« 初日(日が暮れるまで) | トップページ | アルバムを設けました »

2005/10/22

初日(ホテルにびっくり)

ホテルでチェックインして部屋に入った時…ショックでしたよ。
何がショックって、あたし、この旅で密かにいちばん楽しみにしてたコトがあったんです。
それができない部屋だったんですよ。

何よ、それ?

えぇえぇ、まずは順番に話をしましょうね。

アパさんに物申すつもりはないんですがね、ドア開けた瞬間からがっかりだったね。

“部屋がなんまら狭い”

おいおい、ここは羽田東急の四人部屋かよというくらいベッドでいっぱい。もちろん「ツイン」ですよ。ベッドは2つしかないです。でも、この部屋は「四人使用」ができないもの。狭いんだもん…

そしてさらに凹んだのは、窓からの眺め。写真撮っておけばよかった…

言ってもなんも写らないんだけどね。

だって、窓の外はだもの。塀って言うのか…完璧に景色はナッシング。空だけ見える…俺たちゃかってのよ。

しかも、照明が薄暗いんだ。いくら狭くても、灯りは必要よ? 

ベッド脇のスタンド
ドレッサー(?)のところのスタンド
トイレ・バス前の廊下(?)の灯り

以上。

上から煌々と照らしてくれるものがないので、初日に買った「北海道ウォーカー」も満足に読めませんでした。
昼間だってね、明かりが射し込んで来ないから薄暗いんだよ…

そしてね、ドアのキー

「キーを差し込んで右に回しながら、同時にドアノブを左に回してください」

って書いてあんの。

…ど、どうやって?

結局、毎回ひとなみと分担してましたね。キー担当と、ドアノブ担当。

「ふたりの共同作業です」

とか言いながら。もしくはロールプレイングかよッ!! と。

突っ込み切ったかな? あ、まだあった。

これもびっくりでしたよ。毛布。

棚の上に、毛布があったんです。寒かったらこれを掛けろってコトですね?

その毛布が…非常に「汚い」。

毛羽立っちゃってるし、シミが付いてるし…ブンブンなら諦めてこれに包まろうとしたでしょうけど。でもここ日本だし、ホテルだし…

結局、それには触れるコトすらしませんでした。

さぁ、そして、あたしは気付いてしまったんです。

「この部屋、クローゼットが無ぇッ!!!」

これはどう言う了見ですかい? アパさん。

「水曜どうでしょう祭りのオフィシャルホテルだ」と言い張るのなら、なんで各部屋に“ドアのあるクローゼット”を用意しなかった!?

ここに泊まるのは、

「多少値が張ってもオフィシャルに泊まるよぉ」

と言う、言ってみればエリート中のエリートッ!! (自分で言うな)

であるならば、あれをするに決まってるじゃないかッ!!

DVDが発売されたばかり。鮮明にあの場面が記憶されているに違いない。
あたしのデジカメは「動画」も撮影できるんだ。そのためにメモリースティックの容量は512MBさ。動画なら22分撮れるんだよ。

それがだよぉー、クローゼットないんだもんさぁ!!

できないじゃんかぁ!!!

「シンガポールで一泊ッ!!」

ならぬ、

「札幌で一泊ッ!! (正確には三泊)」

だぁめぇだぁよぉーッ!!! もうがっかりだ。

市内のホテルに泊まった方。みなさんの部屋には、クローゼットはありましたか?

DSC02629

二日目、↑このまま出掛けたら、onちゃんは避けられていました…

|

« 初日(日が暮れるまで) | トップページ | アルバムを設けました »

水曜どうでしょう」カテゴリの記事

コメント

この前は、コメント書き込みして頂き、有難う御座いました!!

クローゼットは無かったけど、やりましたよ『シンガポールで1泊っ!!』。
ユニットバスのドアをクローゼットの代わりにして、携帯の動画で撮って再現しました。

私もオフィシャルで行ったのですが、ホテルの予約が記入漏れされていたという目に逢いまして。
結局泊まれる事にはなったのですが。
JTB、しっかりしてほしいですよね…。

投稿: 更沙 | 2005/10/22 15:06

更紗さん、こんにちは!!

ほら、やっぱりやりますよね。そして更紗さんは実際やられましたかッ!!
同行のひとなみが同じコトを提案したのですが、
「クローゼットじゃなきゃダメなんだッ!!」
とあたしが駄々をこねまして、
「ないならやらないッ!!」
と意地になり、結局やらなかったのです。むむぅ…

今回のJTBさんは、ホント手際が悪かったですね。
祭りがあれだけ素晴らしかったから、今からどうこうしようと言う気にはならないけど。

投稿: ことぶき | 2005/10/22 17:05

ことぶきさん、こんにちは。
私達の部屋もクローゼットありませんでした。しかも入った途端目がしみるくらいタバコ臭さが残っていたのです!
部屋に入った第一声が「くさっ!」。臭さの余り部屋の暗さ・狭さに気づきもしませんでした。友達と即効窓を開けようと向かったら・・・開かね~仕組みじゃないか!!どうやって換気しろってんだ。
「よしこうなったら風呂場の換気扇を1日中回してよう。」という結論に達したのですが・・・キー抜いたら電気が消える=換気扇が止まる。
窓際に申し訳程度についている換気窓がついているのを見つけたのでそれを開けっぱなしにしすごしましたが、結局最終日までタバコ臭さは消えませんでした。
あのにおいは直前までヘビースモーカーがスパスパとタバコを吸っていたといっても過言ではない臭さでした・・・。祭りが楽しかっただけに残念です~。

投稿: kamokamo | 2005/10/24 18:35

kamokamoさん、こんにちはッ!!
災難でしたねぇ…
タバコ臭いのは、あたしは大の苦手です。鼻炎になっちゃうし…
それが最終日まで取れなかったって、どんな吸い方だったんでしょう?
そして、そうそう、あの部屋ってキーのカードを抜いたら電気が消えるんですよね。使いづらかったぁ!!
カードを差し込む時だって、ベッドとベッドの間だから手元が暗くて、
「どこに差し込むのよ!!」
って。

あたし、しわ取りと消臭用のスプレー持ってたから、貸してあげたかったわぁ。

投稿: ことぶき | 2005/10/25 10:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61776/6512277

この記事へのトラックバック一覧です: 初日(ホテルにびっくり):

« 初日(日が暮れるまで) | トップページ | アルバムを設けました »