« 来たぜ~ シャツとバッグが♪ | トップページ | てるてる坊主でも作ろうか? »

2007/07/13

「楽屋の隅で震えとる」

毎週木曜日のお昼休みは、ウルフルズのPodcastを聴きながら。

今回のゲストは…マネージャーの新井くん…ではなく、ドラマーのサンコンさん。(ジョン・Bさん本気で「今回のゲストはマネージャーの新井くんです」と言いました)

サ「…別に僕、ここにおらんでよかったじゃないですか」

ジ「そやな。そやそや」 (さっぱり)

ああやっぱり名前通りに黒(ブラック)だ…ザックリだ(惚れ惚れ)
ここらへんの冗談なのか本気なのかわからなさっぷりがハラハラしてドキドキなのですよ。

サンコンさんの車の鍵が折れたエピソードを振っておいて、本人に説明さして途中で

「話長いな」 (マジ声)

って言っちゃうところとか…

そして、これはあたしと同じ価値観だけど、

『物事は“おもろい”か“おもろない”か、どっちか』

というのが根底にあるっぽい。

かつてサンコンさんの車のリアウインドウが割れた時話になり、

「傑作やった」

「やったー」

「うれしーッ!!」

「サンコンの車のトラブルほどおもろいコトはない」

とテンションMAXで言っていたジョン・Bさん。

数多くのブロガーさんも同じ経験してるんじゃないかと思うんだけど、自分の残念エピソード、他人の残念エピソードを目撃した時、

「うわ、おいしいーッ!!!」

って思ったコト、ありませんか? あたしは常に思ってます。

本気でヘコむコトも、ヘコむ前に

「やったー、自分ッ!! おいしいなぁ」

と思ってしまいます。だから、顕さんのドラマ見忘れた時も、

「うわ、やったー。ブログのネタできたー」

くらい思ってから、悲しみに沈みました…

だから、

ライジングさんで脱水症状になったサンコンさんに、

「それええやんか」

という言葉が出るのね。

Podcastはその後、夏フェスでのプレッシャーの話になり、サンコンさんは自分では「強い」と言い、

「黒ちゃんは?」

「俺はアカン」 ←この言いっぷりが(・∀・)モエッ

「よう言うわ(笑)」

「楽屋の隅で震えとる」

「ウソやんッ!!」

「震えながら熱ーい紅茶飲んでる」

心の中ではどうか知らんけど、きっと飄々としてるはずなんですけどね(笑)

だけどあたしも頭の中では、楽屋の隅で紅茶缶を抱えながら震える彼の姿が浮かんだのです。で、おもむろにペンを持ち…描き上げたのがこれ。

Dsc04137

有り得ない有り得ない(笑)

|

« 来たぜ~ シャツとバッグが♪ | トップページ | てるてる坊主でも作ろうか? »

ウルフルズ」カテゴリの記事

コメント

わたしも残念なことがおきると がっかりしつつも「いいんだ ネタにするから」と頭の隅っこで思ってますね(笑
そしてその顔を相方に見られて「今 ブログのネタできたって思ったでしょう?」と見破られます・・・

ブロガーの性じゃないでしょうかねぇ これは(笑

逆にホントに凹むことは書けませんからね
書けるってことはたいしたことないってことでもあります わたしの場合

投稿: かおる | 2007/07/13 12:48

★かおるさん
ですよねぇ…
悲しいサガですよ。

あたしなんか、彼氏と別れたコトもネタにしたもの。
別れた直後に友達誘って食事に行って、向かい合った席で更新したてのブログを見せた人です(ケータイで)。
驚く顔見たさに何をするんだって感じですよ。

でも、「書くコト」によって冷静になれますね。
ブログにあげようとして書いて、書いた段階で気が済んで更新は止めた話とかたくさんあります。大抵は怒り系ですけど。

投稿: ことぶき | 2007/07/13 15:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61776/15742784

この記事へのトラックバック一覧です: 「楽屋の隅で震えとる」:

« 来たぜ~ シャツとバッグが♪ | トップページ | てるてる坊主でも作ろうか? »