« 「あの店」へ行って来ました。その3 | トップページ | 『水曜どうでしょう』って何なの? »

2005/08/02

四国と私

一気に読んでしまいました。 「どうでしょう本第2号」
テーブルの上に置きながら、床の上に置きながら、いすに座りながら…何回も姿勢を変えながら、意識だけはずっと本の中って感じで読み続けてしまいましたよ。4時間。
うれしーの「四国快晴」を終えた頃には軽く半分以上のページが終わっていました。
「もう半分。なんだ、これなら今日中に読めるな」と。

うどん紀行を読んで「明日は絶対かまたまにしよう」と決心し、うれしーの文章に涙し、洋ちゃんの小説で衝撃を受け、カリスマの仕事に大爆笑&感服。ミスターの笑顔にメロリンキュー。onちゃんのすね毛に男気を感じ。四宮Pがますます好きになり、ビジービーさんに「ホント言ってくれなきゃ気付かねぇよ!」と言いたくなる…そんなひと時を過ごしましたねぇ。

今はまだ、「うどんをすすった」ところなんです。
どう本をうどんに例えるならば、ね。

「うわッ! うまい!」

と思ったところ。

まだ「噛んでない」。

だから、感想と言える感想はまだ書けないな。まだひと口しか食べてないし。

ただ、ちょっと思ったことがあるので、それを書きたいと思います。
シゲちゃんに「やめれ!」って言われそうだけど、夏だし、いいね?

それは「どうでしょう」を知る前の話。
普通の人よりだいぶ霊感が強いうちの母が、言いました。

「最近、ばあちゃんが夢枕に立つんだ」と。

「真っ白い着物をきて、しゃりんしゃりんって音がするんだ」と。

「お遍路さんみたいだ」

そう話してくれたんです。

母の実家は北海道。母が「ばあちゃん」と呼ぶ人は、あたしの要は“ひいばあちゃん”です。その時代、本州へ渡る手段は連絡船だったろうし、そこから四国へお遍路をしに出掛けた…なんて話は、母の夢の中だけのコトだろうと思っていました。

ところが。

ばあちゃん(母の母)に確認を取ったところ、

「確かにお遍路さんだった」

と言うのです。

北海道からわざわざ四国へ。

どんな願い事を抱いていたのか?

ただ、なんとなくそれが「重いもの」なのではないかと感じたのは確か。

そして、薄ぼんやりと“ひいばあちゃんは今でもお遍路をしてるんじゃないか…”と思ってしまったのです。

だから、あたしにとって四国は、「行ってはいけないところ」なんです。

なぜか?

ひいばあちゃんはもちろん亡くなっています。

でも意識だけはまだあの地を回り続けている。

願いはきっと、叶えられていないのです。

そのひいばあちゃんが、母の夢枕に立った。
あたしにはそれが、

「代わっておくれ」

と言っているようで怖いのです。

「まだまだ回らなきゃダメなんだ」

そう言っているように思えて仕方がなかったんです。

そうして月日は流れ、そんなコトも忘れかけていた時、あたしは「どうでしょう」に出会いました。

初めて見た企画は「四国八十八ヶ所3」。
そんなに気にも留めなかったけれど、その後、どうでしょうが何回も四国へ行っているのを知った今、ひいばあちゃんが違う手段であたしを四国へ誘っているようで、また怖くなっています。

このままでは、うどんを食べに行ってしまいます。
お金と暇さえあれば、明日からでも行こうかと云う勢いなんです。

うれしーの「四国快晴」の、お遍路は願いが叶うまで、死ぬまで回り続けるんだと云う件を読んだ時、血の気が引きました。そして思いました。

「うれしー、“死ぬまで”じゃないよ。“死んでも”だよ…」

命は、子から孫へ受け継がれます。

命の絆は、想像以上に強く、時にはそれに縛られるコトもあるのです。

ひいばあちゃんが何を願っていたのかはわかりませんが、その思いだけはまだ「かの地」を回り続けているのです。

ひい孫に「おいでおいで」をしながら…

|

« 「あの店」へ行って来ました。その3 | トップページ | 『水曜どうでしょう』って何なの? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

やめてぇー・・・

前々から読ませていただいておりましたが、初めてのカキコでございます
おばあさま・・・怖いです(泣)
でも、そういうのってありますよね
どこか繋がってることって・・・
私も最近祖母が亡くなったんですが
ばぁちゃん家は行くと妙な気がします
霊感なんてないはずなんですけどね(気持ち悪いくらいはあるらしい)
おばあさまの願い。なんだったんでしょうね・・・。

投稿: 小春 | 2005/08/02 20:55

メロリンキューって!!
体中がoilまみれですか?って違う意味ですよね(笑)

こんばんは、kkです。

うどん食いましたか?そーですよね。絶対そうなりますよね!わたしは、なんなら深夜営業のセルフに駆け込もうかと思ったぐらいですもん。

四国快晴に差し掛かり、そうしなくて済みましたが。でも、今日のお昼はうどんでした!

