« 「病気だわ…」「うん、だから病気なんだって」 | トップページ | 暴走したっていいじゃないか、O型だもの »

2007/02/23

「押すぜ、背中をッ!! こんなんでどうすかッ?」 ウルフルズ「ベストやねん」推薦文

かおるさんから「もう一押し」の声があがったので、ウルフルズのベストアルバム『ベストやねん』の宣伝をしたいと思いますよ。(書くのに3時間掛かったよ、必死よ)

どんな曲が入ってるかわかんなきゃしょうがないので、まずは収録曲です。

01: バンザイ~好きでよかった~ 
02: いい女
03: 借金大王
04: ガッツだぜ!!
05: 大阪ストラット(アルバム・ヴァージョン)    
06: それが答えだ!(アルバム・ヴァージョン)    
07: かわいいひと    
08: ヤング ソウル ダイナマイト    
09: 明日があるさ(ジョージアで行きましょう編)    
10: 事件だッ!    
11: 笑えれば    
12: ええねん    
13: 愛がなくちゃ    
14: バカサバイバー    
15: 暴れだす(full version)    
16: 大丈夫    
17: サムライソウル(Album mix)
18: 相愛

こんな感じですよ。

選曲は「これぞウルフルズ」と言う感じじゃないでしょうか? ハズレなしですね。
街角で、テレビで、ラジオで、一度は聞いたコトのある名曲の数々。ここで一度改めて聴いてみるのはいかがでしょうか? サビしか知らなかったあの歌。「こんな曲だったんだ」なんて再発見。できればベース重点的に(強調ッ!!)

これね、冗談じゃなく、普通ベースってやっぱり、あんまり注目されないでしょ? あたしも今まではそうだったんだけど、ベーシストのファンになって、ベースを注意して聞くようになって、ひとつの曲を別の角度から見た時に、すごく感動したのですね。

もちろん曲を聴く時に、いちばん重要視されるのはボーカルでしょうけど、バンドとしてそこに曲がある時、そこにはそのメンバーでなければ出せない音と言うのがあって、それもひっくるめて初めて成り立つものだと感じるのです。

たまにはそんなところに気をつけて曲を聴くのもいいものです。

そして18曲目の「相愛」はiTunesで限定配信された幻の1曲です。この1曲のためにCD買っても、それでも価値があると思いますよ。

いいのよ、この「相愛」 (しみじみ)。
ちょっとウェットな大人の愛の形とでもいいましょうか、歌詞的にはとても閉鎖的なんだけど、メロディー的には広がりのある音だとあたしは感じました。ベースも素晴らしいです。是非とも低音のよく響くオーディオでどうそ。

そしてお値段ッ!! 今回3種類発売されております。

[通常盤]
TOCT-26193 CD 3,000円

[ライブヒストリーDVD付]
スペシャル特典としてトータス松本とジョン・B・チョッパーによる副音声コメンタリー収録
TOCT-26194 CD+DVD 3,980円

[PV付き初回生産限定盤]
TOCT-26195 CD+DVD 3,600円

iTunesでは1,500円ですッ!!!

amazonさんではすでに「PV付き」は売り切れみたいですね。プレミア販売になってます。
通常盤は割引がないので、ライブDVD付きはお得です。

ウルフルズのPVはほかのアーティストみたいに自分たちをかっこよくみせようと言う欲求がないようで…見ていておもしろいです。

最悪、メロディー・歌詞を完全無視したものになったり…(「事件だッ!」)
宍戸錠の今はなき垂れほっぺが見れたり(「かわいいひと」)。
中にはかっこいいものももちろんありますよ(「いい女」「ええねん」などなど)。
デビュー以来のコンセプトとしては「音がなくても注目してもらえるPV」らしいのですが、確かに。激しくうなずけます。

あたしが買ったのは[ライブヒストリーDVD付]でして、その名の通りライブ映像でウルフルズの歴史を追体験できる60分なのです。

「ウルフルズ」と言うバンドとしての歴史もそりゃぁありましょうけども、メンバー個人個人の変化が見られて興味深い。

それぞれにスポットライトを当てるならば、こんな感じですね。

まず、トータスさんは…
「『やっぱり今の俺の方が好きや』
変わらぬ情熱・変わる腕の太さ&髪型(モテ髪からボウズまで)」

ソウルフルなトータスさんの魅力満載なのはもちろんのコト。言うまでもありません。
とにかく髪型の変化がすごいです。

ウルフルケイスケさんは…
「クイズッ!! 『今日のけーやんは乗ってますか?』」
表面的にはノリノリのようでも、ファンは騙せません。

それから

「老いとの戦い『ジャンプにかける青春』」
ダブルタイトルです(笑)
年々衰える体力との戦い。ジャンプの高さは心意気です。

サンコンJr.さんは…
「サナギから蝶へ『僕の成長日記』(マッチョへの道)」
マッシュルームカットからリーゼント。少年からマッチョへの変貌が怖いくらいです(笑)
「あの頃のサンコンになら抱かれてもいい」byジョン・B・チョッパー(笑)

そしてジョン・B・チョッパーさんは…
「栄光と挫折・そして暗闇からの復活ッ!! 『僕はアホなんでーーーーーーすッ!!!』」
「これからやっていくぞ!という人間と、これでやめるぞ!という人間の対比をよく見て下さい」byジョン・B・チョッパー
とにかく、このDVDの見どころはジョン・Bさんでしょう(と、あたしは強く思います)。ひとりの男の歴史ですよ。
彼は途中で一度脱退してるのですよ。その心の変化がちゃんと映ってる感じです。
見ていて涙が出てきます。

そして副音声ではトータスさんとジョン・Bさんの前厄本厄トーク。
意外に洞察力のあるジョン・Bさんに触発されながら、ゆるゆるな思い出話&「祝詞に合わない名前」の話、そして突然終わる(笑) 
中身があると言えばあるし、ないと言えばない…(苦笑) でもそこがいいじゃないッ!!! ね?

