« いまだ届かず | トップページ | なごみ系ブログパーツです »

2007/06/07

『ジョン・Bさんがスピッツの田村さんに勝てる唯一の方法』

CUEさん会報も届かないしヒマやったんで、ウルフルズのPodcastを古いのから順繰り聞いてみました。

去年の2月頃のからあるんですが、ウルフルズ所属事務所の社長、森本さんの回がやたらおもしろかったのでご紹介します。

これはいいよぉ。苦笑いしながらうなずいちゃった(笑)

はじめて聞いたのはまだどっぷりジョン・Bファンになる前だったから、内容のニュアンスとかわかんなかったけど、今ならわかる。

『ジョン・Bさんがスピッツの田村さんに勝てる唯一の方法』がなにかッ!!!

あたしも激しく同意です。

※ ※ ※ ※

時は2006年ツアー「YOU」の真っ最中。

社長「ひとつだけね今日あの、今回ね僕、リクエスト言わせてもらえばね、

ジョン・Bチョッパーのな、喋りがないねんッ!!!」

ジョン・B「あはは(苦笑)」

「短すぎんねん。いらんコト喋ったらアカン、喋ったらアカン思て萎縮してるからぁ」

「いや(苦笑)」

「ちゃうねん」

「そんなコトないですよ(苦笑)」

「ジョン・Bはぁ、演奏でな、聴かすよりはぁ」

「はい…」

「なぁ?」

「はい…」

「トークで笑わさなアカンよ。バーンと沸かさなアカンねん。今日の厚生年金からトークをがんばってよ」

「はい、わかりました…」

「トークは、今のぉ6倍半あってええから。短すぎる(ビシッ)」

「はい…」

「ベースええ、ええ。弾かんでええねん。喋れ、喋れ、喋ったらおもろいんや。喋ってなんぼやから」

「いや、確かにね、僕もね、ライブ終わって、だいたい褒められんのが『MC良かったですよ』」

「そうそうそうそう、ベース誰も聴いてへん」

「ふははは(苦笑)」

「わからへん。喋ってなんぼやから、ジョン・Bの場合は」

「確かに…(苦笑)」

「期待してんねんから、客は」

「確かにですね…(苦笑)」

『それではみなさん、今日も楽しんで帰ってください』 (ボソボソ)

………

『またか…』 (小声)

「またか…(笑)」

「あそこで客、どぁーッと落とさな」

「いやいや(汗)」

「トータスが盛り上げんねんから、君は落とさな」

「(苦笑)」

「客、落とさなぁ」

「いやMCはね、難しいですよね」

「難しいよぉー」

「ホントに最近思います」

「だからおもしろいんよ」

「いやいや」

「絶対ね、もうジョン・Bが勝てんのはぁ…スピッツのな、田村君に勝てんのは、トークやで」

「ふふははは」

「動きでは負けるわ。…な? トークや」

「確かにね。今、僕汗かいてきました今。がんばります、じゃ(汗)」

「今日はがんばってくださいよ」

「はい、がんばります。今日は喋らしてもらいます」

「是非みなさん、あのぉ、今日の厚生年金2DAYS以降は」

「ははは(乾)」

「ジョン・Bが楽しいトーク…トータスが盛り上げ、ジョン・Bが盛り下げるというね」

「わかりました」

「凹凸トークでよろしくお願いします」

「わかりました」

「楽しみにしておりますので」

「はい。えー、タイスケ社長森本さんでした。ありがとうございました」

「ご清聴ありがとうございました」

「はい」

マイクから遠ざかって、

「……(俺って)おもしろいがな、なぁ?」

「(苦笑)」

※ ※ ※ ※

田村さんには“動き”では負ける。これはホントにホントによくわかる。今はだいぶ慣れましたけど、はじめて田村さんのステージアクションを見た時はトラウマになりそうでした。

『衝撃的映像』

って巨大フォントで頭に浮かんだもの。

夢に出てくると思った。…実際は出てこないけど(笑)

あの動きをジョン・Bさんがいきなり真似し出したら…心配になる(笑) 最近は昔と違って多少「激しい動き」を取り入れているようですが、ジョン・Bさんがどんだけ激しく動いたって、田村さんには勝てません(笑)

それよりも、トーク(笑)

このPodcastから1年近く経っているのですが、最近のジョン・Bさんのトークはいいですね。ファンクラブパーティーの時のMCとか…あたしは行かなかったけど、小耳に挟んだ情報では、ちゃんと社長の言うコト聞いてるのかな? って感じです。

あたしが持ってる昔の音楽雑誌に、何個かウルフルズの記事があって…ちょうど10年前くらいのがあったんですが、写真にはジョン・Bさんも載ってるのに、インタビューでひと言も話してないってのがあったり。

