« John・B's Blues Hearts Club Band LIVE!! レポ その1 | トップページ | John・B's Blues Hearts Club Band LIVE!! レポ その2 »

2007/09/06

「ケータイくんに導かれ to Shibuya from Ebisu」 その1

ライブレポと平行して、ライブ前の行動も記録に残しておこうかと。結構濃かったし(笑)

題して、

ことぶき・みかんの
「ケータイくんに導かれ to Shibuya from Ebisu」

あたしが寒ぅ~い湘南新宿ラインにやられながら恵比寿に降り立ったのは、12:40頃のコトでした。そのまま目的地に近い西口へ。

恵比寿様の銅像があり、写真を撮りたいなぁ~と思ってたんだけど、人がひっきりなしに前を通り、映りこむので断念。

「恵比寿さんに寄り添って待ってる」

とメールを送ると、みかんさんはもう品川まで来ていたのでものの数分で合流。

静岡がめちゃめちゃ暑く、あたしは日傘持参だったんですが、なんですか? 東京は多少涼しいくらいの曇り空。あたしの日傘ちゃんは、駅周辺地図の目的地付近をバシバシ指し示すくらいしか使い道がありませんでしたよ。

さて、今から向かうのは、ウルフルズ所属事務所『タイスケ』のあるビル。その一階にあるカフェでお昼を食べようって寸法です。

駅からはさほど遠いワケでもないので、あたしのケータイに付いてるナビには頼らず、“野生の勘”で行こうというコトになりました。

「あっちだね」

横断歩道を渡り、喋りながらものの数分。いきなり目印の五叉路。

「まて、ここ…」

あたしの野生の勘は、頼りなくも「タイスケが近いッ!!」と言っています。しかし、地図で見た五叉路の、どこがどこなのかわからない…

ここでケータイを取り出し、GPS付きのナビちゃん登場ッ!!

…でもね、方位がわからなくてね…

「あっちだッ!!」

野生の勘が右側の横断歩道を渡れとッ!!!

しかし、GPSの現在地がタイスケから離れたッ!!

「違うッ!! 向こうだッ!!」

ただの五叉路で右往左往するふたり(笑)

結局、元いた場所の左側横断歩道をひとつ渡れば良かっただけだった…

まったく働かない野性の勘…

『タイスケ』はオシャレなビルで、その一階のcafe HEAVEN'Sもこれまたオシャレなお店です。

昨日の夜、妄想していた『早く入ればいいのに躊躇するふたり』を地で行くふたり(笑)

そして入り口すぐのテーブルに座り、気持ち悪さをひきずりながらの上京となったあたしは、どれを見ても食べれる気がしない中、「鶏のソテー ゆずこしょう風味」のワンプレートを、みかんさんは「高菜と鶏のパスタ」のランチセットを注文。

ドリンクの『チャイ』という文字に魅せられて、食後には『チャイ』を。

そしてお互い、奇想天外なケータイのストラップを見せ合ったり、あたしの挙動不審具合(会話の途中にいきなり止まり、ニヤリと笑うのが特徴らしい)にみかんさんが笑ったりしていると…

みかんさんの表情が、固まる。

動かない…

店内を背にして座っているあたしには、窓の外しか見えないんです。(あたしは店の外を見守る係だったので。なにかあった時には)

(まずい、これは何かあったんだ。この表情は尋常じゃないな。どうしたみかんさんッ!! メンバーか? それとも知った顔が…)

そう思っていると、あたしのすぐ背後に人が座る気配が…

「ことぶきさんの後ろの席に、社長がいるッ!!」

くるっと左側を向くと…

タイスケ社長、森本さんが…いる

すぐに正面に向き直り…

「胃が痛なってきた…」

食欲ゲージ、一気にダウン…

すぐそこに、それまでの自分の全てを捨ててウルフルズを東京に連れてきた人物がいるのです。仮にこの人がいなくても、ウルフルズはメジャーデビューできたかも知れないけど、それでもいたといなかったではだいぶ違ってたと思う。

ジョン・Bさんに

「演奏はええ。ジョン・Bは喋りや」

と本末転倒な指示をする社長、森本泰輔さんが…いる

その後、料理が出てきたんですが、なかなか手がつけられないあたし…みかんさんはそれを見ながら冷静になったのか、美味しそうに食べているんだけど…

「何を食べても味がしない…あ、ゆずこしょうの味はする」

とか言いながら、めちゃめちゃスローペースで胃に詰め込んでいきます。

「ことぶきさん…手が震えてるよ」

「うん…そだね」 (上の空。しかも目線が斜め下45度)

かと思えば、会話の最中に目線が外に移り、斜め上45度。

「上を見るか下を見るかしかできなくなってるね…(笑)」

そのうちちょっとその状況に慣れてきたのか、食欲が出てくるあたし。

「お、えらいね。ちゃんと食べてるね」

「うん、豆、美味い(片言)」

「豆美味い? よかったね~(^_^)」

そして社長は食事を終え、その店のオーナーなのにちゃんとお代を払って出て行かれました。

赤いチェックの上着に、半ズボン…永遠の少年、森本泰輔

あたしたちもチャイを飲み終わり、店を出て写真を撮り(店の外観なのに『二階』をフィーチャー。だって二階はタイスケなんだもん)、次の目的地『代官山』へ。

ケータイナビちゃんに目的地を入力、音声ナビに切り替えると…

「およそ100m先、右折です」

と言ってくれます。

さぁ、レッツゴー。東京に来た時には、また必ずここに来るコトを誓い、オシャレな街、代官山まで650mです。

|

« John・B's Blues Hearts Club Band LIVE!! レポ その1 | トップページ | John・B's Blues Hearts Club Band LIVE!! レポ その2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あー思いだしてもおかしい!!

交差点で「携帯にたよらないで野生の勘で探したいよね」
って言って探し始めたのはいいけど、あんなに迷うと
わねーー!! あの交差点で「どっちだろう…」って言ってる時
すでに視界にはあの建物が入ってたんだもん。
こわいねー、恵比寿マジック。

わたしのびっくり顔よか、ことぶきさんの定まらない目線を
がおかしくておかしくてさ。
そんなあなたを見て、わたしは落ち着いて食事が
出来たのですよー(笑)

お世辞抜きで、ランチ美味しかったぁ。
初チャイがカンテじゃなかったのは残念だけど
遠縁じゃないお店だしね♪

投稿: みかん | 2007/09/07 01:46

★みかんさん
あれだけ逆向きに進むのもすごい…離れてどうするって(笑)

しかし、恵比寿、いいところだったね。
あのお店も、いきなり社長が入ってこなかったらいいところです。雰囲気いいしね。あたしの心を惑わすものがなければね…

次はもうちょっと味わいたいな…

チャイは、カンテの茶葉自体がいいのかな? こんな素人が作っても美味しい。(茶葉取り寄せた)
来年はッ!! カンテですッ!!
もう一度確認するけど、あたしたちは「マルビル派」よッ!!
…そりゃ、中津店にも行きたいけど…
よし、カンテのはしごだッ!!

投稿: ことぶき | 2007/09/07 11:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61776/16359860

この記事へのトラックバック一覧です: 「ケータイくんに導かれ to Shibuya from Ebisu」 その1:

« John・B's Blues Hearts Club Band LIVE!! レポ その1 | トップページ | John・B's Blues Hearts Club Band LIVE!! レポ その2 »