« 社長の金庫の中のハンコ | トップページ | 流行語大賞、ノミネート作品 »

2006/03/20

ことぶきの思い出話

昨日のサンサンを雑音混じりに聞いていたんですが…百人一首を覚えなきゃいけないとか言ってたじゃない? そんなコトあったっけ?
※「本州の学校は百人一首を覚えなきゃいけない」と言う投書があったのね。

洋ちゃんはびっくりしてたけど、あたしもびっくりだよ。

あれ? そんなコトあったんだ? 東北ではやってなかった模様ですが、静岡どうよ? 記憶では…「百人一首大会」があったのは覚えてるんだけど、覚えなきゃいけないまではなかったような気がするんだけど。

それよりも、「平家物語」とか「枕草子」とかをバカみたいに覚えた記憶があります。
「平家物語」は確か、クラスでいちばん最初に暗記できて褒められたっけ。負けず嫌いだったから、あたし。

話は変わるけど、英語の時間の和訳。みなさんはどれくらい訳してました?

あたしは…「必要以上に口語訳」を貫いていました。

高校時代、英語の時間が毎日必ず2時間ありました。毎日「予習」として、「和訳」しなければならず、面倒くさがった友達は、毎日あたしのところにやってきました。

「…なんで毎日あたしが苦労して訳してきたものをこいつらに分け与えなければならないんだ? あたしが予習をしていたその時間、こいつらはテレビでも見てアホ面してたんだろ?」

あたしは思ったんですねぇ…

「そうだ、当てられた時に恥ずかしいような訳を書いてきちゃえッ!!」

それで、それまでの「まんま和訳」から、いわゆる「意訳」に切り替え、例えば、

「ナンシーッ!! 次の日曜日買い物に付き合ってくれよ」

「あー、ダメダメ。その日はボブと約束があるの、ごめんねー」

「なんだよ、ボブの野郎。抜け駆けしやがってッ!!」

みたいな感じにし、バカ正直にそのまま書き写した友人たちは、授業中、ひとり演劇をしなければならない破目になるのです。

まぁ、それは自分も同じなんですが、あたしは結構それを楽しんでいて、人物ごとに声色を変えてみせるなどしていました。

「うーん…ことぶきの訳は、おおまかには合ってるけど、随分な意訳だな。そして、かなりの人数、書き写してるだろ?」

クラスの1/3ほどがいきなりフレンドリーな訳をし出し、予習をして来ない人たちのコトがばれてしまいました。

ふふ、正義は勝つッ!!

それまでしてちゃんと予習を欠かさなかったあたしでしたが、成績は中の上

そして今でも友人の間で語り継がれていることぶき伝説があります。

外国人の先生が週に1度授業をしてくれるんですが、日本語をまったく喋れないので、もちろん全部英語なんです。

訳すのは得意だけど(笑)、作文するのが苦手なあたしは、彼女とのすべてのコミュニケーションを

「アイ ドント リメンバー」

で済ませていたんです。

『ことぶき、昨日の夕食は何でしたか?』

「アイ ドント リメンバーッ!!!」

「リアリー?」

「イエースッ!!!」

その答えの力強さに、もう何も突っ込めない彼女。

その後、常任の英語の先生に

「お前、ちゃんと会話しろ」

と怒られましたが、当のキャサリンには

「強烈な印象を植え付けられた」

と言われました…

国会で

「記憶にございません」

とシラーっとしてる議員を見ると、友達はあたしのコトを思い出してくれるそうです。

|

« 社長の金庫の中のハンコ | トップページ | 流行語大賞、ノミネート作品 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは^^

あのぅ。。。私、アナタのファンになってもよろしいでしょうか(笑)。
この記事にして、その前のにして、毎日毎日なしてこう、
あたしのツボをくすぐる文章なんだこのヒトは。。。
って、嬉しくなっちゃいますよぉ^^

や、あたしのためじゃないのはわかってますけどね。

毎日毎日楽しみです>^_^<

投稿: みほちん | 2006/03/20 11:30

★みほちんさん
こんにちは。いらっしゃいませッ!!
つうコトは、あたしの存在自体きっと、あなたの「ツボ」なんでしょう。
よかったです。生きてる甲斐がありました。

おもしろがって頂けるのが、とにかくいちばんうれしいです。

ありがとうございますーッ!!

いやぁ、またファンが増えたよ。FCでも作ろうかな。うはは。

投稿: ことぶき | 2006/03/20 12:59

こんばんは!そして初めまして。
いつも楽しく読まさせてもらってます。

…こんなに爆笑するブログは初めてです。
「イナバウアー」爆笑。
「WORKER」爆笑。
そして、今回の
「アイ ドント リメンバーッ!!」。
爆笑するしかないでしょう。
そのうち笑い殺されてしまうんじゃないか、というくらいです。
こんなに面白いことを考えつき、しかもそれをそのまま文章にできることぶきさんはすごいです!
師匠と呼ばせて下さい!!
…文が長くなりすぎました。すいません。
お体にお気をつけて下さいね。それでは。

投稿: noko | 2006/03/20 22:29

★nokoさん
はじめまして、いらっしゃいッ!!
つうコトは、あたしの存在自体が「殺人鬼」っつーコトでしょうか!?
いや、まだ殺しちゃあいませんね。

死なない程度に笑ってくださいね。

「師匠」ですか? うれしはずかしですねぇ。
最終的に勝ち取りたい称号はやっぱり…

《エンペラー》

ですッ!!

投稿: ことぶき | 2006/03/21 10:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61776/9171782

この記事へのトラックバック一覧です: ことぶきの思い出話:

« 社長の金庫の中のハンコ | トップページ | 流行語大賞、ノミネート作品 »