« バカでアホの二重苦(笑) | トップページ | 現代版「アメノウズメ」ってところか? …男だけど »

2007/03/31

ひょんなとこからジョン・B・チョッパー

昨日本屋に寄ったら「板尾日記2」というのがあって、表紙の板尾さんの不思議ィーーーーな雰囲気にやられて買ってしまいました。

横に「板尾日記」(つまり「1」)もあったんですが、あえて「板尾日記2」です

なぜかというと、「板尾日記」のページが折れてて汚かったからです。そういうところ、すごく気になるのね。
だいたい、古本屋の本が読めない人だから。古本屋じゃなくても、図書館の本すらダメなんですよね。潔癖症じゃないんだけど、電車のつり革も一瞬覚悟を決めます。

それに、「1」と「2」では「2」の方が新しいワケだし、古くなった「1」はいつ読んでも古いんです。それならまず「2」を読んで「1」に行ったっていいじゃないか。順番なんていいじゃないか。ただの日記なんだし。

そんな理由で、あんまり迷わず買ってしまった「板尾日記2」。これがなんか…いい感じなのです。

自分もブログなんかやってるからなんでしょうか? 人の日記って、興味があるんです。
基本的に誰に見せるワケでもない文章なんです。日の目を見ない日陰の身なんです。いとおしいじゃないですか。そのつつましさが。

でも、そんな生い立ちだからこそ、本音とか自分でも思いも寄らない表現とかが出てきて、はじめから誰かに見せるために書いたものとは違う味が出てくるじゃないでしょうか。

と思ったり。

でもこの本ははじめに「出版ありき」だからね、人に見せるために書いたものだろうけど…とは言っても、そんなコト考えてないんだろうなぁーって感じの板尾さんの独特の文章に、とっても引き込まれてしまいました。

北の元締めにメール書きながら途中で読み始めちゃって、危うくメール送るの忘れそうになったり(笑)

10ページ読んで我にかえって、メールを締めて送信。
その後、プロローグもエピローグもない、いきなり「1月1日」からはじまる、ホントに本気の「日記」を、別に笑い話満載とかじゃあく、板尾さんの日常をつらつらと書き綴った日記を、鍵の掛かった引出しに閉まってあったのを偶然見つけちゃった風な感じで読み始めたのです。

出版上都合の悪い言葉は、蛍光マーカーで塗りつぶしたみたいになってるんですが、そこは板尾さん、割と消されてる言葉がうっすらわかったりしてドキドキ。大丈夫なんですか?

そして問題の15ページ目。何が問題って、あたし的には「問題」なのです。

1月24日
(中略)
ジョン・B・チョッパーからメールが来た。今度、飯でもという感じ。二人共、酒飲まへんし。

あれ? 今、なんかいとおしい言葉が目に入ったんですけど???

思わず素通りしちゃうところでした。もう一回、一字一字確かめつつ…

ジョン・B・チョッパーからメールが来た。

「あひゃーーーーッ!!!」

こんなところでウルフルズの「問題のベーシスト」ジョン・Bさんにお目にかかれるとは。いやはや「こんばんは」。

意外な一面を垣間見てしまいましたよぉ、みなさん。うへへ。

あれ? でも板尾さんとジョン・Bさん…意外な関係…でもない。深く納得してしまう関係。一緒にいて、おかしくないもの…

なんてったって、あたしが魅了される男、という共通項があるんですからね。あたしがミツバチなら、ふたりは同じ種類の花なのです。

昔観た「ごっつええかんじ」の出演陣の中で、誰かひとり好きな人を挙げろと言われて答えていたのが、板尾さんでした。
とっても好きってワケじゃないけど、気になる存在で、それで今回、本を手に取ったんですが…世界は狭いなぁ…

狭いついでに、あたしの日常にも散らばってる言葉が割とあって、すごく親近感が湧いてきます。

「東京セレソンデラックス」のコトを、

今、俺が一番好きな劇団だ。

と書いてあったり、その他、ナックスファンならよく聞く劇団さんの名前が挙がっていたり、特にセレソンさんはこんなとんでもな方向からも推薦されたら…観ないワケにはいかないなって感じ。

つうか、非常に観たい。

そして、とっても愛妻家なのね、板尾さん(笑) 微笑ましい。やたら、「好き好き」って言ってるワケじゃないんだけど、言葉の端にぶら下がってる想いが…こっちが恥ずかしくなる感じ。穏やかぁーな雰囲気。非常に気持ちがいいです。

一気に読んじゃいそうな勢いでしたが、突然の睡魔に襲われ、途中です。
早く読んで「板尾日記」を買って来よう。

そして、「2」よりおもしろいという「3」が楽しみだわ。

|

« バカでアホの二重苦(笑) | トップページ | 現代版「アメノウズメ」ってところか? …男だけど »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61776/14467304

この記事へのトラックバック一覧です: ひょんなとこからジョン・B・チョッパー:

« バカでアホの二重苦(笑) | トップページ | 現代版「アメノウズメ」ってところか? …男だけど »