« わたくし、唸りました。 | トップページ | 要するに……言い訳やな。 »

2006/06/15

バカは得だなぁ。

なんかふと、長らくどうでしょう・CUEさん関連の話題を書いてないなぁ…と気付いてしまいました。

だって、実際それどころじゃなかったんですよ。ホント。自分のコトで精一杯だったんだもん。ホントに落ち込んでる時は、洋ちゃんもどうでしょうも見たくなくなるもんです。そこは自分との戦い。そして這い上がって、そこからもう1ステップ這い上がる時に見る洋ちゃんやどうでしょうは効果的です。

ホントにホントにねぇ、大泉洋と言う人があたしを支えてくれる人だったらどんなにいいだろうかとか考えるけどねぇ、実際そんなコトも有り得ないワケだしね、そこんところは現実的になるワケです。妄想もほどほどです。

そんなワケでして、ここ数日間は穏やかな日々を過ごしております。「別雷神社」で手を合わせてから、母の様子が治ってしまいました。すごいね。100円賽銭箱に入れただけだよ、あたしは。

なので、ひとなみさんから借りたtvkの「リターンズ」を見たワケです。
「試験に出る日本史」です。

言っておきますけど、あたしは日本史には明るくないです。まったく。真っ暗ですよ。

高校の時は「世界史」でした。それも学校側から無理矢理あてがわれた格好です。「選択」とか言ってますが、選ぶ余地がなかった。理科もそう。あたしは物理がやりたかったのに、なぜか「生物」。技術系は「音楽」だったねぇ…美大希望だったのに。ワケわかんねぇって。

あのねぇ、女の子は「暗記物」が強いそうですよ。だからうちの学校では、受験対策として「暗記物科目」に力を入れようと言うコトだったようです。

しかも、あたしのクラスは新しい学科を作るにあたっての「実験クラス」で、1クラスが3年間持ち上がりでしたから、そこから専攻科目を別けるほど学校側に臨機応変な対応は望めなかったのです。

そんなワケでして、思いっきり暗記苦手なこのあたしは、「女の子だから」と言う理由で社会は「世界史」(広く浅く)、理科は「生物」を取らされてしまったのです。

苦手なものは、ある程度突き詰めるといいところが見えてきて好きになるか、もしくはどんどん嫌いになるかのどちらかです。

あたしは思いっきり後者でした。
赤点は取らなかったけど、テストは平均点以下だし、追試だし、追試やっても平均点以下だし、また追試だし。
最後には世界史の先生に

「君はもう…いいですから」

って、何が「もういい」のかわかんないけど匙投げられて、できないから一層嫌いになっちゃった。

そんな時、歴史モノが得意な友達に、どうしたら好きになれるか聞いたのです。

すると彼女はこう言いましたね。

「小説だと思えばいいんだ」と。

歴史の教科書の中には、いくつもの物語があって、勉強だと思うからおもしろくない。小説だと思えば、すごく楽しい。

彼女はこう言ったのです。

あたしにはさっぱりでした。さっぱりその意味がわからない。教科書は教科書だろ? そこに書かれてる人名と事柄と行間に、どんな物語を読み取ればいいんだ?

