« 現代版「アメノウズメ」ってところか? …男だけど | トップページ | 4月1日 »

2007/03/31

本屋であれこれ+α

会社帰りにいつもの本屋へ寄る。
昨日買った「板尾日記2」の前の「板尾日記」にジョン・Bさんが載っているかどうか確かめるため。くだらない動機だけれど、立派なあたしのエネルギー。

昨日の場所に、昨日と同じように「板尾日記」が置いてある。つまり、誰も触れてはいないのかも知れない。「板尾日記2」の数も減ってないし。悲しい。おもしろい本なのになぁ。

まあ、それは置いといて。

さっそく1ページ目から目を通していく。これはあくまで捜索であって、断じて「立ち読み」ではない。だからレジにいる店員さんの目も気にならない。内容だって一個も頭に入っていない。なぜなら、「2」を読んだ後に買うつもりでいるから。でも“これ”を買う気はさらさらない。昼間にも言ったけど、“これ”はページが折れていて汚いから、イヤなの。

そんなワケで、あくまでも捜索用の本を丁寧に扱う。一応売り物だし。

こんな時、ジョン・Bさんの芸名が変な名前でよかったと思う。
こういう、たくさんの言葉の中から特定の言葉を探す時、あたしの頭の中では文字を「文字」として見ないで「記号」とか「絵」として見るので、特徴がある方が断然探しやすい。

ジョン・B・チョッパー

なんて、絵として見たら脳内検索システムに引っ掛かりやすくてホントに楽。ありがとう、ジョン・Bさん。

だって、「・」が2つもある。そんな言葉、そうそうない。「゛」とか「゜」とか「-」も探しやすい。とにかく、探しやすさ日本一の名前かも知れない(と思う。今だけ)

気合いを入れて目を上下させながら左へスライド。3秒くらいでページをめくる。それを延々365日分の日記に行う。

傍から見たらエライ速読する人に見えかねない。ペラペラ無造作にめくるんじゃなくて、本当に丁寧に1ページずつめくってるんだから。

でも悲しいかな、速読なんかできないもんね。

そうしてようやく、12月31日まで終わる。ジョン・Bさん発見ならず。2005年には板尾さんと接触していないんだろうか?

ふーん。

でも、そうすると、あたしが「板尾日記」ではなく、あえて「板尾日記2」を手に取ったのには、テレパシーというか、ある種怨念めいた力が働いて、

「ここにジョン・Bさん載ってるでーー」

と誰かが…何かが? 教えてくれたのかも知れない。

うーん、怖いけど、サンキュー。

その場を離れようとすると、ちょっと離れたところで子供がわめき出した。急につんざくような声がしてキーンとする。ちょっとムカつく。

でもダメダメ。大人なんだから、こんなコトでいちいちムカついてちゃダメ。子供は泣くもの。

そう思ってると…

バシッ!!!

その子供が泣き喚きながらそこらへんの本をぶん投げ始める。

おいおい、保護者、なんとかせい。

年配の夫婦が優しくあやし始めた。両親じゃなくて、じいちゃんばあちゃんに連れられてきたみたい。

子供って…甘えられる人、そうじゃない人を選るよね。

子供は割と、ずる賢い。

…「賢い」だけいいのかな?

なにも買わないで車に戻ると、隣りの車から…なんだろ? すごい大音量でママさんコーラスみたいな音楽が鳴っている。時々先生の指示とかも入ってる。

運転席に目をやると、中年の男性。

…あんた、そんな真剣な顔して何聴いてるの?