これはびっくりしましたね。3回くらい確かめたもの。

もともとジョン・Bさんはこういうの、苦手な人なんでしょうね。

でも、復活してこれまで、そして去年からのあたしの知ってる“ジョン・B・チョッパー”は、4人でのトークではトータスさんと一緒に前列に並び、果敢にトークに挑む存在感のある人でした。

だからねぇ、たぶんねぇ、ジョン・Bさんは、「ジョン・B・チョッパー」を演じてるんではないだろうかと。いや、悪い意味ではなく。

「キャラ設定」ですね。
そして、演じているとは言え、それも彼の中にあるものなんだからウソではないんでしょう。

でもね、キャラ設定、大事だと思う。

なにはともあれ、ジョン・Bさんのトークが聞けるのはファンとしてはこの上ない喜びです。あの不思議なムードに引きづり込まれる感覚がたまりません。

彼がアリジゴクなら、あたしは喜んで食べられましょう。

だけどね、森本さんは「ベース誰も聴いてへん」って言うけど、

聴いてる人はたくさんいますよ、失礼なッ!!!

でも、それだけじゃ物足りないコトは確かで(笑)(失礼なッ!!!) 喋ってなんぼなジョン・Bさんも楽しみなんです。

喋ってください。どんどん。

喋っただけ、存在感が大きくなって、そしてベースの音も大きくなって行くと思う(笑)

|

« いまだ届かず | トップページ | なごみ系ブログパーツです »

ウルフルズ」カテゴリの記事

コメント

ぐはぁ、懐かしい!!
そしてそのポッドキャストを聞こうと思ったら、何故が残ってない!!なして!
データ整理したときに消しちゃったみたい(泣)
「恋愛冷え性」以降しか残ってないのでした・・・(号泣)

それにしてもほんと、復帰以降のジョンBは喋ってるなぁ。
以前は決まってT&Kが前列だったのにねぇ。
ちょっと前までは脱退してた分頑張ってるんだと思ってたけど(それに対して突っ込まれることも多かったし)でも最近はそれがもう板に付いちゃってるね。
ガンガン突っ込むもね。特にサンコンには厳しく(笑)
でもトータスにあれだけ突っ込めるのはジョンBだけなので、今は以前に増してすごくいいバランスになってるなぁと思うのです。

投稿: ペコ | 2007/06/07 20:51

お腹がよじれるーーーっ!!
森本さんとジョン・Bさんが話してるのを
想像して、2倍おかしい(笑)
「ベース誰も聴いてへん」って、すごいなぁ
でも確かにジョン・Bさんには喋って
欲しいな。あんなに喋る人だと思ってなかった
から、podcast聴いた時以外だったです
ジョン・Bさんの話は聞き入ってしまう
なかなかいないですよねぇ、そんなお方。
そして、ケイスケさんの相づちはいつ聞いても
すごいなぁと思う(笑)

投稿: みかん | 2007/06/08 07:19

★ペコさん
あらあら。
でもあたしも「恋愛冷え性」くらいからしか持ってませんよ。
消しちゃったかぁ…
ZAQのサイトで過去放送が聞けるといいんだけどなぁ。

そうそう、あたしも脱退してた分、振られる話もあるから前に来てるのかと思ったけど、最近はプロモーションまでトータスさんとふたりだし、これがウルフルズのジョン・B・チョッパーの新しい位置なんだと思いました。
ファンとしては嬉しいな。

サンコンにも厳しいけど、新井くんにはもっと厳しく、突っ込むというか、「追い詰める」(笑)
まさに羊の皮をかぶったオオカミのようです。

そんなジョン・Bさんが好き♪

★みかんさん
あたしも最初はあんなに喋る人だとは思わなかったのでびっくりでした。
そして、ひとりでPodcastはじめた当時と今とでは、声が違う。なんというか…慣れてきてる?
最初はやっぱり上ずってる感じだったのに。初々しかったのに。

森本さんと喋ってるジョン・Bさんは、タジタジです。あの勢いには、押されるなぁ。
だからもう「早く締めよう」って感じで、「確かに」とか「わかりました」って言ってる(笑)

ケイスケさんとの絡みは好きですよぉ。何回聞いても笑えるし。
ケイスケさんが「あいあい」って挨拶するじゃないですか?
この間ね、クレヨンしんちゃん見てたら…しんちゃんの妹のひまわりちゃんが「あいあい」って言ってて、

「まさか、これッ!?」

って思いましたけど…違うよね? まさかね(笑)

投稿: ことぶき | 2007/06/08 10:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61776/15343223

この記事へのトラックバック一覧です: 『ジョン・Bさんがスピッツの田村さんに勝てる唯一の方法』:

« いまだ届かず | トップページ | なごみ系ブログパーツです »