結局あたしは、歴史嫌いのまま学生時代を終えてしまったのです。

さぁさぁ、話が回りくどくなりましたが、高校を卒業して10数年。彼女の言葉、その言葉の真意を理解できた一瞬がついに、あたしに訪れたのであります。

水曜どうでしょう「試験にでる日本史」。

あたしは画面に映る安田顕さんに自分を重ね合わせるのです。

まったくの歴史音痴。織田信長っつったって、どうやって天下取った人なのかなんてちっとも知らないです。

だけど、きっとビデオを見てるあたしを横で見てる人がいたら、あたしが子供みたいに目をキラキラさせて好奇心満ち溢れる顔をしてるのがわかるでしょう。

大泉校長の話が、すごくよくわかる。

「そして信長はどうなったの??」

昔、母親に読んでもらった昔話のように続きが気になる。

ミスターが

「バカは得だなぁ」

って言うけど、ホント得しました。お市の方とか、名前は知ってたけど、知らないもん、信長の妹だったとか。そんな程度だもん、あたしの知識なんてさ。

そして思い出したんですよ、友達の言葉をね。

「これかッ!!! なるほど。まさに小説だわ。面白いッ!!!」

あたしは唸りましたよ。

すごいねぇ。こんな授業だったら、あたし歴史好きになってたよ。学校の先生は是非、どうでしょうを教材にした方がいいね。歴史嫌いでも食いつくと思うなぁ。

うーん。バカは得だわぁ。

|

« わたくし、唸りました。 | トップページ | 要するに……言い訳やな。 »

水曜どうでしょう」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
「試験に出る~」は、面白かったですね。
私は考古学好きが高じて、歴史や古典、地学など
地球誕生から今日までの歴史が大好きなので、
大変興味深く見させて頂いたんですよ。
高校時代、教師と一緒に問題作るような歴史好きでしたが(笑)
大泉校長の授業は切り口が上手かったと思います。
一見無駄話になるけれど、あーゆー話は大事なんですよね。
まず生徒に興味を持たせないと、学ぼうという意欲がわきませんからねぇ・・・。
私と一緒に見ていた歴史サッパリ安ケン状態の友人も、
大泉校長の話にはかぶりついて見てましたよ。
そして語呂合わせを一生懸命暗記してました(笑)。
むしろ、語呂合わせが覚えられない暗記が苦手な私は、
それの方がサッパリでしたが・・・(ーー;)。

投稿: みーや | 2006/06/16 07:53

こんにちはー。
私も試験に出るどうでしょうは大好きです。
それも「信長」あたりは本当に勉強になりましたねぇ。
特に、NHKの「功名が辻」で信長全盛期の時代を見ていた時
本当に「どうでしょう、ありがとうっ!!」って思うぐらい楽しめました。
でも、きっとこれは中高生の私にはやっぱり理解しずらくて
今の大人になった歳だから面白く感じれるのかなぁと思ったり。
とにかく、今私の中では「日本史」ブームで
歴史にともなった時代劇とかは欠かさず見たりしています。
これって多分どうでしょうで校長の授業を見て以来
はまった様な気がします(単純な私です)

投稿: にゃにゃ | 2006/06/16 11:28

★みーやさん
こんにちはー。
こんな授業をしてくれる先生だったら、あたしも歴史好きになれたかも知れないです。
中学の時、すごく理系嫌いだったあたしに、理科の先生が自信をつけてくれたんです。そしたら数学大好きになっちゃった。
小学校の算数は「2」だったのに、高校では「9」。
だから、先生って大事です。その人の人柄とか、テクニックとか。

ヤスケン状態のご友人も、得したワケですね。あの企画は、やっぱり知らない方が得ですよ。

語呂は確かに、あたしも覚えられないです…
どう本での語呂特集はいつになるんでしょうねぇ?

★にゃにゃさん
こんにちはー。
さすがに歴史小説やドラマまでは至らないんですが、どうバカ友達のひとなみさんは大の歴史好きですね。城フェチです。
「功名が辻」も見てらっしゃる。

そうですねぇ、学生の時に興味が湧かなくて理解できなかったコトも、大人になって「こういうコトだったのかッ!! なるほどッ!!」って思うコトが多いです。

大好きな作家の方が戦国時代を舞台にしたファンタジーを書いて、これなら読めそうッ!! って思ったのに、同じような名前とか難しい言葉を覚えられなくて、結局読めませんでした。
大泉校長が噛み砕いて説明してくれて、ミスターも交えて「小芝居」を打ってくれたらなぁ(笑)

投稿: ことぶき | 2006/06/16 13:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61776/10534088

この記事へのトラックバック一覧です: バカは得だなぁ。:

« わたくし、唸りました。 | トップページ | 要するに……言い訳やな。 »