« 第33回大泉洋お誕生記念 | トップページ | 我が人生に幸あれ »

2006/04/04

バカに歴史あり

えー、本日はさかき@福島さんからご要望のありました「ベトナムTシャツ」のお写真をご披露したいと思いますよ。

そもそも「ベトナムTシャツ」と言いますのは…

あたしも詳しいコトはわからないのですが、要は、水曜どうでしょうDVD全集 第1弾の最終夜の後枠で大鈴さまご両人がご着用になられていたTシャツです。

えー、これを…「写真集2」と同様、オークションで入手致しました。

Dsc03373

Dsc03374

もうこれを聞いたらきっと、うれしーは涙を流して悲しむでしょうね。藤村さんには間違いなく、「バカ野郎」と一喝されるでしょう。

今考えると、こんなTシャツどこへ着ていくよ? って感じです。恥ずかしくて普通の心境じゃ、とっても着られません。まず、玄関を出ようとしたところで家族に泣いて止められます。

一応あたしだって普通にみなさんと同じように一般ピープルな生活をしてますよ。バカなコトばっかりしてるからって、別にバカばっかりいる村とかに住んでるワケじゃないんです。そこらへん強調しときますよ。

それでね、念願かなって手に入れたこのTシャツに一度は袖を通しましたよ。でもね、鏡の前でいいだけ笑って…脱いだよ。
あぶなかったね。ちゃんと普通の倫理観を持ってました。
おめでとう、自分。ありがとう、自分。

だから、どうしても手に入れたいほどの代物ではないんです。しかし、どうバカになり立てだったあの頃、とにかく「どうでしょう」と名の付くものはなんでも欲しかった…

これを「渇き」と言うのでしょうか?

しおれ切ったあの頃のあたしの心を充たしてくれるのは「どうでしょう」だけだったのです。砂漠の真ん中で泉を見付けたのです。そんな状況だったら、胃が痛くなるほど飲んじゃうでしょ? お水を。

そんな心境を、みなさんはわかってくれるでしょうか?

…と、同情を集めておいてついでに、その頃同じく手に入れた代物をご覧いただきましょう。どんどん同情も冷めていきます。
最後に

『ああ、こいつはやっぱりバカ村のバカ村長だ』

と蔑んでもらうのも一興です。

題して「バカヒストリー」。
では、これ。

Dsc03378

「写真集2」のおまけのめんこ。

別に写真集に付いてきたワケじゃないんです。違うルートから入手。

次ー、「onちゃんカレンダー」。

Dsc03377

もちろんすでに「カレンダー」として使用はできませんでしたけど、持ってるだけで幸せ。実際に企画自体を見ながらカレンダーをめくった時は、感動もヒトシオでした。

次ー、CUE10周年のジャンボリーパンフ
確か…諭吉2枚分。笑えねぇよな。

Dsc03375

他にも雑誌の切り抜きとか、初代どうでしょうストラップとかいろいろです。総額にしたら…軽く両手? (いばれない、いばれない)

…まぁ、でもね、いくら昔のモノを手に入れたとしても、自分自身が昔からのファンになったワケではないのです。どうしたって10年前からどうでしょうを見続けてきた人には勝てないし…いや、勝ち負けの問題じゃないけど、モノを持っていたからって歴史は変わらないんですよ。

でもね、やっぱりオークションは魅力的なんですよねぇ、困ったことに。

|

« 第33回大泉洋お誕生記念 | トップページ | 我が人生に幸あれ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

早速見せていただいて、ありがとうございました!
後ろのデザインは、そのままでも着られそうなデザインなんですけどね。流石に正面が(笑)
ちょっと正面を改良すれば日常で着られそうな感じなんですけど...あの勢いのある絵が魅力といえば魅力!

でも、グッズに手が出てしまう心境はよ~~く分かりますよ!※この辺にも共感。
私は正規の料金でしか入手していませんが、相当な金額をつぎ込んでいると思います。
だって、やっぱり欲しいんですもの!!
実際に使うわけではないけど、持っていると嬉しいというか...

今一番欲しい昔のグッズは、予約特典のポストカードと対決列島ののぼり手ぬぐいです。あ!あと四国R-14のビデオ。DVD待ちですが、ビデオも魅力的!

投稿: さかき@福島県 | 2006/04/04 20:38

いや〜見事な散財っぷりに脱帽ですよ。
わたしゃまだまだ愛がたりないって思ったわよ
どこまでヤフオクでグッズをそろえられるか?チャレンジしてくださいよぉ〜。こうなったらね。

投稿: koharu | 2006/04/04 21:33

おわぁぁぁぁ・・・、素晴らしい。
あまりにアレな数々に、見入ってしまいました。
散財ですねぇ。いや~、素晴らしい。
そして書きっぷりが、小気味良いですね♪
気持ちいいったらないです(笑)。

しかし、私も元手になるモノがアレば、
同じ事をやらかしたかも?と激しく思いますので、
ことぶきさんのお気持ちは分かるつもりです。
私も、砂漠でオアシスを見つけてしまったら、
湖の水を飲み干すつもりで飲むんじゃないかと思いますもの。
私など昨年の春に『どうでしょう』を知ったビギナーですから、
未だこう、知らなかった『刻』を埋めたい。と、
切望してしまうところがあるんですよね(^^;。

投稿: みーや | 2006/04/04 22:27

★さかきさん
確かにTシャツの裏は普通です。何日のどこまで到達したかって言うのが書かれていていい感じですよぉ。
しかし、如何せん表がね…着られるコトを拒否しているなぁ。
いつか額に入れて飾りたいです、こうなったら。

対決列島の手ぬぐいも…実はオークションで狙っていたんですが落札までに至りませんでした。あれもいい感じですよね、欲しいなぁ…
R-14も…(笑)…実は(省略)
でもこれはDVDを待ちます。

★koharuさん
愛のあるなしじゃなくて、たぶん「我慢」が足りないんだと思う…

猫は額が狭いと言いますけど、前頭葉がないんですって。前頭葉がないってコトは、先のコトを考えられないらしいんです。
「ねこに未来はない」
と言うあたしの大好きな詩人「長田宏」さんの本なんですが…だから、子猫であるあたしも前頭葉がないのよ、きっと。事実、額狭いもの(笑)

★みーやさん
散財です、まさに散財ッ!! 財産と呼べるようなものじゃないですけど。

最近は『過去』を追うよりも『今』を追うのに精一杯で…ほら、祭り費用とか…だからオークションには手を出してません。
あとは自分自身で刻む歴史です。ホントのバカヒストリーですね。

投稿: ことぶき | 2006/04/06 10:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61776/9423878

この記事へのトラックバック一覧です: バカに歴史あり:

« 第33回大泉洋お誕生記念 | トップページ | 我が人生に幸あれ »