« 静岡のみなさーんッ!!! | トップページ | ツッパるコトが「男の勲章」なら、どうでしょうステッカーは「どうバカの勲章」なんです。 »

2006/07/15

「R30」、実にいい番組でした…(しみじみ)

あんなにちゃんといろんな話をプラスイメージで放送してくれた番組って…あったかしら? あったかも知れないけど、やっぱり今回はよかったと思うのです。番組の最後で洋ちゃんも言ってたけどね。

大泉洋と言うタレントさん…つうか、本人そのものを語る上でも、「水曜どうでしょう」って番組は絶対外せないワケです。それを、他局系にも関わらずあんなにちゃんと紹介してくれて、あんなに洋ちゃんのどうでしょうへの“愛”を感じられたトークはなかったなぁ…

途中、きゅーん としちゃってねぇ…あたしは。鼓動が高鳴ってしまいましたよ。

自分が愛してるもの(番組)を、自分が愛してる人(出演者)が、「こう思っていて欲しい」と思ってる風でいてくれるのが、とってもうれしい。

特に彼の場合、そう思ってるのが嘘じゃないってわかるから、テレビに映ってるコトが全部「本当」だってのが、なおうれしい。

テレビは本当のコトばかりじゃないし…

ただ、ここんところはたぶんみなさんもあたしも、そして洋ちゃんも思ったであろうけど、「どうでしょう」の紹介VTRで、かなり長めにサイコロの映像とか流してたけど、 「どうでしょう」は一瞬見たっておもしろさは伝わらないのよね。全部見ないと。

しかも一回見て「すごいッ!!! おもしろいッ!!!」って思えるんじゃなくて、じわじわ来るのよ。もういっそ岩盤浴みたいなもんですよ。

番組を見てるその時じゃなくて、見てない時にふと、「おもしろいな」って思っちゃうと言うか…薬で言えば『漢方薬』ですよ。即効性はないの。気が付いたら効いてるの。(いや、これはあたしが「どうでしょう」を好きになったプロセスなんだけども)

だから、あんなに時間を割いてVTRを流して頂いたのはホントにうれしいんですけど、

「おもしろさは伝わらないんじゃないかな!? (ドキドキドキドキッ!!!)」

と思っちゃうんです。今回に限らず、いつもなんだけど。

それをまるで、あたしの気持ちを代弁してくれるように洋ちゃんが

「これだけ見ててもおもしろくないかも」

みたいなコトを言ってくれて、やっぱり彼も「どうでしょう」の特殊さをちゃんと理解してるんだな。一緒なんだ、って思えてうれしかった。

同じなんだねぇ…(しみじみ)

その他のトークもね、いちいち全部、一度は聞いたコトのあるエピソードなんだけど( 「自殺マシーン」は初耳だけども)、洋ちゃんの口から感情を入れ込んで話されるそれは、なんだかやっぱりちょっと手に汗握ってしまうと言うか、正座しながら見入っちゃうと言うか、目が離せませんでしたし、45分の番組が「短い」と感じたし、 洋ちゃん的にも太一くん的にもあたしたち的にも「100点満点」の出来じゃなかったかしら と思います。

よかったなぁ…TBSさん、ありがとう。

あ、あとひとつね…これはあたし自身が「身長コンプレックス」があるからなんだろうけども、一緒に映ってる人よりも洋ちゃんの方が背が高いと、

「やったッ!!!!」

って思ってしまうのね。

「洋ちゃん、また勝ったねッ!!! イエイッ!!!」ってね。

|

« 静岡のみなさーんッ!!! | トップページ | ツッパるコトが「男の勲章」なら、どうでしょうステッカーは「どうバカの勲章」なんです。 »

CUEさん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61776/10947203

この記事へのトラックバック一覧です: 「R30」、実にいい番組でした…(しみじみ):

« 静岡のみなさーんッ!!! | トップページ | ツッパるコトが「男の勲章」なら、どうでしょうステッカーは「どうバカの勲章」なんです。 »