« 残念ながら | トップページ | もうヤダ。 »

2006/09/22

もっと具体的に

どうせみなさん「ウルフルズ」にはご興味ないんでしょ? でもいいの。あたしは書きたいコトを書きますよ。

はいはい、そうです。今日も「ウルフルズ」ですよぉ、みなさん。 おめでとうございます。

「ことぶきさんとこ更新されてるわ」って思って読んでくださって申し訳ないけど、

今日もウルフルズですよぉ(笑)

とうとう100曲超えましたが、アルバムを全部持ってるワケではないんです。全部の曲が好きなワケでもない。やっぱり好きな曲もあれば嫌いな曲もある。iPodに入れる段階でより分けて、その中でも良く聴く曲に分けたら、結局30曲未満になるのです。

その中でも「これはちょっとヤバイです」と言う曲をご紹介しようかと思います。

「ウルフルズ、いいです」

と言っても、具体的に挙げないとね。それで興味を持ってもらって聴いてもらえたらいいなぁ…と思ってね。

まずは

★『暴れだす(Full Version)』
タイトルだけ聞いたら激しそうですが、そうでもないです。どっちかと言えば「切ない」です。

心がとても落ち着かなくて抑えていられない…そんな気持ちを歌い上げているのです。

いろんなシチュエーションがあったと思うのだけれど、「どうにもならない時」「悔しい時」「悲しい時」「愛おしすぎて切ない時」、自分の心が自分のものじゃないんじゃないかって思う瞬間。

この曲を聴くと、それがよみがえってきて切なくて痛い。

そしてそれを切々と歌い上げるトータスさんに「きゅん」となっちゃう。

これは「ヤバイ」です。

次。

★『ぼくのもの』
アルバムに収録されてる『ぼくのもの (YOU version)』じゃなくて、iTunes storeでしか聴けないバージョンの方。

こっちの方が好きです。ピュアな感じがして。
まだ恋愛初期の「探り探り」な時期っつーのかな。「探り探り」なんだけど、「ストレート」なのですね。

かわいいねぇ…(遠い目)

それから。

★『僕の人生の今は何章目ぐらいだろう』
山崎まさよしで言ったら『Passage』に当る曲なんじゃないかな? 自分の人生を道や小説に例えて、「今はどの辺りかな?」って振り返る曲。
どちらの曲にも共通して言えるのが、「先は長いぞ」と言うコトと、今までの、そしてこれからの一日一日をとても大切に思う心があるコト。

これは藤村さんのランニングの話にも共通すると思うんだけど、人生って長いけど、遠い先ばかり見て「あそこまで行かなきゃ」「なんでこんなコトもできないの?」って思ってると辛くなるけど、足元だけ見て、周りの景色を見て、道端の草木を見て「きれいだな」なんて思いながら一歩一歩、歩を進めて行けば、知らないうちに遠くまで来てる、なんてコトになるんじゃないかと思って。

なんでも、いきなりそこに現れるものなんてないからね。全ては積み重ねの上に成り立つものだものね。

是非、夏の夕暮れに、屋外ライブで聴きたい一曲。

★『ダメなものはダメ』
なまら好き(笑)

「宴会するぜ。金のコトは心配するな。どうせ事務所が払うぜッ!!!」

って言ってると、事務所から

「ダメダメ。勝手なコトするな」

って怒られる。

レコーディングが終わって

「次はツアーだッ!!!」

って息巻いてると、メンバーの一人が

「実は一ヶ所、音、間違えてました」

って(笑)

「そんなコト、今さら言ってもダメだよッ!!!」

って怒られる。

そんな内容の歌です。関西弁で、しかも途中、セリフも入る。それがまた笑える。何回聴いても笑いえる。オチもわかってるのに。

いや、むしろその“オチ”のところで何かやってた手を休めてガッとスピーカーの音量を上げて聴いちゃうな。

この辺り、どうでしょうに似てますね。何回も聞いてる名台詞が決まった瞬間の爽快感ね。

「よし、決まったッ!!!」

っちゅう(笑)

※ ※ ※

そんなワケでして、具体的にことぶきのおススメ ウルフルズソングをご紹介しました。

あたし個人としましては、今年は音楽に関して幅を広げてる年だなと思います。

ラジオも聴かないし音楽番組も観ないので、本当に流行には疎いんですが、それとは別に、自分の好きなアーティスト以外の曲を聴いてみようと積極的に動いてるなと。

「SE-NO」だったり「Monkey Majik」だったり、「ウルフルズ」だったり。

それにはネットで聴きたい時にシュッと音楽が手に入る便利な世の中になったのも一因で、いいコトなんじゃないかと思います。

それで新譜が出た時は、レンタルやネットで配信されるまでに時間が置かれますからね、それを待てるか待てないか、なんですよ。そこまで好きになれるか、なれないか?

まさやんやスキマスイッチだったら、待てないですから即、CD買いに出掛けます。

それが、彼らの仕事に対しての評価になるワケですからね。

来月発売される「Monkey Majik」の新譜は買うと思うな。

ネット配信はあくまでも「取っ掛かり」と言うコトで、もっとiTunesで聴ける曲が増えたらいいのにね。特にソニー関係のアーティストのみなさんね…

シカオちゃんなんか、ポッドキャストで新譜紹介しておいて、iTunes storeで配信しないもんな…どういうコトだよ。

|

« 残念ながら | トップページ | もうヤダ。 »

ウルフルズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61776/11992464

この記事へのトラックバック一覧です: もっと具体的に:

« 残念ながら | トップページ | もうヤダ。 »