« 『VS』。割とあっさりでした。 | トップページ | 《新大泉国語辞典 第二版》 »

2006/08/14

《新大泉国語辞典 第一版》

先日、本になった「ジャポニカロゴス」のお話をして、それで取り上げられた「新明解国語辞典」の、あの主観的な物言いはどうも大泉さんに似ていやしないか? と問うたところ、なんと小春さんにご賛同頂けたと言うコトで気をよくしかけていることぶきです。

妄想列車、発進です。

だってさ、家の中でゴキブリを見たら、あと30匹はいるって話じゃん。

じゃあさ、 「大泉洋、新明解さんに似てる説」に賛成の人はあと60人はいるのよ。あたしと小春さんの分でさ、30、30で60人よ。

だったらさぁ、成立すんじゃない? あたしの新たな妄想もさ。

いや、だからね、思ったワケ。洋ちゃん主観の国語辞典があったらおもしろい、って。
だからってもちろんご本人がそんなコトしてくれるわきゃない。

そこでね、あたしのこの妄想力で、妄想の世界でだけでも実現できないだろうかと言う試みです。

彼ならこう書くだろう、と言う、あくまでもあたしの考えなんだけど。

例えば、新明解さんで必ず取り上げられる語句、【恋愛】。この項目を新明解さんをベースに《新大泉国語辞典》として世に出すのです。

まぁ、言ってみれば「なりきり辞典」ですよ。

じゃじゃじゃじゃあ、さっそくやってみましょうか。

【恋愛】
特定の異性に特別の愛情をいだき、高揚した気分で、二人だけで一緒にいたい、精神的な一体感を分かち合いたい、出来るなら肉体的な一体感も得たいと願いながら、常にはかなえられないで、やるせない思いに駆られたり、まれにかなえられて歓喜したりする状態に身を置くこと。

また、その思い出は美しく、鬱陶しがられても人に喋りたくなり、果てにはドラマなってしまうこともある。
私の場合、佐藤重幸氏曰く、「おままごと」らしい。…ほっとけ。バカ。

こんな感じ(笑) もっと行こうか?

【猫】
家に飼う小動物。形はトラに似ていて、敏捷。暖かい所を好み、ネズミをよくとる。また、愛玩用。
忌々しい。気が知れないな。

おほほほ。なかなか楽しいですなぁ。
またヒマがあったらやってみたいです。

|

« 『VS』。割とあっさりでした。 | トップページ | 《新大泉国語辞典 第二版》 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

もうヤダことぶきさん(笑)。
ヒマがあったらまたやってくださいよ、コレw

ちなみにあたしも、似てるかもって思ったひとりです。
だから、90人はいるねw

投稿: みほちん | 2006/08/14 22:21

やっぱみんな思ってんだよ!ことぶきさん
思ってなくても洋さん知ってる人に新明解さん渡したら解ってくれる!
つぅか、ゴキブリなんだね。まず入り口がゴキブリなんだね(笑)
もう。やっだなぁ。ことぶきさんたら!
でも私東北だから1匹でたらそれは希少だと思う。最近はじめてみたもの。
さらっとVSもってくるところが旬だね!逃さないね!
楽しかったですよぉ!くぅぉ~時間があれば私も・・・

投稿: 小春 | 2006/08/15 01:07

うちにある国語辞典も新明解でした。
そして、ことぶきさんの説に賛成です。
“あと60人はいるのよ”のうちの1人です。(笑)

それにしても、いいですねこれ!『新大泉国語辞典』!
おもしろい♪ 実際あったらきっと愛読書だな。(笑)
ページ数がえらい事になってそうですが。(^^;)
…【ひげ】とかだったらやっぱりおなじみのアノ人のことが
出てくるのかなぁ。(^m^)
ああ、楽しい!
機会があったらぜひまたやってくださいね!

投稿: さやか | 2006/08/15 02:04

★みほちん
あたくし、気づきました…
ここに賛成意見で書き込んでくれる人が増えると、×30で予測人数が増えるんです…でも家でゴキブリを3匹見つけても、きっと90匹はいないはず…いや、逆にいたら怖すぎです(泣)

でもでも、あたしの予想していたよりも賛成意見が多いですから、きっと潜伏賛成者は多いと信じてますよ。

★小春さん
…なぜかねぇ…ゴキブリを思い出してしまいました。
いや、でもね、ゴキブリは氷河期を生き抜いたたくましい生き物です。新明解さんによると、「触ると臭い」そうですが。

静岡だって、そんな年中見れるもんじゃないですよぉッ!! 我が家では1年に1回…かな?
あれねぇ、飛ぶんですよ。ただでさえ素早いのに、飛んだらもう、ヤツの行動範囲は無限大です…(泣)

やや、みなさんも辞書読んでやってみましょうよッ!!! 十人いれば、十人の脳内大泉洋がいるはずですッ!!! 「十人十洋」(笑)

★さやかさん
>ページ数がえらい事になってそうですが。(^^;)
そうですね、しかも発売日が延期になるでしょうね(笑)

【ひげ】もそのうち出したいです。いきなりのっけからダッシュしちゃうと、あとあとしんどいですからね。

みなさんのおうちの国語辞典はなんなんでしょうね? 新明解さんのシェアって、すごく高いそうです。
でもうちのは元々「三省堂」だったんです。高校時代は「岩波」を持ってるのがステータスでしたよ。
「新明解」さんを知ったのは赤瀬川原平さんの『新明解さんの謎』って本でした。あれは最高です。

投稿: ことぶき | 2006/08/15 11:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61776/11429509

この記事へのトラックバック一覧です: 《新大泉国語辞典 第一版》:

« 『VS』。割とあっさりでした。 | トップページ | 《新大泉国語辞典 第二版》 »