« 選択の余地はいらない | トップページ | 脳みそバーンッ!! (写真集です) »

2005/09/08

ルピシアに物申す。

一応『紅茶コーディネーター』ですので、紅茶は大好きです。

そして『静岡県民』ですので、緑茶も大好きです。

時と場所と気分を考慮し、とを使い分けるのです。ちょっとかっこいい。(自分が)

そんなあたしの御用達の紅茶屋さんが、「Lepicier(レピシエ)」でした。

「でした」と書いたのは、もうなくなってしまったから。

いえ、正確に言うと、『生まれ変わった』んですね。

「LUPICIA(ルピシア)」として。

ご存知の方はご存知ですよね(そりゃそうだ、知ってるヤツは知ってるだろうよ)、「レピシエ」の姉妹店だった「緑碧茶園」と「レピシエ」が統合して「ルピシア」になったのです。

それを知った時、あたしは多少興奮しましたね。

「レピシエ」は行動範囲内にお店があるけど、「緑碧茶園」は東京に行かねばならなかったのですから。

カタログを見ては「これ、美味そう…」と思い、3,000円以下は600円の送料を掛けて取り寄せる。だから頻繁に買えない…

そんな日々が続いていたのですから、あたしがガッツポーズしたくなるものわかって頂けるでしょう。

特にお気に入りだったのが、

レピシエ扱い品では

「オレンジ」
地中海の太陽をたっぷり浴びた新鮮なブラッドオレンジの香りをブレンドしました。アルゼンチンやアフリカのお茶を使い、後味にスパイシーさを感じます。

「クリスマスリース」
アップル、クランベリーのフルーツと、シナモンなどのスパイスが絶妙にブレンド。ヨーロッパ伝統のクリスマスティーです。

「ロータスティー」
緑茶に蓮の花の香りを移す手作業を何度も繰り返し、大切に作られたベトナム茶。品の良いグレイッシュグリーンの茶葉。ウェットで甘く香ばしいアジアの香りは、午後の優雅なティータイムにぴったりです。

緑碧茶園では

「ラムネ」
夏の風物詩ラムネの香りがする緑茶です。ブレンドした金平糖がノスタルジックな気分を演出してくれます。まずはアイスティーで。

「グレープフルーツ」
緑茶とグレープフルーツのさわやかな香りが調和した、みずみずしい人気のお茶。酸味に隠れたほのかな苦味は、大人の味わいです。

その他、季節のダージリンなどを買っていたのです。

まぁ、大抵「月一」の仕入れ頻度です。

この6品目のうち、「ラムネ」「グレープフルーツ」は1年に1回。それがお店が統合すれば、毎月買えるようになる…

でかした!

そんな気分ででした。

しかし…杞憂していたコトがひとつ。

ただでさえ扱い品目が多すぎる「レピシエ」(250種類くらい)。それに「緑碧茶園」が加わったら、果たして店舗面積を増やすのでしょうか?

いや、増えないでしょう。

じゃあ、どうするんだろう?

そしてそれを自分の目で確かめるべく、あたしは向かったのです。お店に。

そして思い知ったのです。現実の厳しさを。

前は「レピシエ」の全種類のお茶を買えたその店は、「ルピシア」のカタログの半分ほどの取り扱いしかなく、しかも上記あたしのお気に入りの5種類のうち、3種類しか置いてなくて、しかも今まで買えていた「ロータスティー」が含まれる…
「ラムネ」は今回も買えず…と云う結果に。

なんだこれ?

サービス低下してるじゃんッ!!!

「すいません、ここに置かれてないお茶はどうすれば…」

「お取り寄せになります」

店員さんはさわやかに答えてくれまいたが、このお店だって30kmくらい離れてるのよ。

「入りました」

って言われて、

「じゃあ今から行きます」

ってワケには行かないの…

ああ、結局通販かよ。

なんだ? この切なさは…

|

« 選択の余地はいらない | トップページ | 脳みそバーンッ!! (写真集です) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61776/5842400

この記事へのトラックバック一覧です: ルピシアに物申す。:

« 選択の余地はいらない | トップページ | 脳みそバーンッ!! (写真集です) »