« 「表裏一体、逆もまた真なり」 | トップページ | ことぶき、朝から号泣のワケ »

2005/09/22

ああ思い出のシンガポール

日記を見たら、1995年のコトでした。10年前、あたしはシンガポールへ行ってきました。
泊まったホテルは「ホテル パン・パシフィック」。

もうみなさんお馴染みの、どうでしょう班も利用した、シンガポールでもランクの高いホテルのようです。

日記にはつらつらとその日あったコトが書いてありましたが、驚いたコトに、今日(こんにち)の多少「どうでしょう」テイストの文章とさほど変わらない文体なのです。

『そうは言っても、。』とかね。

あと、相変わらずな妄想コーナーまで。

あちらで暇な時見ていた中国語のメロドラマにアテレコして、「よしお」と「きょうこ」の物語書いちゃってるもの。22にしてこの性格や文体、話の持って行き方は完成していたんだ。これが完成と呼べるならだけどもさ。

そして、興味深いイラストが。

じゃん。

DSC02518

これ、パン・パシフィックの部屋の俯瞰図。この頃「妹尾河童」さんの本を読み漁っていたので、彼の真似をして書いてみてる。これを、初日に興奮して寝れないっつって、ひとりで起き出して書いてたっけ。

それを見ながら、「DVD6」を見ると興味深い

言うなれば、「8年後のパン・パシフィックさん」の様子がわかるってワケ。THEことぶき限定お楽しみ。

その前に、細かいながら気が付いたのだけれど、こんなのどうでもいいよって言われたらそれまでなんだけど、

「シンガポールでポンッ!!」

って、クローゼットから洋ちゃんが出てくるお部屋と、

洋ちゃんがお風呂に入ってる部屋は、隣り同士の別の部屋だな。

お風呂に入ってる方のお部屋の見取り図が、上のイラストなワケです。ホントどうでもいい情報。

そして、10年前のパンさんは「なぜかまくら2つ」あったのに対して、2年前のパンさんは、まくらが1つになってるおいおいどうした、パンさん? である。

それにしても自画自賛しちゃうけど、忠実に描いたもんだ。お風呂の手すりや、ドアの質感まで描いてあるもん。

そして今更ながらに気付いちゃったけど、あのお風呂はああやって、泡風呂とかにして入るものだったの…か?

ユニットバスは知ってるけど、ここのお風呂はご覧の通り、浴槽のところにカーテンもシャワーもないんです。浴槽はもっぱら「浸かるだけ」。
身体や髪を洗うのは、隣りのシャワールームに移動します。わざわざ。だったらもう、浸からなくてもいいじゃんって、最後にはシャワーオンリーになってたような記憶が。

そして、上の見取り図には描いてないけど、確かにバスルームの向かいには鏡がありました。これ、「DVD6」を見て思い出した。なんで描かなかったんだろう?

そしてこれ。ドンッ!!

DSC02523

パンさんの断面図。こんな感じでお部屋が並んでいるんですね。これ、たしかドアの裏に書いてあった避難通路のお知らせを見ながら描いたなぁ。
エレベーターが4台あるね。
この吹き抜けが36階まであって、それは10年前の時点で「東洋一」だそうですよ。

あ、そうだ。祭りに行った時も、ホテルの俯瞰図描こうかな。
これはなかなか、のちのち見る時に楽しめますよ。

アパグループのホテルさんなんてのは、常備品の中に「折り紙」なんつーのがあるんですよ? なんだろうな? なんか「折れ」ってコトかい?

いやいや、それは捨て置けないね。

 「元折り紙研究会」の一員だったこのあたしにぃ、。挑戦状をぉ、叩きつけるって寸法かい? アパさんよぉ。

確かにぃ、。社長さんと同じ格好をしろって言われたら、ヤダ

折り紙なら受けて立つよッ!!

|

« 「表裏一体、逆もまた真なり」 | トップページ | ことぶき、朝から号泣のワケ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ことぶきさん、こんにちは。いつも楽しく読ませてもらっています。
パンパシって日本人観光客用フロアとゲー人用フロアとに分かれているんですよね。
最初は日本人フロアの部屋に通されて、セーフティボックスやテレビの案内に日本語の説明書があって至れり尽くせりだわいなと思いました。でもその部屋のライトがぶっ壊れていたので部屋を交換して30数階に移動したら英語の説明書のみ。香港のホテルにも日本人観光客用フロアとゲー人用フロアがあるというのは聞いていたのですが、シンガポールもあるんですね。
ちなみに私が泊まったのはシングルルームなのですが日本人観光客用フロアにはバスロープは一人分でした。同じシングルでもゲー人用フロアには複数分おいてありました。日本人にはバスローブ使う習慣ないからですかね?私は「洋ちゃんも使ったかもしれないバスローブ」ってことでしっかり使いました。

投稿: kamokamo | 2005/09/22 16:39

 アパホテルはですね、折り紙ではなくて「折り鶴」がベッドの上に置いてあるんですよ。厚手の千代紙?で折ったものです。まさか、常備品として載っているとは驚きました...
 チェックイン早々、ベッド上の折り鶴を「邪魔くさいなぁ~もう~」と片付けてからゆっくりする私でした。
 ※連泊すると、シーツ交換後また折り鶴が乗っていて、「んもぅ~~...」と、再びどかしますね。

投稿: さかき@福島県 | 2005/09/22 21:59

★kamokamoさん
はじめまして。
その情報は知らなかったです。へぇ、そうなんだ…
隣りの部屋が関西の女子高生だったから、日本人が多いなぁ…くらいにしか思ってなかった…
フロントは日本語通じなかったし、バスローブの記憶はないですけど、不便さは感じなかったです。
あの吹き抜けは綺麗だったので、パンさんは好きです。

★さかきさん
( ̄□ ̄;)!!!!
あたしはやりましたか? ザ・勘違いッ!!
そ、そうか…つ、鶴…あ、ホントだ。「折り鶴」って書いてある。こりゃまた失礼つかまつったッ!!
でもなんで常備品の中に鶴があるのかな? 結構邪魔そうなのに。癒しのつもりかな?

投稿: ことぶき | 2005/09/23 13:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61776/6061194

この記事へのトラックバック一覧です: ああ思い出のシンガポール:

« 「表裏一体、逆もまた真なり」 | トップページ | ことぶき、朝から号泣のワケ »