« 「ケータイくんに導かれ to Shibuya from Ebisu」 その2 | トップページ | 「やっぱりなぁ…」後で悔やむから、“後悔” »

2007/09/07

John・B's Blues Hearts Club Band LIVE!! レポ その3

さて、どこまで書いた? 

ジョン・Bさんがタバコ吸ってるコトさらっと告ったところまでだったね。

ショックを引きずりながらも、ライブは佳境へ向かうのでした…

…吸ってるのか… (引きずってる)

※ ※ ※ ※

ジ「今日は、もうひとりゲストがいます」

唐突にジョン・Bさんが言い放ちます。あたし、この時、完璧にケイスケさんだと思ったんです。

うひゃー、とうとう銀次さんとギター対決かッ!! と。でも違った。

ジ「Milcoの菅原くんです」

あぁ…名前だけは知ってる。隔月で出てる「Lucky Raccoon」によく出てる男の子だ。

ミッキーがMilcoのプロデュースをしたそうで、みなさんにも聴いてほしいというコトでゲストとしてお招きしたそうな。

菅原くん(以下、菅)「失礼しまぁ~す」

お客さん、大ウケ。

ジ「………ええなぁ」

意外に負けず嫌いなのよね、彼(笑) ただでさえセンター取られてキーボードの後ろに退いたしね(笑)

そして、菅原くんにいろいろ喋らす前に

ジ「もうやるわ」

ミ「え?」

ジ「(曲を)もうやる」

『はなれられない』(Vo菅原くん)

ポップでノリのいい、ロマンチックな曲でした。
Milco、いいかも。今度ほかの曲もチェックしよう。下北の余韻が収まったらだけど(笑)

曲が終わって、Milcoの宣伝をしてあげるジョン・Bさん。暖かい拍手をもらう菅原くんに…

ジ「…帰ってええよ。もう帰ってええよ(マジ声)」

ホントに意地悪(笑)

フロントに戻り、マイクのスタンドを直そうとすると…固いッ!!

ジ「あいつ、ものすごい固く締めたな」

一生懸命マイクを直しつつ、

ジ「暑゛ぅ~い…暑゛ぅ~い………ああもう帰りたい…」

ぬぅうああ~~~ッ!!

もう…あたしのハートを直撃な甘えん坊さんな声で言うんだもん。「帰りたい」はもちろん関西弁ね。

アクセントは「かえり↑・たい↓」ね? 関西弁の甘えん坊さんには弱いんだ…あたし。一瞬

「帰りィ~もうええから、帰りィ~」

って思っちゃった。

ダメです。帰ったら、ダメ。

ジ「…今度ライブがあるそうなんで、観に行ってあげてください
………………僕は行きませんけど(冷)」

『ひだまりの中で』(Vo伊東ミキオ)

これはミッキーの持ち歌でいろんなところで歌ってるからご存知の方も多いでしょうね。…………あたしは初めてだったけど。

ジ「…もう、俺、今帰りたい心境…みんないいなぁ…」

ほかのメンバーの余裕さに圧倒されてる感じ?

続けざまに歌のコトとかの弱音を吐き出すジョン・Bさん。フォローするミッキー。ありがとうミッキー。

ミ「ジョン・B、いいよね? みんな」

客「いい~」

ミ「ジョン・Bの声、通るよね? (銀次さんに)ね?」

銀「バンマスだもん」

それは…理由になってませんけども…励ましてくれてるかも疑わしいですけど…

なおも弱音を吐こうとするジョン・Bさん。

銀「でも上手くなったよね。SUNSUNSUNの時に比べると」

それは遥か昔、そう、96年頃ですから11年前ですか? たしかにジョン・Bさんは壮絶に音痴だった…歌なのか、雄叫びなのか、ふざけてるのか、本気なのかわからない曲が、アルバムの隠しトラックに収録されていましたなぁ…

ジ「音痴っているじゃないですか。僕の高校の時の友達の米山くんのお母さんがスナックをやってて、紫色のスケスケのネグリジェを着てお店でタンバリン叩いてたのを見て、

『米山くんのお母さんが、すごいッ!!』

って思ったんです。そこでカラオケ歌おうってなって…米山くんが永ちゃん好きで、キャロルのファンキーモンキーベイビーを歌ったんですけど、そこで僕は、自分が音痴なんやと気付いたんです」

銀「それで、自信を失くしたんだ」

ジ「………」

銀「出会った時から常に自信ないの」

客「あ~~ぁ(総納得)」

ジ「『あ~~ぁ』て…」

だって、そうじゃん。

銀「でもね、音痴はIQだそうですよ。生まれつきじゃない。IQがある人は、直そうと思えば直るそうですよ」

客「へぇ~~」

ジ「……僕、IQないんです。車の免許の適正テストあるじゃないですか。周りの人のペンの速度が速かったんですよ」

確か、「運転に向いていません」って判定だったんですよね?