まじまじと見てしまった。あんまり人の顔を意味もなく見るもんじゃない。

…意味がないワケでもないか。

それからスーパーに夕食の買い物。

お菓子売り場にフラフラと吸い込まれようとした矢先…

突然目の前に奇声を発しながら走る男性が現れてビクッとするくらいびっくりする。どうでしょうならこれであたしの仕事が終わってディレクターも満足、なくらい驚く。

これは…酔っ払いとかの一時的なおかしな人じゃなくて、もっと慢性的な…おかしな人っぽい。

その人がお菓子売り場から離れたので、その隙にこっちはお菓子をチョイスしようとしたけど、ドップラー効果っぽく一本向こうの通路を移動するその人の奇声が怖くてそれどころじゃない。なるべく離れようと通路を出ると…

ばったり。

怖いッ!!

きびすを返して逃げるように肉売り場へ早足で移動。
彼はまた奇声を発しながら遠ざかって行った…

遠くの方で声がするよ…

そのうちに鶏のささみを引っつかみ、朝用ヨーグルトを引っつかみ、レジへ急ぐ。もうあなたには会いたくないッ!!!

レジに並ぶと、前に並んでるおばさんがいきなりあたしのコトをじっと見て来る。

さっきも言ったけど、意味もなく人のコトを見るもんじゃありません。

知り合いなのかな? と思って視線を合わせてみたが、見覚えがない。向こうが目線をそらした。

…失礼なヤツ。

でも大人なので、そんなコトでいちいちムカついてはいけない。そう思うと、ちょっと余裕が出てくる。

おばさんは洗濯機用の洗浄剤を2つ手に持って、自分の番になるとレジ前にそれをバンッ!!! と投げるように置いた。

いやいや、いくら自分が買うものだって言っても、そんなに乱暴に扱うコトないでしょう…

なんか見ていて気の毒になってくる。レジにお金を置く動作も半分「投げて」いる。そしてツンツンしながら帰って行った…

…あの人の人生に、何があったんだろう。

それにしても、ここのスーパーにはなんでパープルのダボついた、明らかに身体にフィットしていないスーツを着た、リーゼントのお兄さんがうろついているんだろう?

リーゼント…

それはジョン・Bさん的には「眼中にない」ヘアスタイルであって、「理解できない」もの。

それは…あたしも同感。あ、いや、サンコンさんは別。(にしておこう)

あんまり係わり合いになりたくないので、遠巻きにして車に戻る。

駐車場の車の中で待ってるお父さん方の、窓を開けて吸うタバコの煙にむせる。

しょうがないけど、こればっかりは大人気なくムカつかせてください。

そんなあたしの、アフター5。

|

« 現代版「アメノウズメ」ってところか? …男だけど | トップページ | 4月1日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。お久しゅうございますm(__)m

すっかり埼玉は桜が満開、今日は日差しも暖かく、柔らかく。すっかり春、でございます。
なーのーに。ワタクシ、大風邪引いてるんでございます。

喉の通路がふさがれるほど腫れあがっております。
そして咳・鼻詰まり。
熱でもぱあっと出ちゃえば一気に治りそうなもんなんですがね。

閑話休題。

折れたり汚れたりした本、買うのがいや。
すごく分かります。
ま、私は割り切っているので、図書館の本やら古本屋の本というのも許容しているのですが…(お財布の関係で、欲しい本を全部読むにはこれらを有効に活用しないと…)。
昔は図書館の本も借りてくるたび拭いておりました。

まして売ってる本を折ったり、汚したりって感覚が分からない!
あんた、野菜とか選んでる最中に食い散らかして探すのか?それ、食いかけをおいて、新しいものを買っていくのか?(あるいは何も買わずに帰るのか?)

