« 言葉は生きている | トップページ | 岩手の人はすごいよ。 »

2006/01/06

誰か埋めてきてください…と願う時

それにしても、びっくりしちゃった。昨日の雪。

南国静岡にだって雪は降りますけどね、富士山の真南にある“ココ”は、ホントによっぽどのコトがない限り降りません。

あの日本一のお山がねぇ、雪雲をガッチリガードしてくれてるのです。ガッチリガッチリ。

だから先月みたいに、鹿児島にまで降った日も、“ココ”だけは降らなかった…

それなのに…昨日は降ったんです。

びっくりですって。

思わず、カメラ片手に外に出るあたし。(仕事しようよ)

後輩くん「何やってるッスか?」

ことぶき「写真撮ってるに決まってるじゃんッ!!!」(決まってるのか?)

でも、あまりにも雨混じりで、写真に写らない雪。しかたなく動画に撮ってみる。

上司「何やってんだ?」

ことぶき「動画に撮ってみようと思って」

上司「こんな雪撮ってどうすんだ?」(彼は岩手出身)

ことぶき「そらそうなんですけどね…」(それを言っちゃあお終いだよ)

雪国に住んでる方は、うんざり以外の何物でもないとは思いますが、やっぱり、やっぱり、雨みたいに上から下に一直線にしか降らないものしか見ていない者にとっては、風に舞う雪はなんとなくおもしろいし、どうせ積もらないと思うから、できれば見ていたいものなんです。

昼前に、バイト先から打電。

「お前、何やってるの?」(いきなり何さ?)

「何やってるって…仕事ですけど」

「雪降ってるだろ!?」

「降ってますよ。なんなら積もってます」

「帰れなくなるぞッ!!!」

「ああ…本気で積もったらあぶないかもなぁ」

「だって、ノーマルタイヤだろ? お前」

「もちろん、ノーマルですよ」

「…広報(の放送)で、山間部はチェーン巻けって。大雪注意報が出てるって言ってたぞ。帰れなくなる前に帰れよ。うちは魚が届かないから、店開けるかどうか微妙だけどな」

薄っすらと積もったくらいで、市役所が注意を呼びかけてしまうのです。巨大な山に庇護された街は大パニックです。

相棒のOさんのケータイにも、友達から「大丈夫?」コールが。

積雪1cmで、

「大丈夫?」なワケ。

「家に帰れるか?」

「今日は箱根、伊豆へ行くのは中止にするコト。なんだったら、社員全員待機ッ!!!」なワケ。

おかげで社長がずっと纏わりついて、あたしとOさんは発狂寸前でしたよ。(仕事を増やすんだ、あの人は。そして仕事の邪魔をするんだ、あの人は…)

「誰かこいつ(社長)を雪原に埋めてきてください…」

|

« 言葉は生きている | トップページ | 岩手の人はすごいよ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はい、はーい!
ぜひ私の実家に連れてきてくださいませ!
1回の降雪で軽く1m以上降りますから。
1日中氷点下しか気温ありませんから。
つららできまくりですから。

大丈夫、4月まで地面は出てきません...
ふっふっふ。ことぶきさんの依頼とあらば!


※今年もよろしくお願いします!
 富士山は偉大なり...

投稿: さかき@福島県 | 2006/01/06 20:56

★さかきさん
それはありがたいッ!!!
是非とも、是非ともお願いしたいです。

ヤツも実は雪国の生まれなので、雪慣れしてる可能性があります。
埋める前には念のため、丸裸にし、手足を縛って動けなくしてください。
それから、口を開けば嫌味しか出てこないので、ガムテでふさいでください。

なんだったら鼻もふさいでください。

頭だけ雪原から出せば、「反射板」の代わりくらいにはなります。

よろしくお願いしますッ!!!

ホント、できるコトなら…(泣)

仕事の相棒のOさんと、時々「妄想・暗殺計画」を延々話してるんですよ。

あ、こちらこそ、今年もよろしくお願いしますッ!!!
☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ

投稿: ことぶき | 2006/01/07 09:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61776/8029048

この記事へのトラックバック一覧です: 誰か埋めてきてください…と願う時:

« 言葉は生きている | トップページ | 岩手の人はすごいよ。 »