« 元締め、凱旋に臨む。 | トップページ | みなさん、楽しんでください »

2005/09/02

レッツ妄想!! 無人島での5日間 追記あり

毎月1日は『妄想の日』!
先月はなまけたから、今月はちゃんとやります!

レッツ妄想!!

※この記事は「リリカルdeシュール」さんの『妄想お題 無人島4泊5日の旅』にTBしています。

★お題
あなたは、最新のレジャー施設『ハイテク無人島4泊5日の旅』を懸賞で当てました。
このハイテク無人島は1日目が春、2日目が夏、3日目が秋、4日目が冬と、四季をコントロールできる島なのです。
青い海に浮かぶこの無人島、やっぱり1人は寂しいです。
そこで、1日1人だけ、NACSがやってきます。
(重複は無しね/子トラちゃんはミスター参加でも可)

春・「花見」 夏・「海」 秋・「焚き火」 冬・「雪」
このキーワードを盛り込んで、4泊5日の脳内旅行記を楽しんでください♪
1人余るじゃない!そう思ったでしょー。
その方は最終日に迎えに来てくれる船の船長で!!

1・2日目共に、追記あり

ここからことぶき回答。

ここは、最新テクノロジーが満載と云うコトもあって、夜中の0時を過ぎると、隣りのベッドにいきなりご指名メンバーが現れるのだッ!!
だから、いきなりメンバーの「寝起き」から堪能できるのだッ!!

■一日目 《森崎博之》

あまりのいびきのうるささに、5時起床。
ベッドから出て、リーダーの顔を覗き込む。
ガーガー言いながら寝てやがる。

鼻をつまむ。

「フガッ!!」

おっと危ない。一瞬息が止まる。離すとまたうるさい。

蹴りを一発入れる。

「痛てッ!! お、あッ!!」

あたしに気づいて起き上がる。

「ぬぅはようございますッ!!!!」

「…おはようございます」

「早いですね。ま、まだ5時じゃないですか。初日だからワクワクして寝れなかった?」

「あ、いや…違います…」

寝起きのあたしは、テンションが低い。

「じゃぁ、早起きの人なんですねッ!! ぬぅおし! 出掛けましょうか!!」

「ど、どこへですか?」

「食べ歩きです」

そう言いながら、パジャマ代わりに着ていたTシャツを脱ごうとするリーダー。

襟元が頭に引っ掛かる。

「ぬぅぅッ!! あの、すいません。上からぬわっと引っ張ってもらえませんか?」

「…」

※※ここから追記※※

手伝ってあげてなんとか頭が抜けた。着替えるみたいなので、あたしも支度をし始める。

外で待っていると、ヘンリーネックの長袖Tシャツを着たリーダーが現れる。

「それじゃあ、行きましょう」

宿泊施設から島の中心部へ行く道すがら、桜並木に出くわす。片方は水面がキラキラ揺れる川が流れ、その川に沿って続く道沿いに、満開の桜が並んでいる。

「ちょっと休んでいきましょうか」

リーダーがベンチを指差す。

川向こうにも同じように桜の木が並んでいて、花びらがはらはらと舞い降りてくる。

無人島なので、その景色全部がふたり占めってワケ。

「贅沢だね、リーダー」

「ほんとだねぇ」

ふたりでちょっと、しみじみしちゃう。

「そうだ、あたし、お茶を持ってきたよ」

首から提げた水筒からお茶を注いで彼に手渡す。

「おや? なんだか桜の香りが」

「それはねぇ、桜の紅茶なのよ」

「へぇ」

結局、そこから動かずに、まったりと桜をめでて日が暮れる。

ふたりっきりのはずだったけど、なんか視線を感じたなぁ…管理会社の人かな?

■二日目 《安田顕》

10時。寝苦しさで目が覚める。夏だから。

「今日は顕さんだな」

隣りのベッドを見ると、いない。

「あれ?」

リビングに入ると、いた。ひとりでテレビを見てらっしゃる。それにしても冷房が効きすぎやしないか?

