« 自問自答 | トップページ | John・B's Blues Hearts Club Band LIVE!! レポ その3 »

2007/09/07

「ケータイくんに導かれ to Shibuya from Ebisu」 その2

ことぶき・みかんの
「ケータイくんに導かれ to Shibuya from Ebisu」 

第二弾ですよ。

恵比寿から代官山まで650m。

さほどの距離でもありません。

ではでは、いざッ!! っちゅーコトで歩き出すふたり。

途中、この間捕まったマーク・パンサーの奥さんがやってるお店の前も通ったな。ワイドショー見て、

「あ、昨日ここ、通った」

って思った。

あの辺はなんちゅうーのか、じわーっと地名が変わるのね。
今まで“恵比寿”にいたのに、気が付かないうちにビルの名前とかが“代官山”になってる。

途中、どうもGPSの現在地が微妙にずれているらしく、曲がる道を間違える。おかしいなと思ってケータイを見ると、ものの見事に明後日の方向に向かってて、

「ルートを外れました」

とか言われたんだけど、もっと先に言えよ、と言いたい(笑)

なんか道すがら、

「ことぶきさんは、縫い物とかしないの?」

ってみかんさんに言われたのが心に残る。こういうひと言ってなぜか残るのよね…この間は、それで『利きベース』に発展したしね…

だけど、裁縫とか、嫌いじゃないんですよね。むしろ好きというか。家にミシンさえあれば、ファンシーな服とか作っちゃうと思うし。

ケータイのナビちゃんのルートに戻り、踏切を渡って向こう側へ。代官山の駅を左手に、代官山アドレスを右に。

代官山はオシャレな場所で、郵便受けの上には鯉が泳ぎ、なぜか突然つり橋が現れ、巨大な花のオブジェがお出迎え。

う~ん、嫌いじゃないなぁ。いや、むしろ好きな街かも。

駅前の交差点に着き、あたしが行きたかった「かすう工房」へ。サイトで見たカエルモチーフのアクセサリーですっかりやられ、実物を見たいと思っていたんです。信号を渡って、すぐ。

こじんまりした小さなお店で、店員さんは男性ひとり。

入ると、サイトで見たものがいっぱい並んでいて、やっぱりかわいい。

店員さんはすかさず近寄ってきて、巧みな話術で購買欲をそそります。

あたしは…こういうの、ホントは嫌いな方なんですよね。放っておいて欲しい。自分の目で見て、吟味して、焦らず納得して買いたい。

でも時々、なんだろう…ちょっと相手してあげてもいいかな? と思う時があるんです。

こう言う時の自分の性格って、二重人格じゃないかと思うくらい変わっちゃう。

頭の中に「初対面の人には自分の性格はわからないから、演じ放題」という考えがあり、例えばここで関西弁を喋って関西人になりきるのもありだし、すごくテンションの高い人になるのもありだし、その逆にすごく嫌そうにするのもあり。

でも全部に共通するのは、そこにいるのは普段の自分じゃないってコトね。ま、一種の“遊び”なんだけど。

しかし、ここはみかんさんの手前、あんまりびっくりもさせられないので、「いつもよりちょっとノリのいい人」テイストでGO(笑)

みかんさんの方は、やっぱり話しかけられるのが嫌いみたいで、マイペースに店内を物色。

「へぇ~、そうなんだぁ…」

とか言いながら、あたしも本気で物色。金魚モチーフのペンダントトップが気に入って、

「どっしようかなぁ~ん」

な感じ。だけど、もう一軒行きたいお店があって、そこを見てから決めたいので、一度お店を出たのでした。

これがその金魚。

「私、ああいうのダメなんだよね~~」

とみかんさん。やっぱり。

ほんのちょっと離れたところにある『オクラ』。外観は…古い民家? 蔵? 看板があるワケでもなく、店内ものれんで見えない…ちょっとひとりで入るには勇気がいるお店だったけど、今日はふたりなので入っちゃう。

オクラだけに、蔵なのね。中はちょっとひんやりしていました。藍染のものが多く、店内はインディゴブルーの世界。

ここのアクセを、まさやん(山崎まさよし)がよくしてるので一度来てみたかったのです。しかし…

「お、これいいな」

と思ったものは…いいお値段。ちょっと、無理。

ライブ後だから思うけど、トータスさんの言うとおり、服やアクセは出会いだよね~~その時の財力はホント大事…でも、その財力も合わせての『出会い』だと思うのよ。

買いたい気持ち。でも買えない懐。

買いたい気持ち。買える懐。

これも、『出会い』。

欲しいなぁ~と思ったものもあったけど、あたしの『出会い』はかすう工房の方にあったようで、もう一回引き返し。

「あの蓮根もよかったよなぁ…」

あたしの心に引っ掛かったのは、金魚だけじゃなくて蓮根もそうだったんですが…この蓮根モチーフのペンダントトップがねぇ、笑えるんですよ。輪切りの蓮根そのまんまなの。そんなもん首から下げてたら、どんだけ和食好きかと思われそうなんだけど、ジョン・Bファンとしては気になるモチーフ。

「ジョン・Bはレンコン」(byスガシカオ)

出会った時の印象が、「見た目より質量が軽い感じ」と言われた時のジョン・Bさんの顔を思い出す…かわいかったな♪(日比谷のイベント)

