« メンテ | トップページ | 藤尾仁志体験 »

2005/11/24

宮崎ちゃん体験と、大正ロマンな洋ちゃん

前回の「大泉洋体験」の夢から切り替わった夢。

そこではあたしはなんと、 「宮崎奈緒美」でした。
周りには大下くん・川島くん・村山くんがいて、なんかCUEさんの催し物の準備をしていました。

しかし、宮崎ちゃんに関してことぶき自身、あまり『資料』がないため、夢が進展できず、すごい短い時間で“うにゃうにゃぁぁ”とフェイドアウトしてしまったのです。

というコトで、ここに書けるようなストーリーはありません。

続きました夢では、また洋ちゃんが出てきましたね。

ちょっと大正ロマンな洋風と和風がミックスされた古いお屋敷が自分の家で、そこに居候している少し無口な謎の青年、でした。大泉洋は(笑)

しかも、今の洋ちゃんじゃなくて…デビュー直前のオールバックを後ろでしばってた、 “イケテない”彼なんです。

きっと寝る前に「もぎたて本」読み直してたからですね。まさに121ページの左側のお写真のイメージで、編集後記の鈴井さんの《出会った頃の彼は今と違い、あまり笑顔を見せなかったように思う。不機嫌とまでは言わないが、どこか世の中を斜に構えながら見ている風であった》という文章がそのまま夢に反映されていたようです。

大正ロマン的な古いお屋敷ってイメージは、たぶん北海道のじいちゃんちです。
どうも自分的に

「瓦屋根でない=洋風」 

ってイメージがあって、しかもじいちゃんちは建て増し建て増しで迷路みたいな部屋の造り、古臭い感じ、日の射さない廊下の隅…みたいな印象から「大正ロマン」な感じになったのでしょうねぇ。

※ ※ ※ ※

そんなことぶき家に居候している無口な大泉洋青年。

なかなか部屋から出てきてくれないんです。
部屋の前でばったり出くわすと、むすっとした顔でこちらを一瞥して部屋に入っていく。

家の者に

「あの人は一体なんなの?」

と言っても、

「ほっときなさい」

と言われるだけ。でも放ってはおけないんですね。なんとか心を開いてもらおうとするワケ。

それで、食事を届ける時に、部屋に入ってお話をしようとしたのです。

ところが…

お盆を持ったままの腕をガシッと握られ、驚いた拍子に食事を落としてしまうあたし。

「何するんですか!?」

「君さぁ、うるさいんだよ。いくら屋敷の中だからって、この部屋は人がいる方とはかなり距離があるよ。そんなところに女がのこのこひとりでやってきたらどうなるかくらい、わかるだろ?」

腕はがっしり掴まれたまま…

※ ※ ※ ※

さぁ、どうなることぶきッ!!!

荒々しい大泉洋に乞うご期待ッ!!

って…ホントにここで目覚まし時計が鳴ったのよね。ホントに…
。・゚・(ノД`)・゚・。

「もぎたて本」121ページのオールバックを後ろでしばった、

なんだよ、そのもみ上げはよぉッ!!!(怒)

と突っ込まずにはおれない洋ちゃんも、実はなかなか「きゅーん」な感じです。

いやーん、イケテない洋ちゃんもかわいい♪

という気持ちが、即、夢に反映されてしまう…なんてものわかりのいい脳みそなんでしょう。マイブレイン。

こうなったら、望んだもん勝ちです。どこまで具現化できるのか?

イマジネーションが無限なコトを見せてやれッ!! 見るのは自分だけだけど。

|

« メンテ | トップページ | 藤尾仁志体験 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はじめまして(だったかな?)。いつも楽しみにさせてもらってますw

この間の洋ちゃんになった夢、っていうのもいいなぁ。。って思った(笑)けど、今回のもまた、なんだか荒々しくってイイですねぇ(>^_^<)
あたし、基本的に夢をあんまし見ないので(っていうか覚えてないのかも。。。)
うらやましいです。
前に洋ちゃんとモノレール?みたいのに乗ってて、運転手がミスターだったっていう夢を見たことはありましたが(笑)。。。

夢って謎だ。

ことぶきさんのこの夢、続きが気になりますね(笑)♪

投稿: みほちん | 2005/11/24 21:13

☆みほちん
はじめましてッ!!(だと思いますよ)

荒々しい洋ちゃんに、起きてみてドキドキでした。しかし、あの続きが見られません。「もぎたて本」の121ページのお写真を何度も見てから寝ていますが…代わりに「藤尾」が出てきて、オンステージです。藤尾…

夢は本当に不思議です。「そんな展開ですかッ!?」と、どんな脚本家も書けないストーリーが繰り広げられますね。昔は「夢日記」を書いてたんですが、あんまり意識し過ぎると、おもしろい夢が見られなくなるんです。

投稿: ことぶき | 2005/11/25 09:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61776/7293832

この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎ちゃん体験と、大正ロマンな洋ちゃん:

« メンテ | トップページ | 藤尾仁志体験 »