« メイクミラクル です。 | トップページ | 本屋さんへ行くと、「東京タワー」の帯が変わっていました。 »

2006/04/13

犬の○○○を止めようとした話。

あたしも、数年前に死んだ愛犬のコトを未だに自慢する人間ですからね、随分な犬好きなんです。

猫のコトはあんまりわからないけど、犬は思いっきり性格と表情が顔に出ます。表情筋はなくても、尻尾をぶんぶん振り回して舌を出している顔は、どう見たって笑っているようにしか見えません。

だから、うれしーの気持ちもよぉぅくわかります。 (12日のうれしー日記参照)

洋ちゃんはきっと、その辺の犬の表情がわからないんでしょうね。ゴキブリが何を考えてるかわからないように、犬や猫が何を考えてるのかわからないから怖いんだと思うんです。

そんなあたしですから、犬の方も割とあたしを受け入れてくれます。友達の人見知りが激しいと言う犬も初対面で打ち解けたし、バーベキューに突如現れた、リードなしで散歩してる犬も、巧みに誘導して追い払ったし、犬からも理解されているんだと自負しております。

そんなことぶき、小学5年生。 (また思い出話さ)

その頃、ご近所に野良犬がわんさかいまして、その中のリーダー核の犬が、あたしと妹に懐いていました。

高台に上って名前を呼ぶと、どこにいても走ってやってくるのです。

だから放課後は、数人の友人と、数匹の野良犬を引き連れて、神社の裏山なんかで遊んだもんですよ。

そんなある日、首輪抜けをして逃げてきた飼い犬と、あたしたちの野良犬がケンカをはじめてしまいました。それは見るからに「本気」でした。
「本気」と書いて

マジ

です。喉元を噛まれたら致命傷です。

あたしはどちらの犬も知っているので、どちらにも怪我をしてもらいたくない一心で、自分でも信じられない行動にでました。

本気で戦う獣の間に割って入ったのです。

牙をむき出してかみ合う犬に

「ケンカはやめてッ!!」

と悠長に言いながら、片方に噛み付いた犬の口をガシッと掴み、引き離そうとしました。

さながら2頭と1人でくんずくまれずとなり、とうとう恐れていたコトが起こったんです。

噛まれました。がっつり。

しかし、あたしが上げた悲鳴に2頭が我に帰ったようで、いきなりケンカは止んだのです。

幸い、噛んだのは飼い犬の方でした。 予防接種も万全。

噛んだ方の犬は、「申し訳ない」と言った感じであたしを心配そうに見ていたし、相手の犬も思いっきり反省状態でした。

「わかってくれればいいから。あたしは大丈夫だから」

2頭の犬に言います。

そう言ったものの、やっぱり痛いワケです。犬の歯型がついてるワケですから、腕に。

かと言って、親にも言えません。犬に噛まれただなんて。血は出てるけど、病院に行けません。

まずいなぁ…

そう思いながら部屋で傷口を押さえていると、家の前に野良犬集団が集まってきて、

「さっきは悪かったぁ」

「ごめんよぉ」

と心細げに泣き出したのです。

犬はね、反省もするんですよ。

ですから、噛まれて痛かったけど、犬嫌いにはなりませんでした。

その後、野良犬たちは保健所に連れて行かれました。どんな末路をたどったかは、親に聞いて知っています。

あいつらは、なんにも悪くないのにね。

そしてその1年後、妹が学校でガムテでぐるぐる巻きにされていた子犬を拾ってきたんです。野良犬のままではまた保健所行き。

あたしたちは必死で親にお願いして、家で飼うコトになったのでした。

その子は16年の寿命を全うし、数年前に天国へ召されました。

犬にとって、首輪でつながれて一生を送るコトが幸せかどうかわかりませんが、今のこの国では、そうしない長生きできないんです。

願わくば、野良犬軍団と同じ運命をたどる犬や猫たちがいなくなるコトを、切に願います。

あれ? うれしー日記の話と全然違うけど??

ま、いいか。

|

« メイクミラクル です。 | トップページ | 本屋さんへ行くと、「東京タワー」の帯が変わっていました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ことぶきさん、こんにちわ!
昨日のうれしーの日記を拝見して、なんだか胸がキューンとなっていたのですが、ことぶきさんの日記を拝見したら、うっかりキューン所かポロリと泣いてしまいそうでした^^;
ダメですね。こういう話は。
ワンちゃんとミニことぶきさんがとてもかわいいし、本当に懸命だから、尚更ダメです…(泣)

実は私、犬好きさんには本当に申し訳ないのですが、大きなワンちゃんが苦手なんです。
ことぶきさんと同じく、幼い頃に大きな犬に噛まれたことがありまして、それ以来、仔犬以外には触ることが出来なくなりました。
見るだけだとカワイイと思うんですけどね。
やっぱりトラウマなんでしょうなぁ…。
私もミニことぶきさんのように、幼い頃に噛まれた恐怖心を克服できていれば、こんな事にはならなかったんだろうなぁと思います。
だってやっぱりワンちゃんはカワイイですもんね。
今度、大きな犬と戯れるキッカケがあったら、勇気を出して優しく撫でてあげたいと思います^^

それと、ここで1つお知らせを。
昨日からブログをお引越し致しました。
大変ご迷惑をお掛け致しますが、ドリコムのURLを登録しなおしていただけるとありがたく思います。
宜しくお願い致します!

毎度毎度、長々としたコメントで本当にスミマセン^^;

投稿: テン | 2006/04/13 17:15

★テンさん
ドリコムさんの登録変更完了しましたッ!!
(>Д<)ゝ”

大きいワンちゃんも、顔を見ると
「こいつ賢そうだなぁ」
とか、明らかにバカっぽいヤツとかいて、

噛まれてもいいから触りたいッ!!

と思ってしまいます。決してあの時の痛みを忘れたワケじゃないんですが…

動物は、あんまり目を見ちゃいけないのと、怖がっていると逆に向こうも緊張して噛んじゃったりするので気をつけてッ!!

子犬は無条件でかわいいですよねぇvvv

愛犬が死んだ日、遺体を前にして
「こいつのために何かしてあげれただろうか?
首輪につなげて『飼うコト』が良かったのか?」
とずっと考えました。

でも、散歩の折り返し地点で
「帰ろうか?」
と言った時、ヤツはちゃんと我が家の方に歩き出したし、リードを放してもちゃんと戻ってきたし、少なくとも「納得」はしてくれてたのかな?と思ってます。

死んじゃうのは悲しいけど、それ以上の想い出をもらったから…ヤツには感謝しきれないです。

投稿: ことぶき | 2006/04/14 10:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61776/9566564

この記事へのトラックバック一覧です: 犬の○○○を止めようとした話。:

« メイクミラクル です。 | トップページ | 本屋さんへ行くと、「東京タワー」の帯が変わっていました。 »