「おはようございます」

あたしに気づく顕さん。さわやかモードだ。よかった。

「おはようございます」

「最近、娘に合わせてるんで、起きるの早いんですよ」

見てるテレビは「教育テレビ(えいごリアン)」。

「この時間は、いつもこれなんです」

顕さんおもむろにテレビを消し、

「じゃあ、今日はどうしますか? よりによって今日、夏ですよね。暑いですよね」

あ、もしかしたら、怒ってる?

あたしの心を見透かしたように

「怒ってるとかそう云うんじゃないんです。人間には適材適所ってあると思うんです。僕は…『夏』ですか?」

「いや、あたしも暑いのは苦手だから、苦手同士なんか、心が通じ合う何かがあると思って…」

「そう…通じ合ってどうするんだよ…

そう…の後に何かつぶやいたけど、聞こえない。

その後、浜辺に出てみる。

暑い。

「顕さんは、暑いとどうなります? あたしは頭痛くなっちゃうんですよね」

「……」

「あのぉ」

「……ピララピララピララピララピララ」

「え?」

日陰の砂の上で体育座りをしながら、目線は下斜め45度を凝視。
何かの信号のように言い続けている。

「……ピララピララピララピララピララ」

すると…

突然目の前の海から現れる、3人の男。

ひとりは黄色の海パンを着用の、音尾くん。てか、仲音くんッ!!
そしてライフセーバーのおふたり。

仲音くんはホイッスルを規則正しく吹きながら、リズミカルにライフセーバーを誘導。あたしたちの前で停止。すぐさま顕さんの顔を覗き込み、

「大丈夫? 顕ちゃん?」

そう声を掛けると、顕さんはライブセーバーのおふたりに抱えられながらどこかに消えてしまう。

「あの、顕さんは…」

「すいません。臨界点を超えたので、ヘルプが入りまして…これからは僕がお相手します。なんでも好きなコトを。あ、ツーリングなんてどうですか? 黙ってここにいても暑いし、バイクで走れば涼しいかも」

そして黄色い海パン姿で腰に手をあて、

「俺と風を感じてみないかッ!! …決まったッ」

「…海パンは着替えてね、琢ちゃん」

※※ここから追記※※

音尾くんは、急いで宿泊施設に走り去り、しばらくしてご自慢の愛車に乗ってやってきた。

ヘルメットはむさいからやだなぁ…と思いながらかぶり、音尾くんの背中に手を回す。

「それじゃ、行くよぉ」

バイクは颯爽と海岸の道を走り抜ける。

なるほど、さっきみたいに海岸の日陰でじっとしてるよりは涼しい。

時折、風の音の間から、鼻歌みたいなのが聞こえてくる。音尾くんが上機嫌で、何か歌っているらしい。なんだかそれだけでも楽しい。

それにしても、顕さんは大丈夫だろうか?

なんて中途半端なんだ!

秋・冬は次回へ…つづくッ!!

|

« 元締め、凱旋に臨む。 | トップページ | みなさん、楽しんでください »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

ことぶきさん、こんばんは。
TBありがとうございました。

あのあの・・面白すぎるんですけど(笑)
顕ちゃんがぁー壊れちゃったー!!!
1点を凝視でピララ・・・あぁ・・言いそうって
簡単に想像できて笑ってしまいました。

Tシャツが脱げないモリも最高です!!
いやー面白すぎるー!!

投稿: えみ | 2005/09/03 19:16

喜んで頂いて嬉しゅうございます。

秋と冬も書いたのですが、結局4つとも「寝起き中心」となりました。起きるところから妄想スロットル全開にした結果、本題に入る前に失速するから…

個人的には「秋」が気に入ってます(笑)

投稿: ことぶき | 2005/09/04 05:35

はっ!!だからリーダーは、いつもヘンリーネック
とかシャツなのかぁっ!!(>_<)
※着眼点がおかしくてごめんなさい。
でも本当に「!!」だったんです。

投稿: さかき@福島県 | 2005/09/06 05:02

さかきさん、実はあたしも書いてて
「だからなのか? リーダー!!」
って思ってました。
リーダーって、「ヘンリーネック」ってイメージがありますよね?(笑)

投稿: ことぶき | 2005/09/06 09:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61776/5750321

この記事へのトラックバック一覧です: レッツ妄想!! 無人島での5日間 追記あり:

« 元締め、凱旋に臨む。 | トップページ | みなさん、楽しんでください »