わたしも、仕事がなければ、今週末は千歳空港に向かっていたことと思います。


「あれは逆打ちをしております」

鳥肌が立ちました。少し怖かったです。
ことぶきさん「逆打ち」するのですか?と言ってみる。

投稿: kk | 2005/08/02 21:32

★小春さん
夏の夜、ちょっとは涼しくなりましたか?

ひいばあちゃんの「願い」を知ってしまった次点で四国行き決定です。
最近は母の夢枕にも立たなくなったらしいので、諦めたのか、願いが叶ったのか…

あ、今気づいた。

ひいばあちゃんの子孫で、あたしがいちばん四国に近いところに住んでるんだ…

★KKさん
はい!うどん食べましたとも!!ゲソ天をトッピングしました!!
しかし所詮スーパーで売ってる麺です。やっぱり「山越」さんや、「彦江」さん、「山田家」さんのうどんを食べてみたい!!

…でも四国は怖い…

もしもまんまとひいばあちゃんの「お誘い」を受けてしまった場合、「ランダム打ち」しかないでしょう。

「メロリンキュー」は水泳帽かぶって、ゴーグルして

「メロリンッ……キューッッ!!!」

ですね。(太郎くんも有名になりましたなぁ…)

ミスターが帰ってきますねぇ!!!

投稿: ことぶき | 2005/08/03 06:28

 (;□;)こっ、、こ、こ、、怖かったぁぁぁぁ...(ノД‐。)風呂に入ってから読めばよかったぁぁ。作戦ミスです。こういう話題はダメっす。「シゲが~」で気付くべきだったぁ。
 ※やめればいいのに「リング」やら「仄暗い水の底から」やら「呪怨」、「着信アリ」やらを見てしまい、その日は風呂に入れずにTVや明かりをつけたままウトウト寝る私です。(;-;)でも話題作は一応見てみたい。

 さて、嬉野さんの文章は、感動したと同時にお遍路さんの話で「ぞぞぞ...」と来るものがありました。ことぶきさんのつぶやきで怖さ倍増。やはり霊場、遊び気分じゃいけないのよねと考えました。そのせいか分かりませんが、大泉さんはいつもお仲間を沢山連れて帰っていらっしゃる...(やっぱり夜はダメだって!!)

 いつか本場のうどんを食べたいなと思っていますが、意気込みが一歩後ずさってしまった感じです。怖いよぉ。レスもとりあえず怖いです。
 
 変なコメントでしたが最後に...
それでもこちらさんのページは大好きです!!

投稿: さかき@福島県 | 2005/08/03 21:37

こんにちは~ さかきさん。

怖がってらっしゃるので、とっておきの「お話」をレスで書こうと思いながら昨日、床についたのですが、思い出してるうちにこっちがおっかなくなっちゃって、灯りを煌々と点けたまま寝ましたよ。

なので、今回はやめておきますね。
またお風呂入れなくなっちゃうしね。

ホラー映画は「リング」以降のは観てないです。
観たら絶対後悔するから。
((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

また怖いお話をする時は、「シゲちゃんの苦手な」と書きますので、目安にしてください。

投稿: ことぶき | 2005/08/04 12:47

 ご丁寧なレス、いつもありがとうございます。ただ...とっておきのお話はそのお気持ちだけで十分でございます(; -_-)えぇもう本当に。多分、分かっていても読んでしまうので(/_<)。←やめればいいじゃんと思われるでしょうが...

投稿: さかき@福島県 | 2005/08/04 23:10

人間なんてそんなものですよ。

わかっていても読んでしまう。

見るなと言われれば見たくなる。

「鶴の恩返し」の鶴は、本当は見て欲しかったんじゃないかと思うのです!!
(話が違ってる!!)

投稿: ことぶき | 2005/08/05 10:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61776/5277737

この記事へのトラックバック一覧です: 四国と私:

« 「あの店」へ行って来ました。その3 | トップページ | 『水曜どうでしょう』って何なの? »