« 「どうだ、オレ様を彫ってみろ」と言われた気がした | トップページ | 土日の作品、一挙公開 »

2006/12/11

残念と言うか悲しいと言うか…なんだかなぁ

「SIDE7」も終わっちゃうそうで。第二次ナックスの北海道離れ大作戦ですか? え? ちょっと嫌味を込めちゃいましたよ。結局東京なのか? って思ってね。

シゲちゃんは番組終了に関して、すごく抵抗したみたいですね。我らが北の密輸元締めからの悲痛なメールで知りましたよ。でもやっぱり視聴率がかんばしくないと。そんな理由で打ち切りだと。

そりゃあ、ラジオだって視聴率でしょうよ。視聴率、大事。
でもね、あの番組に関して、はじめから「高視聴」は望めなかったワケよね? だって

「ガンダムオタクによるガンダムオタクのためのガンダムオタク番組」

だったんだから。それで視聴率が悪いって…そんなのわかり切ってるコトじゃないと、あたしは言いたいワケですよ。だったらなんではじめたんだと。それで中途半端に終わったら、後味が悪いでしょ? なんだかなぁ…

GOLGOLGOだってね、できれば続けてもらいたかったですよ。あたしは道外人だから聞けるワケじゃないけど、何度も言うけど、ナックスは北海道ありき なんですよ。北海道で仕事をしていて欲しいのよ。北海道でかわいがってもらってる彼らが好きなの。そこんとこもひっくるめて「ナックス」なのですよ。
出演陣ふたりして連ドラだからーとか、その後舞台が控えてるーとか、いろいろ理由があるとは思うけど、ラジオで屁ぇこいて感動を呼ぶ番組なんて日本広し、いや世界広しと言えど「GOLGOLGO」しかないと思うし、あのラジオ会社しかないと思うし、それを笑って許してくれる風土なんてね、北海道しかないのです。今後、どれだけナックスの知名度が上がろうと、東京FMなんかじゃ屁ぇこけないですよ。
大事な表現の場を手放したと思う。

それにね、これからもナックスは前に進んで行くんだとは思うけど、これまでの10年と、これからの10年は意味や重さが違うと思うのよね。

そんなものを手放してまでもナックスが辿り着きたい場所があるんだねぇ。

うーん。続けるコトって、それだけで意義があると思うんだけどね。

|

« 「どうだ、オレ様を彫ってみろ」と言われた気がした | トップページ | 土日の作品、一挙公開 »

CUEさん」カテゴリの記事

コメント

私も・・・大切な場所を手放してしまった気がしています
正直、何処を目指しているんだろうかと思ってしまって
HOMEからどんどん離れてしまって・・・大丈夫かなぁって
ガタメの時もGOLGOLGOの時も聞き分けの良い子のふりをしてましたけど
シゲちゃんが抵抗したことに嬉しさと哀しさが込み上げちゃいますよ(泣)

投稿: 小春 | 2006/12/11 21:56

私もねぇ。北海道あってのNACSだと思ってます。
だから、GOLGOLGO終わってしまうのも、SIDE7終わってしまうのもイヤです。
これから先の改変期がコワイ。。。

道内だけでなく、いろんなところで見られるものが増えてくるのは嬉しいけど、大事にしたいモノを手放してまでは、欲しくないなぁ。


も日記、見ました?モリが「いつかガタメが復活する日まで、がんばる」って言ってくれるのが、嬉しかった。
その日が本当に来るように、私もずっと応援していこうって思いました>^_^<

投稿: みほちん@東京 | 2006/12/12 00:35

★小春さん
ナックスが北海道の番組を終えるたびに、すごく悲しい気持ちになります。その分新番組が増えるんだったらうれしいんだけど、そうじゃないんだもの。

シゲちゃんも相当悔しい思いをしたみたいですねぇ。
こうなったら、ポッドキャストとかどうだろうか? なんてね。

★みほちんさん
も日記読みました。
モリがそう思っていてくれてるならうれしいな。いつか叶ってもらいたいです。GOLGOLGOもなんだったらGOLGOLGOLGOとかになってパワーアップして「帰ってきたヘコイダーマン」とか、「ヘコイダーマンタロウ」とか、できればあたしのお気に入りの「安西さん」とかね、聞きたいな。


…やっぱりあれだ、ポッドキャストだわ。

投稿: ことぶき | 2006/12/12 13:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61776/13025502

この記事へのトラックバック一覧です: 残念と言うか悲しいと言うか…なんだかなぁ:

» 陶芸 てびねり〜オ・リベ専用〜ザク [伊豆高原〜ガレージ陶芸体験工房 伊豆高原スタヂオ]
ここまでで11時間です。腕と頭がつきました。 今回のザクは以前の物のように原作にあるザクの再現ではなく、「古田織部」がガンダムの世界に居てエースパイロットであったとしたら。というコンセプトの元に、その乗るべきザクをデザイン&製作しています。 [続きを読む]

受信: 2006/12/11 22:43

« 「どうだ、オレ様を彫ってみろ」と言われた気がした | トップページ | 土日の作品、一挙公開 »