そんなワケで、長々と宣伝してみましたけど、こんなんでウルフルズ聴きたくなる? いやでも、ホント、騙されたと思って聴いてみるといいです。

トータスさんの声が生理的にダメって場合はしょうがないけど、どれも単純明快、楽しくなる曲ばかりです。

元気がでない時の特効薬「ウルフルズ」で、陰気も花粉も吹き飛ばせッ!!!
☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ

|

« 「病気だわ…」「うん、だから病気なんだって」 | トップページ | 暴走したっていいじゃないか、O型だもの »

ウルフルズ」カテゴリの記事

コメント

ことぶきさんに触発されて…

買いました!!!!
(ウ好きのペコさんにも触発)

おっかしぃなぁ〜樋口さんのCDを買いに行ったんやけど(笑)

まさか3種類もあるなんて。
PVとライヴDVDと激しく悩んだんやけど、ジョン・Bファンの端くれとしてライヴDVDにしました。


ゆっくり堪能したら、ブログに感想書くね。
いやー、CMもよかったよね。

投稿: きょうこ | 2007/02/23 21:04

やったぁ~!!きょうこさんも買ったんですかぁ!!
いやぁ、さすが宣伝隊長・・(自画自賛)

ことぶきさん!ナイスな宣伝ありがとう!
なんかねぇ、世間一般的にウルフルズというバンドが「古臭い」みたいに思われてるのがイヤっ!!
いや確かに古臭いのだけど、それは本人たちも「古臭いのは認めてる、でも俺らが新しいことやっても面白くない」みたいなこと言ってたのだけど。
「暑苦しくて、バカやってるバンドでしょ?」みたいに思って毛嫌いせずに、いっぺん聞いてみてほしいですよね!
こんなに幸せたっぷりなのに!!!

うは~しまった。
また熱くなっちゃった(笑)

投稿: ペコ | 2007/02/23 21:21

★きょうこさん
やったッ!! わーいッ!!
ありがとうございますッ!!
うれしいよぉ、買ってくれたなんて、ホントにッ!!
(樋口さん、ごめんなさいッ!!)

しかもライブDVD付きを(泣)
まずはCDを堪能して頂いて、そんでDVDを観てエキサイトして頂いて、ほんで副音声でチェ・ジウに嫉妬して頂いて…(笑) ついでにジョン・Bさんファンとして若かりし頃のサンコンさんにも嫉妬って感じで、ごゆっくりご鑑賞ください。

感想楽しみにしてますッ!!

★ペコさん
やったッ!! やりましたねッ!!
なんかこう…初めてお客を取ってきた新人営業マンの心境??

確かにあたしも去年の9月までは
「ウルフルズ?? 古臭いなぁ。おじさんのバンドじゃん?」
って思ってました。正直。でもね、それはホントにホンットに間違いだった。
人の心を動かすものに、新しいも古いもないのです。ただそこにあるのは「人を感動させられるかどうか」。
感動させられないものは新しくてもどんどん忘れ去られて行くし、古くても残るものはそれだけの価値があるのです。
「暑苦しくて、バカやってるバンド」かぁ…それはウルフルズのほんの一面でしかないし、しっとり聴かせる曲もあれば元気をもらえる曲もあるってコトをもっと多くの人に知ってもらいたいなぁと思います。

あたしもO型だから、熱くなってしまったわ(笑)

投稿: ことぶき | 2007/02/24 12:03

思いっきり背中を押されたかおるです 夜分遅くににこんばんわ。
シゲの舞台挨拶に行く前にそそくさとCDショップで購入しましたよ!
明日 ゆっくり鑑賞します!ありがとう!

投稿: かおる | 2007/02/25 03:40

★かおるさん
ありがとうございますッ!!!
「もう一押し」って言われて、やる気を出してしまいました。 

あんまり押し付けがましいのもなんかなぁ…って思ったんですが、いいものはいいしね。聴いて頂けるならより多くの人に聴いてもらいたいし。

ごゆっくりご鑑賞ください。
あたしは部屋にいる時のBGMにしてます。
パソコンのスピーカーはベースの音が全然しないので、新しいスピーカーを買おうかと思って。
とりあえずiPod用に買った小さいスピーカーが辛うじてベースを拾ってくれるのでそれをつないでます。

最近のジョン・Bさん、すごくベースの音がいいと思うんです。(贔屓目?)」

投稿: ことぶき | 2007/02/26 12:21

いいね~~~~~~~(*´∇`*)<聴いてます
わたしの買ったのは「PVつき」でした。
まだそっちは見てないですけど 曲はいいわァ~
ゆっくり長く楽しもうと思います。
背中押してくれてありがとう!

投稿: かおる | 2007/02/27 15:13

★かおるさん
こちらこそ、お買い上げありがとうございますッ!!

いいですか? いいでしょーッ!!(何様?)
PVは「バンザイ」「笑えれば」「ええねん」「サムライソウル」が好きです。

「バンザイ」の最後、4人が並んで仲良さそうな感じなのですが、なんとなくあたしはナックスさんとかを思い出すのです。
男の人の友情っていいなって思って。

投稿: ことぶき | 2007/02/27 16:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61776/14018537

この記事へのトラックバック一覧です: 「押すぜ、背中をッ!! こんなんでどうすかッ?」 ウルフルズ「ベストやねん」推薦文:

« 「病気だわ…」「うん、だから病気なんだって」 | トップページ | 暴走したっていいじゃないか、O型だもの »