« 悪口(あくたい)祭りですって | トップページ | 人生の、濃い時間 »

2007/01/06

結局はなぁ…

最近ちょっと、悲しいっちゅーか、なんちゅーか…めんど臭ッって言うか…心がマイナス方面へ向かってしまう出来事がありまして…

あのね、ウルフルズのベースのジョン・B・チョッパーさんは、ご自身でブログを運営されているのですね。そのブログがなんとも心地良いと言うか、ほっこりする内容で大好きなんです。

曜日ごとにテーマが決まっていて、お子さんとのコトや、自分のトラウマと向き合うコトや、日曜大工のコトとか、とにかくジョン・Bさんの日常をご自身が撮った写真や、イラストと一緒に更新されてるブログなのですが、12月に入ってパッタリ更新が滞ったのです。

理由は「レコーディング」。

それから今まで、最後の記事に対して、コメント欄が掲示板のようになって、書き込みに来るみなさんの近況やら、更新されないコトへの不安やら、それに対しての励ましやら、全く関係ない自分話やらが書き込まれて行ったのです。

それは1ヶ月で100件を越え、ケータイで見てる人は全部を観覧できないほど。

そして大晦日。やっとジョン・Bさんの更新。「そろそろ更新します」と書き込まれて年が明け、今か今かの期待の中、いまだに更新叶わず(泣)

そんな中でもコメント欄は主人の居ぬ間の大宴会。

ところがその最中、あるコメントが書き込まれます。

内容は、「コメント欄」を「掲示板」のごとく書き込む人たちに対して、そしてそれを放っておく管理人への苛立ちでした。

そしてネットでのトラブルの常ですね。それに対しての反対意見。さらにそれへの反論…

主人の居ぬ間の大宴会から、場外乱闘へ発展しそうな様相を呈して行ったのです。

ハッキリ言ってね、イヤなのね。あたしはめんど臭いんです。そう言う嫌な面を見ちゃうと、全部が嫌になっちゃう。あんまり深く考えたくない性格だから、中間がないのです。嫌なコトを思い出すから、「ウルフルズ」自体…考えたくなくなっちゃう。思考が極端って言っちゃえばそれまでなんだけど、どんどん嫌な方向へ向かって行きそうになっていたのです。

そこへ、その論争とは全く関係ない、お気楽なコメントが書き込まれます。

あたしは「渡りに船」だと思ったのです。これでコメント内の論争の流れを変えられるかも、って。

そして慌てて、それに応えるような書き込みをわざとしてみたのです。

あーでもないこーでもないと言い合っていても、結局そのブログの王様は管理人さんなのです。

例えば、この「ヤギの散歩」の“色”を決めるのはあたしです。不適切なコメント、TBがあれば削除します。もちろん一方的に。

でもね、もしも。

もしも、このブログを長く更新できない期間があったとして、例えば

「しばらく留守にします」

と言う書き込みを残した場合に、ここに訪れてくださるみなさんが、あたしのいない間、ここを「掲示板」みたいに使ってくださっていたら、それはそれで嬉しいコトじゃないかと思うのです。

これはあくまでも「ことぶき」と言うひとりの人間の考えなので、ジョン・Bさんのブログのコトとは関係ないんだけど、もしもよ。もしも、そうなった時に、あたしの帰りをみなさんが、ここで待っていてくれてるみたいで嬉しいなって思って。

もちろん、あたしそっちのけでいられるのは嫌だけども、その主人の居ぬ間の宴会の片隅にイスが1つ残っていて、そこに「ことぶき用」って書かれているのなら、どうぞみなさんご自由に、って感じ。
そんな雰囲気のコメント欄の使われ方なら、うれしいかなって。

例えば、Aさんがコメントを書いてくださった。Bさんも書いてくださった。その時に、「ことぶき」と「Aさん」、「ことぶき」と「Bさん」のつながりができます。

でも、そこで「Aさん」と「Bさん」のつながりができても、それはそれでいいじゃない? てか、むしろステキ。

ケンカとかされちゃうのは嫌だけど、そうじゃないのなら、長々会話されるのはどうかと思うけど、あたしの書いた記事と関係ない話に飛んじゃっても、それはそれでいんじゃない? (はじめから関係ないのは嫌だけど) 

と思ったのです。

と言うワケで。

あたしが流れを変えたくて書き込んだお気楽コメントも、「一石を投じた意見をまったく無視した無礼者」的な感じて一掃されてしまいましたが、どんなにあーだこーだ言い合ったって、管理人さんご自身が「別にええやん」って言えばOKだし、「アカンわ」って言えばNGなのですよ。

ブログが管理人を王様とする王国だと仮定して、それを治める義務があるから更新を滞らせて放置している彼が悪いと言う見方もできるのですが、

「レコーディングを優先してください」

ってのがファンの共通意見だと思うし、ここは大人しく主人の帰りを待つしかないのかな?

あたし的には書き込みに来るみなさんの「自分話」、好きだったんだけどね。

P.S.
そしたらその後すぐにご本人の更新があってさ。しかも論争のコトなんか一切触れないでさ。みなさんもほんのちょっとわだかまりを残しつつ、元の日常に戻りそうな感じなのよね。

「別にええやん」でも「アカンわ」でもなかったわ。

うーん、さすが“問題のベーシスト”だけあるな。

|

« 悪口(あくたい)祭りですって | トップページ | 人生の、濃い時間 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

ざーっとですが 3つの記事を読んできました。コメントも含めて。ことぶきさんのも。

ジョン・Bさん 大人ですね

ブログって管理が大変ですよね
あたしもがんばろう

投稿: かおる | 2007/01/06 13:42

★かおるさん
あら、わざわざ読みに行ってくれたの?
ありがとうございます。

ジョン・Bさんの場合、
「知っていて放置」
なのか
「知らないで放置」
なのかイマイチわからないんですが…とにかく、大人な距離感で接するのがいちばん。

ブログって、難しい。
感情が入り乱れるのに、表に出るのは文字だけなんだもの。

もっともっと自分の言葉を磨かなきゃ。

投稿: ことぶき | 2007/01/06 16:17

私も見てきました。
ブログって、管理人って一体なんだろう…と
考えることが多いです。
コメントを書く時もいただく時も、ものすごく考えてしまう。
自分のコメントは的外れじゃないかしら?とか。
ああ、自分の考えとだいぶ違うコメントだわ…とか。
難しいですよね。
どうしたら、きちんと伝わるのか。
もっと精進しなきゃ!と強く思うこの頃です。
ジョンBさん、相変わらずほんわかしていてよかった。

投稿: てぃー | 2007/01/08 23:16

★てぃーさん
関心を持って頂いて、ありがとうございます。

難しいですよね。
でもね、ブログやってる人のほとんどが作家さんでもなければ達観した人格者でもないので、いろんなトラブルはつきものだと思うのです。
「0」にはできないけど、なるべくトラブルのないように近づけて行くために、精進せねばですよね。

でも、あたしの場合、あたしの記事に対してのコメントだけじゃなくて、
「最近こんなコトがあったんですよぉ」
なんて話を書かれると逆にうれしいですよ。

そしてジョン・Bさんは相変わらず掴みきれない人です。

投稿: ことぶき | 2007/01/09 12:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61776/13353990

この記事へのトラックバック一覧です: 結局はなぁ…:

« 悪口(あくたい)祭りですって | トップページ | 人生の、濃い時間 »