本を大事にしない人は私も嫌です。

ウチの近所の本屋さんは、全く本に愛情を持っていません。(全国有名チェーン、CD・DVDレンタルも行い、通販もある某有名店Tヤ)
本棚にこれでもか、これ以上は入らないか、というまで入れてしまうので、陳列した段階で帯が破れる(アルバイトの子が陳列中に帯を傷めつけているところを目撃)。
そして、そこの本棚から本を抜こうとすると、数冊一緒に落ちてくるほど、ギチギチに入っているんです。

だから、いつもそこの本は傷だらけ。

絶対買いません。立ち読みだけ。
雑誌も折れる、汚れる、破れる。当たり前。

買う側のモラルがもちろんですが、売る側の姿勢も大きいような気がしますね。
(少し離れたところにある、紀伊国屋は傷んだ本を殆ど見ませんもの)

大人はムカついちゃいけない・・。
そうなんですけどね、やっぱりこの本やさん、近いしたし読みには最適なのでよく足を運びますが(CDもレンタルするし)、ムカつきながら帰るハメになってます。

あぁ、ことぶきさんの文章に共感してしまったため、自分の愚痴までこぼしてしまいました。延々とすみません。


そうそう、ウルフルズ。
今の私は『すっとばす』にハマっております。
デビュー当時ですよね?
今の私に一番のツボでした…。

ちょっとレトロなメロディライン、元気なラブソング。
心に沁みまくりました。

ウルフルズのメロディはずどんとど真ん中に飛び込んできます。出会えて良かったなぁ…。

今日もウルフルズ聞きながら、過ごします♪


『おかしな人』
春になると、マジで増えますよ。
今のおかしな人は、おかしな、という域を越えてる方も多く、お気をつけ下さい。

私は去年の春、子を2人連れ、奇声を上げる男性をふと、本当にふと眺めたところ、目が合ってしまい。

走ってこちらにやってきたその男性(30代くらいか?大柄=おでぶ、背もでかい)に
『今、俺を笑っただろう、何が言いたいんだ!言いたい事があれば言ってみろ!言ってみろよっ』と詰め寄られました。

咄嗟に子供を後ろに突き飛ばし(後ろにいた主婦のような女性が二人を保護してくれました)、
『特にありませんが』(何故かとても冷静←内心は大パニック)
と答えると、
『なら良いんだよ、ジロジロ見んなよ』と捨て台詞を残し、
『病院に連れて行きたきゃ行けばいいんだ!勝手にしろよ、通報しろよ』と怒鳴りながら、去っていきました。

本当に心臓が止まるかと思いました。

周りって固まってるだけで、彼が去ってからたくさんの人に囲まれ、『大丈夫だった?』とか言ってもらったけど、多分何かされても誰にも助けてもらえなかったと思います。

春は増えます。経験上。
身の安全確保が最優先事項です。

無事にまた過ごしましょうね~。


そしてお花見。
短き春を満喫いたしましょう。

長々(本当に長い)ごめんなさい。
では、また。

投稿: あやゆう☆ | 2007/04/01 09:34

★あやゆう☆さん
お風邪は大丈夫ですか?
ここんところ気温の差が激しいので、体調を崩しがちです。気をつけなきゃなぁ。

本屋さん…実はあやゆうさんがおっしゃるその本屋ですよ。「T」ではじまり「A」で終わるところ。ポイントがつくし、買うなら新刊なのでそこをよく使うんですが、そうねぇ…確かに帯が切れてる本が多いかも。
そういう時は、AMAZONさんを使います。

「すっとばす」ですかッ!!
あれも賑やかでいいですね。やっぱ行進ですね。へんなところ押さえないでくださいね(笑)
あたしは…「プリプリベイビー」ですかね(笑)あえて。
新曲も楽しみです。

おかしな人…怖かった。
行動が未知数なのが恐怖です。無邪気の延長線な人はまだいいけど、因縁つけてくるのは怖いなぁ。母は強し。怖いけど、そうせざるを得ないですよね。
でも、あたしって結構そういう時に肝が据わるので、半笑いしながら口撃(口で攻撃ね)するかも。
高校生の時にかつあげに遭った時も、割と冷静に対処できました。殺気を出せるのか? えへへ。

投稿: ことぶき | 2007/04/02 13:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61776/14471909

この記事へのトラックバック一覧です: 本屋であれこれ+α:

« 現代版「アメノウズメ」ってところか? …男だけど | トップページ | 4月1日 »