« 道端の草木と言うよりは… | トップページ | もっと具体的に »

2006/09/21

残念ながら

ここ数日、CUEファンの方のブログで「嘆きの声」があがっておりますね。
あたしなんかはもう、「嘆き」通り越して「失笑」。笑うしかないなって思っちゃってて。

洋ちゃんが主演でもない映画の舞台挨拶で、客席でうちわ振られたら、彼が恥ずかしい思いをするんですよ、残念ながら。

顕さんがアウェイでがんばってるお芝居に、うちわやら…横断幕??? こんなのも、顕さんが恥ずかしいのですよ、残念ながら。

琢ちゃんのお芝居では、カーテンコールで走って行って彼にプレゼント渡した方がいらっしゃったようで。
そう言うのは「受付」で渡してくれるように頼むものなんですよぉ、残念ながら。

それらは全部、彼らのためにならないで、むしろ迷惑この上ない恥ずかしい行為です。

「私は彼らのためを思ってッ!!!」

いんや、それは自己満足ですよ。ただの。「誰のため」って、「自分のため」でしょ。

いろんな方が「それは彼らのためにならない」と熱く語ってくださって、それを読めば普通の人なら「その通りです」と悔い改めて正しい方向へ進んでくださるはずなのに、一向に改善されないまま、新たなイベントがあれば忘れた頃に復活していて、あたしは「失笑」です。

特に、ジャンボリー後は出ますね。

これはひとえに、「フォーマル」と「カジュアル」の区別がつかない方の、間違った方向への善意のなせる業だと思います。

「うちわ」はCUEさんで発売されています。
だからって常にこれで応援してくださいと言うものではありません。
あれは、ジャンボリー専用のアイテムです。またはお家で勝手にDVD見ながら振り回すもの。

ナックスは「アイドル」じゃありません。「役者」です。彼らのルックスを見てもらいたいんじゃない。演技を見て欲しいのですよ。

その辺、誤解されてる方がいるんだと思うのですね。

このあたりもいろんなブログでいろんな方が推測されておりますが、あたしはいちいち「ごもっとも」とうなづいてしまいます。

で、逆に、どうしてなくならないのかと考えてしまう。

間違った応援をされてる方々は、それだけ彼らに対して「溢れんばかりの愛情」があるのなら、ネットでいろいろ検索して、少なからず「注意を促す文章」を目にしているのではないかと思うのです。

それを読んでも自身の行動と「つながらない」のか? もしくは「私だけは」と思ってらっしゃるのか?

「注意を促す文章」自体を否定しているのか?

恋のライバルであるあたしたちのブログなんぞは死んでも読まないのか??

さぁ、どれなんでしょうか?

そして、どうしたらなくなるんでしょうか?

いちばんいいのは、これはホントに残念なんだけど、ご本人たちの言葉で「ダメだ」と言ってくれるコトじゃないかと思うんです。前にリーダーがダイアリーに書いてくれたように。ホントにあの時は同じファンとして恥ずかしかったけど、いくらあたしたちが「ダメだ、ダメだ」と言ったところで、根本的に彼女らの心には届かないのではないのか、と。

だったら、どうしたら届くのかと言えば、洋ちゃんたちの言葉しかないでしょう。

この間のサンサンでも皮肉の意味が滲み出るように「舞台挨拶でうちわ持ってた方がいた」と言っていたけど、「やめて欲しい」とは言ってなかったのですね。逆に「ありがたい」みたいな言葉を言っていたんだけど、それは「皮肉」ですよ。その言葉を真に受ければ、次の舞台挨拶でうちわは増えてるに違いないのです。

そう言えば前にも、「空港でのお出迎え」でひと騒動ありましたね。
あの時も洋ちゃん、ペロッとダイアリーに書いちゃってね、真に受けた人が大挙して空港に押し寄せた…

だからね、「ダメなものはダメ」って言うのがいちばんだと思うの。ダイアリーだけでなく、ThankCUEの会報とかでも。「そこまでしなきゃいけない」んだと思うの。残念ながら。自主性に任せていたら、いつまで経っても「ナックスのファンは恥ずかしい」まんまですよ。

それまでは、多くのブログでこんなちょっと口調の激しい文章が書かれるコトでしょうね。残念だけどね。

「あんた方が笑われるのは一向に構わないけど、ナックスが笑われるようなコトはしないで欲しいです。ねぇ、もういい加減気が付いて、みんなで一緒に、『正しく楽しく』彼らを見守りましょうよ。お願いだから」

|

« 道端の草木と言うよりは… | トップページ | もっと具体的に »

CUEさん」カテゴリの記事

コメント

まったくもって同感です。
どうしてわからないんだろう???
「自己満足」でしかないってのにね。
お芝居はスポーツ観戦とは違うんだと なぜわからないのか?
クラシックコンサートと同じジャンルなのに…(´-`)
コレが外国ならつまみ出されますよ。

投稿: かおる | 2006/09/21 19:55

まったくそのとおりだと思います。
私も、いろいろなブログでも話題になってるこの話を知り、
信じられない気持ちでいっぱいでした。
何でそういうことするの? って。
彼らが好きなら、彼らのしている事だって気になるでしょう。
“芝居”に目が向くでしょう。
そこでなぜ、それに関するマナーとかルールに
目を向けないの?
知らなければしかたのないことだってあるけど、
今回みたいに、これだけ言われてるのにわからないのって、
なんでだろう。

でもきっと、やってる当人は
>「私は彼らのためを思ってッ!!!」
と、本気で考えてるのかも。
それなら、こうやって話題にしてても
意固地になるだけなのかなぁ。
やはり、ことぶきさんのおっしゃるとおり、
もうご本人(CUE側)から言わなきゃいけないんでしょうか…
(私も、それが一番当人に届くと思いますが)。

投稿: さやか | 2006/09/22 00:17

★かおるさん
確かに外国ならつまみ出され系ですよね。
スポーツなら力いっぱい応援する、演劇は静かにお芝居を観る、それぞれ「楽しみ方」と言うのがあるはずです。
「自分だけの楽しみ方」はダメです。

ホントだったら「自主性におまかせ、だって大人でしょ?」と行きたいところですが、自主性になんか任せていたらとんでもないコトになってしまいます。

入場時の持ち物検査とかしなきゃいけないのかしらねぇ???

★さやかさん
「なんで最低限のルールすら守れないのか?」
って、ホントに不思議なのです。

全部自己満足で、それで自分が良ければオールOK。他人がどう思おうと知ったこっちゃない、と言うコトなんでしょうか?

できればCUEさんのサイトで常時、「観劇・イベントに関するマナーについて」ご本人達の気持ちも交えてページを設けて頂きたいです。

もちろん常識あるブロガーさんたちも、これからも注意を促してくださるでしょうね。でもね、これだって「リスク」を負ってるんですよね。こう言う記事書く時、気持ち的にもうんざりするし、「うちわ振った人がいる」とか「プレゼント渡した人がいる」とか具体例を挙げるってコトはつまり、ほぼ「特定の個人」に苦言を呈してしるワケです。もちろんその方自身やその方を知ってる人がそれを読めば、「私のコト!?」ってお怒りになるかも知れません。
それによって何が起こるか知れない。
ある程度覚悟をして書かれてるってコトです。

でもねぇ、良くなって欲しいです。「ナックスのファンは最高だね」って思われたいのです。

投稿: ことぶき | 2006/09/22 10:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61776/11981582

この記事へのトラックバック一覧です: 残念ながら:

« 道端の草木と言うよりは… | トップページ | もっと具体的に »