『自転車に乗って/高田渡』(Voジョン・B・チョッパー)

やっと知ってる曲(笑)

ジョン・Bさんの声質によく合ってる歌だと思います。ゆったりして、やんわりしてるし。でもこれは、ジョン・Bさんの愛車みたいなサイクリング用じゃなくて…やっぱりママチャリだよね~

『PomPom蒸気/細野晴臣』(Voジョン・B・チョッパー)

やっぱり歌った~~~憧れの細野さんの歌。あたしもこの曲、好きです~~

『不明』(Vo伊東ミキオ)

ミッキーのロケンロー炸裂ピアノ再びッ!!!

この曲だったかな? ミッキーの鍵盤へのかかと落とし。鍵盤にかかとが落ちる足の長さってのが驚きだったけど。足でピアノ弾くんだもんなぁ…この人。あんまり目立つとやきもち焼きますから、バンマスが。すねますから(笑)

ジ「では、最後の曲です。最後はやっぱり、銀次さんに歌ってもらおうと思います」

『不明』(Vo伊藤銀次)

この歌の銀次さん、すごくよかった。歌い出しからセクシーなのよね。
実は…いや、みなさんわかってるとは思うけど、あたし本当にそれまでジョン・Bさんしか見てなくて、ミッキーはかかと落としの記憶しかなかったし、銀次さんは曲と曲の間の、ほかの人が喋ってる時にずっとチューニングしてる姿しか覚えてないし…ユカリさんなんかジョン・Bさんの向こう側だったので全然見えなかったし、喋らなかったから…

でも、この曲を聴いてる最中に、

「あれ? いい歌声~~」

って思ってちょっと心がセンターから動いた(笑)

でもこの曲のベースプレイはそれ以上にかっこよかったからすぐに戻ったけどねーー。

演奏が終わると、すぐにベースを置いて帰っちゃう…

ジ「ありがとうございます」

拍手はすぐにアンコールに続き…

しかし、時計の針は10時を回り……

マズい。新幹線の最終に乗り遅れてしまう…

さぁ、全てを捨ててジョン・Bさんを選ぶのかッ!!

社会人として立派に家へ帰るのかッ!!

…実はあたくし…本当に激しく揺れていたのです。7:3くらいで『残りたい』と思ってた。帰りたくないと思いましたよ。

これがね、もしも本気のデートだったら、そらあぁーた、100%

「今日は帰りたくないの(ハート)」

ですよ。でもね、ジョン・Bさんは娘の元に帰っちゃうだろうし(その前に打ち上げだろうし)、そんな妄想の前に、全部無理だってッ!!

「どうする?」

みかんさんが囁きます。あたしはいつオダギリジョーになったんだッ!?

『帰る』『帰らない』『帰る』『帰らない』…

そこへ、JBHCB再登場ッ!!

「1曲だけ…」

あたしはみかんさんに言いました…

ジ「ではとっておきの曲をアンコールに」

『ライディーン/YMO』

結果的に、聴けてよかったと思う。ギリギリまで聴いて、あたしとみかんさんは人をかき分けて外へ出ました。最後にステージを振り向いたら、トータスさんがステージに立っていました。

あとで知った話だけど、この後のトータスさんのブルースが…最高だったそうです(泣)

店の外に出て、

「最悪ッ」

ちょっと大き目の声でつぶやいてしまった…

店の前には、チケットがなくて中に入れない人が、ガラスの隙間から中をのぞき、音を一生懸命拾っていました。

急いで走り出したからほんの数秒しか見なかったけど、その人たちの姿が目に焼きつきました。

中に入りたくても入れない人。

残りたくても残れないあたし。

いや、残れなかったの? 残らなかったの?

間違ってた? 合ってた?