お店の前で、金魚を買うコトを決めて、

「ただいま~」

ってな感じでお店の入ると、

「おなえりなさい(笑)」

と店員さん。
そのまま金魚に進み寄り、

「これ、ください♪」

とレジへGO。

包んでもらってる間、レジのところにある小さな桐の箱を見てると、

「これに入れると、金属の酸化を若干遅らせるコトができるんですよ~手作りなんで、この箱の蓋は、この箱にしか合わないんです」

「へぇ~……お兄さん、上手いわぁ…購買意欲をそそりますね。思わずあたしの買いたい意欲、今、70くらい(笑)」

■■■■■■■□□□70

思わずお兄さんを挑発(笑) あたしはもうちょっとで落ちますよ、って言ってるんですよ。

「昨日ね、僕、この焼印押してたんですよ~火鉢で熱して」

火鉢で焼印となッ!!

その桐の箱は、蓋にお店のマークが焼印されてるんです。それもまた、確かにかわいい。

「うわぁ~~80越えたッ!! どうしようかな~ん…うーん…」

■■■■■■■■□□80

「クッション材を出せば、ほかのアクセサリーも入りますしね」

■■■■■■■■■■100 ピーンッ!!

「(ニヤリ)……これください」

落ちましたね。

こんな会話を楽しむ余裕も出てきました。朝はもう、死にそうだったのにね。お昼も死にそうだったのにね。

みかんさんはと言うと、離れたところで待機(笑)

お店を出て、

「さて、どうしようかな? 渋谷まで歩く?」

ナビちゃんに渋谷駅までの距離を聞くと、1.2km。

「歩けるね」

そんなワケで、ナビに言われるがまま、住宅街を歩き出すあたしたちなのでした。

|

« 自問自答 | トップページ | John・B's Blues Hearts Club Band LIVE!! レポ その3 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

自分自身でじっくり吟味して買物をするのは、
男性の買物の仕方ですってよ。
反対に女性は店員さんとの会話を楽しみつつするとか。
そんな私も放置プレイ&吟味させろ派でぇす。

ライブレポ読ませてもらったよー。
(ライブレポのとこにコメント付けろって感じ?(笑))
私もライブやら舞台やら色々行ったけどさ、
ことぶき程熱心に観たり楽しんだことないのよね。
だから心底楽しんでいることぶきがうらやましいなぁと思います。
なんか姿が目に浮かぶようだぜ^^。
次回は最後まで楽しめるといいね!!

投稿: M | 2007/09/07 14:11

ごめんなさいねー、ことぶきさんを一人ぼっちにして(笑)
店の中の涼しいところを求めてさまよってたのよ。
お店のお兄さん、途中であたしのことは「脈なし!!」と
よんだらしく(正解ですが)、ことぶきさんにしか
話しかけなくなってたもん。

この金魚、ほんとにかわいいよ! あのお兄さんの言う通り
ちょっとアンティーク調になっても味があって良いよね。

オクラの藍染めのハンカチというか、バンダナみたいなの
かわいかったなぁ。

投稿: みかん | 2007/09/07 23:32

★M
そうなんだ…
昔は完璧店員さん嫌いだったけど、最近は「会話を楽しもうかな?」って気になる時もある。店員さんにもよるけどね。
…おばさん化ってコトか?

のめり込むこの性格ね…すごくイヤなんだよ、ホントは。それで気持ち的に不安定になったりするのって、傍から見たら…“痛い”じゃん? それを「うわぁ…“痛い”わぁ、自分」って見てる自分もいるのに止められないワケよ。

だからこんなんなんだよ、あたしは…(ため息)

★みかんさん
あ、そうだ。涼しいところにいたね。あの店のベストポジションに(笑)

金魚かわいいよ。9/4の子なので毎日してる。
でもやっぱりもう9月だからね…なんかちょっとさぁ…“金魚”って季節じゃないんだよな。

うーん、やっぱり蓮根もかわいかったな。ジョン・Bファン的には蓮根だったよな…

…という前フリ(ニヤリ)

投稿: ことぶき | 2007/09/08 11:03

あなたは私ですかっっっ!!
のめり込む性格が嫌なのは私も一緒よーーー。
特にこだわりを持たず、世の中の流れに乗っている人を
うらやましいと思う事百万回以上。
でもさぁ、人目を気にしてもしょうがないし、
自分だけの世界があるって面白いと思うのよー、って感じ。
てか、そういう人が好きだし☆

なんか、知り合って何年経つか忘れちゃったけど、
今更ながらことぶきとの共通点の多さを発見してびっくり^^;。

P.S.金魚かわええ!

投稿: M | 2007/09/09 10:35

★M
そうそう。「痛いなぁ」と思う反面、基本ナルシストなので(笑) そんな自分も好き(ハート)

ホントにねぇ、Mとは付き合い長いけど、知らないコトが今頃判明。笑えるなぁ。
元々「長女気質」で意気投合してたけどね。

今日はジョン・B’sバンドTシャツに蓮根ペンダント。知ってる人が見たら大笑いの服装です(笑)

投稿: ことぶき | 2007/09/10 15:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61776/16370046

この記事へのトラックバック一覧です: 「ケータイくんに導かれ to Shibuya from Ebisu」 その2:

« 自問自答 | トップページ | John・B's Blues Hearts Club Band LIVE!! レポ その3 »