« ハッピーバースデー洋二 | トップページ | 雑誌に気付かされる、のであった。 »

2005/10/27

そして北の大地を離れ

10月17日。

ロビーの祭りの看板が裏返されてる。物悲しいんだよなぁ…

DSC02819

7:30発のホテルから出るバスに乗り込み、静岡へ帰るべく、空港に向かいます。約70分。このバスの車窓から眺める景色が、しばらくの間、最後の街並みになるのでしょう。

DSC02823

バスの中は、喋る人もなく、静かでした。横でひとなみは寝ています。

あたしは、ケータイを取り出し、どうでしょうのページを開きました。こんな朝早くじゃ、きっと掲示板には載らないだろうと思ったし、昨日の今日でD陣が読んでくれるコトもないかも知れない。でも、とにかく「ありがとう」を伝えたかったんです。

実は前の夜、祭りが終わったその夜、夢を見ました。

祭りの夢でした。

どうでミー賞の発表をしていました。祭りの雰囲気そのままの、続きを夢で見ていたのです。
みんな笑ってました。ステージの上にはあの4人と顕さんが、やっぱり笑ってました。
どうでミー賞の10位以下を発表してます。エンドレスなのです。いつまでもいつまでも発表し続けています。その度に笑いが起こっているのです。

わたしはその夢の途中で、目が覚めてしまったのです。

起きた時、ちょっと泣いていました。

バスの中で文字を打っている間、あたしの視界はぼやけていきます。
幸い横は寝てますし、通路を挟んだ横の方も寝ています。誰にも見られてません。ここで鼻をすすっちゃったらおしまい。
でもその前に、まばたきをしたら涙が零れ落ちちゃったのです。

もうダメです。バスの中では書き込めません。

あたしはケータイをたたんで、窓の外を見ました。

通学する学生が、自転車を漕いでいました。
通勤の方を乗せているバスが追い越して行きます。

普通の月曜日の光景が、窓の外で流れていきます。

でもこのバスの中は、とても静かで、そして切ない。たそがれの中を走っているみたい…そう思いました。

空港に着き、すぐにチケットを引き換え、荷物を預け、最後のおみやげ物色に出掛けました。

DSC02827

母に頼まれてた「いもてん」を買って、8番ゲートへ。

まだだれもいないからしばらく待っていようと言う矢先、羽田空港のトラブルで飛行機の出発時間が30分遅れるとアナウンス。

なんだよ、じゃあ、あと30分寝れたじゃない、と思う。今日は5時半起き。

ここで、北の密輸元締めにメールを送る。
その後、もう一度どうでしょうの掲示板に書き込もうと試みるも、その前にCUEダイアリーを読んだひとなみに、洋ちゃんのダイアリーを読むように言われ、読んだらもう、涙が止まらなくなる。

そんな中、ホントに泣きながら掲示板に書き込み。
ふじやんが休み返上でUPしてくれたおかげで、載りました。

(↓クリックすると全部見られます)

maturikeijibann

そうだ、そうだ。あたしはここに来る時はいっつも泣いてる。
出発ロビーでじいちゃんばあちゃんに見送られて、「静岡に帰りたくない」って泣くんだ。

「来年もおいで」

って、ばあちゃんが言う。うなずいて、おみやげ(決まって「わかさいも」)を持たされて、ゲートをくぐる…

飛行機が飛び立つ瞬間に

「あ、離れちゃう」

って思う。眼下に街並みや、まっすぐな道路を見ながら、

「また来よう」

と思う。小さな頃から変わらない。どうバカになる前から、変わらないなぁ…

DSC02848

|

« ハッピーバースデー洋二 | トップページ | 雑誌に気付かされる、のであった。 »

水曜どうでしょう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61776/6669973

この記事へのトラックバック一覧です: そして北の大地を離れ:

« ハッピーバースデー洋二 | トップページ | 雑誌に気付かされる、のであった。 »