事ゆ~てたよ♪
‘未来バンド・ウルフルズ’の今後、注目やね。

投稿: 竹の子かあちゃん | 2007/10/05 22:24

「過去」っていうのとはまた違うけど、
そういう苦しみや悩みって、別にこっちは知らなくていいよな~って思います。
ウルフルズはバンドやねんから、そこから出てくる音が最高で、トータスの歌う声が最高なら、他がどうだろうとなんも関係ない。
素晴らしい名曲がどんな風な過程をおって誕生したかなんか、関係ない。
どんな苦労のもとに生まれた曲だろうが関係ない。
ええ曲はそれだけで揺さぶられるし、あかん曲はあかんのやろし。
「そんなことがあったんですね」
「そんなに時間をかけて作ってるんですね」っていう聞き方って違うと思うもんね。

ウルフルズの今までを知ることは必要かもしれないけど、そこまで深くは知らなくていいんですよ。
なんとなーく「こんな歌もあったんか~」ぐらいでいいんです(笑)
ウルフルズは今もウルフルズなんやから。

投稿: ペコ | 2007/10/06 00:48

★竹の子かあちゃんさん
ホントだぁ。しかもこのタイトル(笑)
シゲちゃんは何の役なんでしょうね~~
そしてもちろん札幌でもやるんでしょうね? そこんとこ重要。

櫻井さんがそんなコトを。
だけどウルフルズは全てにおいて「今」の方がいいですよ。だからあたしファンになったんだし♪

★ペコさん
そうそう、「こんなにがんばりましたので」「こんなに苦労したので」って言われて聴くのは違うと思います。
「とりあえず黙って聴いてくれ」って言いながら曲を世に送り出すのがプロなんだから。

ただ、ファンですので、その曲の裏側にあるストーリーは、教えてくれるっちゅーなら教えてもらいましょう、みたいなね。

15周年で回想され、20周年25周年30周年でもまた回想されるのかと思ったら、なんだか「もうええやん」って気持ちになったんですよ。
区切りの度にジョン・Bさんはインタビューを受けるのかと。ほかのメンバーもそうなんだけどね。

「どうして辞めたのか?」なんてそんな「辞めたくなったから」しかないでしょ? それ以外の深い意味を聞き出して、なんかとてつもない例え話に例えて、意味のある話にするのもどうかと思う。

それよりもアルバムのタイトルを教えておくれよって感じ(笑)

投稿: ことぶき | 2007/10/06 11:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61776/16666284

この記事へのトラックバック一覧です: もうええやんか:

« 黒シャツ王と白シャツ王子 | トップページ | パラドックス・ズボン »