これはもう、答えの出ない問い掛けです。

その後、あたしたちは下北沢の駅まで疾走。途中へこたれそうになったあたしを励ましながら先回りして、みかんさんは切符を買っていてくれましたよ。

ホームに着いた時、あたしは軽く過呼吸(笑) そんなあたしに

「ここにいな」

みかんさんはどこかに走り出し…自販でお水を買ってきて

「はい、これ飲みな」

手渡してくれたのです。

キュンとしちゃた。

※ ※ ※ ※

これが、あたしが待ちに待った夜の全貌です。

思い出されるのは、ジョン・Bさんの大きな手と、自信ありげにベースを弾く姿。

あたしが持ってるDVDに映ってるような直立不動のへなちょこベーシストではなく、リズムを刻みながらいろんな表情を見せる最高に色っぽい男の姿。

確かはじめは、その言動のおもしろさにやられたのでした。
その時、あたしはこの人に“色っぽさ”“男っぽさ”なんて求めていなかった。

なのに今、ありありと魅せつけられて、面食らいながら目が離せない自分がいます。

あんまりあなたがステキになりすぎると、あたしの婚期が更に遅れるのよね…

まいったまいった…

って、そんな締め?

|

« 「ケータイくんに導かれ to Shibuya from Ebisu」 その2 | トップページ | 「やっぱりなぁ…」後で悔やむから、“後悔” »

ウルフルズ」カテゴリの記事

コメント

ことぶきさん「残れなかった」が正解でしょう(^^)
これつらい選択よ。
だけど、やっぱ最終には間に合わないと~~~(^0^)
社会人として◎です(^^)

しかし、みかんさん、かっこええなぁ(^0^)

余談…「帰りたい」のアクセント、「かえり↑・たい↓」正解◎(笑)

投稿: 竹の子かあちゃん | 2007/09/07 14:03

連続でごめんなさいm(__)m
でもめっちゃ素敵なライブやったんやなぁ~~~と思ったら
書き込まずには居られなくて・・・書いちゃった♪
これでことぶきさんはジョン・Bさんに首ったけやねぇ(^0^)
ちょっと古いな、言い回しが(笑)

投稿: 竹の子かあちゃん | 2007/09/07 19:59

「あいつ、固くしめたなぁ〜。あづぅ〜い、かえりたぁ〜い」
はかわいすぎるよ。ジョン・Bさんのいけずぅ♪だよねぇ。
マイクスタンドを一生懸命直そうとしてるジョン・Bさんの
腕、あたし的にはツボでした。当たり前なんだけど、
「あ、男の人なんだ…」って思ってしまって。
うっすらとライトにあたった腕が何ともセクシーだったぁ。
母性本能をくすぐられるような、ちょっとこそばい感じ(笑)

いやいや、東京おもてなし人(道案内は一切しなかったけど)
としては、意地でも新幹線に乗らせなくては!!と頑張って
みましたよ。

足の筋肉痛は良くなったんだけど、今度は腕の筋肉痛に
おそわれてるよ。2日経って腕の筋肉痛…確実にきてるね(笑)

投稿: みかん | 2007/09/07 23:46

★竹の子かあちゃんさん
確かに「残れなかった」ですけど、それを決断したのはやっぱり自分ですもん。
「残らなかった」も正解なんですよ。

ジョン・Bファンなので、弱気になります(笑)

しかも最後のトータスさんのブルースが最高だったとどこでも言われてるので、悔しいったらないッ!!

…待てよ? でもそしたら、

「最後に全部松本くんに持ってかれた…」

って感じなのかな? ジョン・Bさん的には。

じゃあ、ジョン・Bファン的には最後のライディーンで終わってかっこいいジョン・Bさんの記憶が最後なので……結果オーライ?(笑)

あたしの最近の関西弁の師匠はジョン・Bさんなので、微妙なニュアンスも聞き逃しませんよッ!!

★みかんさん
……ことごとくツボが一緒なのね。
そうそう、スタンドマイクを直す右腕……あたしもツボった(笑)
ある意味 「菅原くん、ナイスッ!!」

「あづ~い、あづ~い」

はただ今練習中(笑) ZAQのビデオメッセージの駄々っ子風手の振りも合わせて練習中(笑) そしてひとりでニヤリとしてます。

みかんさんのおかげで新幹線に乗れたよ。これは本当に。ひとりで行ってたら……たぶん帰るタイミングを逃し、駅までの疾走中に行き倒れ、品川駅で「目つきがHELP ME」でしたよ。ホント。

腕の筋肉痛?
あたし、腕じゃなくて、なんか左手の手のひらが痛い…
帰りの電車のつり革??
悔しさで握り締めてたからな…

投稿: ことぶき | 2007/09/08 10:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61776/16370141

この記事へのトラックバック一覧です: John・B's Blues Hearts Club Band LIVE!! レポ その3:

« 「ケータイくんに導かれ to Shibuya from Ebisu」 その2 | トップページ | 「やっぱりなぁ…」後で悔やむから、“後悔” »