« あたしの脳みそは「うに」です。 | トップページ | 2月になりました。カレンダーをめくろうじゃあないかぁッ!! »

2006/02/02

テレビに向かって問い掛けました。

だいぶよくなりました。

「塊魂」も佳境に入っています。 (えッ!?)

伸木の第3話見ました。

率直な感想は…

「洋ちゃん、なんでこんなドラマ出てるの?」

です…問い掛けたもん、本当に。

やっぱりこう、未だに「次回が楽しみ」と書けません。それよりかCM明けすらどうでもいいです。ビデオだからCMも早送りしてどんどん見られるけど、これ、リアルタイムで見てたらイライラするだろうなぁ…

なんかもう、あの女性陣の有り得なさね。

妙子はただのわがままさんでしょ?
母親から愛情を受けなかったからってああなるかなぁ…もっと人の目を気にする人間になりそうだけどなぁ。
母親に見てもらいたいと思ったら、母親の気に入る子供になろうと思うはずだから、もっと自分に対して心配性になると思うのね。

あれじゃただの嫉妬狂いじゃーん。

そしてカナ
ああ、どうしよう。ああ言うのに男って弱いのか? 友達って言ったじゃーん。やっぱり誘ってただけじゃーん。

「明らかにカナは僕に対して好意を持っている」

とか、伸木は自意識過剰くんだしさぁ。

台詞もどんどんしょっぱくなってくるしさぁ…どうしましょう。

あちこち痒いんだよね。痒いんだよ、台詞が。行動が。どこにどう感情移入せいっちゅーの。

このドラマに違和感があるとすれば、時間的な問題なのです。

ドラマは第1話から始まりますけど、物語はずっと続いていたはずなんです。伸木は7年前に結婚して、それからずっとあの妙子と暮らしていたんです。付き合ってる頃から数えればもっと長い時間をあの女と過ごしていたはずなんです。その間、ずっとああだったのか? それとも最近ああなったのか? (まあ、街灯にまで嫉妬する女ですから、昔から変だったんでしょ? それを好きになる男も難有りだわ) 

子供が結構割り切ってるところを見ると、あの子供が妙に賢すぎて悟っちゃってるのか、もう随分長いコト母親がああだから慣れちゃったのかだろうと思います。

その中で、まるで出来事が降って湧いたような顔しておろおろしてる夫って言うのが不自然で…

職場にしても、転勤で今までの積み重ねが台無しになるとか言っちゃってるところで非常に引きました。

だって、美村教授がいきなりやってきて、

「今日からオレがルールだ」

って言ったワケじゃないでしょうから。

何年もあの状態が続いていて、伸木の地位は徐々にUPしてきたんだろうけど、教授の思い通りにコトが運ぶ様子を見てきて、自分に降りかかったら

「どうしよう、どうしよう」

って、あんまりにも環境に溶け込んでないと言うか、この人は日々、何を観察して生きてるんだろうって。

凡人がひとりもいないしね、このドラマ。

えー、と言うワケで、たぶんドラマ全体の1/4が終わりましたね。

どうなんだろうね、これって。

|

« あたしの脳みそは「うに」です。 | トップページ | 2月になりました。カレンダーをめくろうじゃあないかぁッ!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61776/8464968

この記事へのトラックバック一覧です: テレビに向かって問い掛けました。:

« あたしの脳みそは「うに」です。 | トップページ | 2月になりました。カレンダーをめくろうじゃあないかぁッ!! »