« 天使の微笑 | トップページ | 「ハムさんワールド」を堪能しました。 »

2006/02/25

稲葉さんと24

今回のオリンピックの金メダルが、巨大な「お福銭」にしか見えないことぶきです。

fuku3

みなさん、いかがお過ごしでしょうか?

高校時代は女子高で、もちろん「野球部」がなかったので「甲子園」なんてものには無縁のまま過ごし、同じく「高校サッカー」と聞いても心躍るものがありません。

自分自身もある意味立派な運動音痴ですので、「スポーツ」と聞いただけで身体がだるくなる始末。

そんなヤツが早朝からオリンピックを見るはずもなく、女子フィギュアで金メダルって言ったって

「だから何さ?」

ってなもんです。

しかし、これだけテレビで取り上げられれば、少しは情報が入ってきます。

今回の荒川さんについてだって、必殺技の(必殺?) “イナバウアー”くらい覚えるのです。

…しかし…

『イナバウアーって何じゃーッ!?』

DSC03253

あたしは叫んだワケです。…いや、実際に誰かや海に向かって叫んだワケではなく、もちろん心の叫びなのですが、なんとも魅力的な響きを持っているとは思いませんか、みなさん?(サンボさん風)

ものの名前には十中八九「意味」があります。

ある時突然現れて、その時すでに名前も付いていたものなんてないでしょう。そしてその名前は人間がつけるのでしょうから、なんらかの意味を伴っているはずなんです。

だからあたしは、その名前の意味を考えたりするコトが多いのです。

日本語で漢字で書いてあればだいたい予想は付きます。

【無花果】いちじく

花が無い果実で、いちじく。まんまです。

しかし今回の【イナバウアー】カタカナです。外国語っぽいです。とは言え、なんとなく日本語っぽくもある。

「イナバ」さんぽい。

そして

「バウアー」さんぽい。

人名が合体したような【イナバウアー】。

しかも、「イナバ」さんはともかく、「バウアー」さんは“24”ぽい

じゃあ、

『24が好きな稲葉さんが命名したんだッ!!!』

あたしの単純な思考回路は、瞬く間にこんな結論を導き出したんです。…バカです。

しかも軽く本気モードでした。ごめんなさい。

※イナバウアーとは、1958~1959年に西ドイツのフィギュアスケーターであるイナ・バウアー選手が世界選手権で初めて使った技だそうです。

|

« 天使の微笑 | トップページ | 「ハムさんワールド」を堪能しました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

さ、さすがや、ことぶきさんっ!
ほんまや!お福銭に見えるーー!!
今日は超忙しくて、イライラしていたのですが
ことぶきさんのおかげてリラックス
出来ました♪ありがとぉぉ!!

投稿: にゃにゃ | 2006/02/25 17:51

★にゃにゃさん
癒しのブログになれましたか?
よかった、よかった。

新聞にでっかく金メダルが写ってて、やっぱり大きな5円玉にしか見えません…

あと、あの表面の金色のアルミ箔むいたら、チョコが出てきそう…

そんなコトばっか考えてるもんなぁー。

投稿: ことぶき | 2006/02/27 09:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61776/8827172

この記事へのトラックバック一覧です: 稲葉さんと24:

« 天使の微笑 | トップページ | 「ハムさんワールド」を堪能しました。 »