« ミスターが帰ってきた ヤァヤァヤァ! | トップページ | 『どうでしょう本 第2号』感想文。~目次まで行き着かない~ »

2005/08/06

ちゅーって鳴かないだけ良かったよね

コウモリでしたか。
香川公演のアクシデント。

いや、実は洋ちゃんのダイアリー書き込みの前にコウモリだったってコトは知っていたんですが、ご本人が伏せているので内緒にしておこうと思って書かないでいたのです。

したらば、また、長々と書かれましたなぁ。
よほど悔しかったと見える。仕方ないとは思っても、どうにもならない、誰も責められないと理解していても、納得はしていないご様子。

笑ったお客さんを責めてる訳ではありません。無理も無い事だと思いました。
(ただその後、シゲと音尾のシリアスなシーンでもまたコウモリが飛んで、またまた笑いが起きた時には、さすがにそこはこらえて欲しいと思ってしまいましたが……二度目だからね…ハプニングなのは分ってるんだから…笑うシーンじゃない事も分ってるんだから……とちょっとね)

「責める訳ではない」と書きながらも、若干責めちゃってるし

洋ちゃんの気持ちもわかるよ。
役者が真剣にやってるんだから、多少のハプニングには目をつむって欲しい。テレビ見てるんじゃないんだからってコトでしょうね。

洋ちゃんは厳しい人間だと思います。
自分にも厳しいだろうし、他人にも厳しい。
ダイアリーでこんなに悔しい胸のうちを綴っているしねぇ。
それはやっぱり、お芝居に対しての姿勢とか、役者としてのプライドのなせる業なんだろうけど。

だからね、あたし個人的にはお芝居にうちわ持って来るコト自体反対派なんだわ。

お芝居は「架空の世界」。ナックスのファンであるあたしたちは、確かに「ナックスのみなさん」を見に行っているのでしょう。

でも、お芝居をしている洋ちゃんが「大泉洋」にしか見えなかったらそれはそれで残念じゃないですか。

役柄のその人にしか見えなかったって云うお芝居が観たいじゃないですか。

それをね、うちわ持って来られたら興ざめなんです。

アイドルじゃないんだから。

いきなりどっぷり現実に引き戻されると言いますか…

「それはないだろう」と…

「あんた方、まさかそれを振り回すワケじゃないでしょうね?」と…

「その場に沿うもの」と云うのがあると思います。

結婚式にジーンズで行ったら怒られます。

「友達なんだからいいじゃん」

って言ったら、

「場をわきまえろ」

と言われるでしょう。

そう云う意味では、お客さんの側にもそれ相応の覚悟ってものが必要になってくるんでしょうね。

ただやっぱり、ある程度はお客さんの「マナー」の範囲なんだろうけど、役者が作り上げる「空気」ってものあると思うのです。

コウモリも気にならないほどに食い入らせる引力が、ね。

だからあんた方はまだまだ発展途上なんだって。

と、ナックスの皆さんに言いたい。

これから先に、そうなるようにがんばりなさいってコトよ。

お芝居の途中に「あと何分このお芝居を観られるんだろう!!」って気持ちになるようなお芝居。

コウモリだって気にしないような!

変な笑い声も気にならないような!

私語をする気になれないような!

そんなナックスのお芝居が、あたしは観たいッ!!

以上ッ!!

|

« ミスターが帰ってきた ヤァヤァヤァ! | トップページ | 『どうでしょう本 第2号』感想文。~目次まで行き着かない~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

だす、だす。
コウモリも気にならないような力ですね。洋ちゃんは自分自身にも怒ってるんだろうね。

コウモリも追い風に変えるようなお芝居見たいね。

投稿: ひとなみ | 2005/08/06 15:03

うん、だから、いろんな意味で「悔しい」んだと思うのよ。

コウモリさえ入ってこなければ…

お客さんが笑わなければ…

すべてのお客さんを引き付ける力が僕らにあれば…

そんな意味の「悔しい」だとわたくしは受け取りました。ビシッとね。

でもやっぱり、彼はコウモリがいちばん悪いと思ってるなぁ。

投稿: ことぶき | 2005/08/06 15:55

全然今回のお芝居見れなかった人間がいうのも恐縮なのですが、凄くことぶきさんの記事に賛成です。
何だか責めちゃってるなぁ…って思ったし、それを乗り越えるのはやはりお客さんもそうだけど、ナックスさんでもある訳で。コウモリに罪は無いですよね~一番場の空気を読めない存在ですから。(苦笑)

私の言葉では何だか言い表せませんが、ことぶきさんのおっしゃることにはうむうむと納得しました。

投稿: ステレオ | 2005/08/06 20:47

私もことぶきさんと同じ気持ちです。
ことぶきさんが私の気持ちを代弁してくれてるような気がするくらい納得です。
「コウモリも気にならないくらい」のお芝居を期待したいです。
・・・これは、厳しい意見なのかしら?

さらに「期待」したいだけなんですけどね。

投稿: ゆずこ | 2005/08/07 00:03

う~ん、私も「責めてる」なぁって思っちゃいました。
しょうがないけど、可哀想だけど・・・。
コウモリ2度目の襲来で「分かっているんだから・・・」って言うのは違うだろう?と
2度目だから余計に可笑しいのでは?
母にこの話しをしたら「どうでしょう」を見てる人は「マレーシア」を思い出しちゃったら笑っちゃうかもね。
って言ってました。
・・・・それもあったのかな?

森崎さんもダイアリーに書き込んでるけど、
NACSさん達は芝居に対してとても真面目なのは良いのだけど、
辛辣すぎではないのでは?と思っていまうなぁ。
こう少し肩の力を抜いて・・・って、無理なのかしら?
どの劇団もそんなモンなのでしょうかね?

投稿: トムスペ | 2005/08/07 00:15

★ステレオさん

よ~くよ~く考えても、やっぱりコウモリを責めるのはお門違いですよね。
その後の顕さんのダイアリーを読んで、
「顕さん、あんた暗いけど、なんてポジティブな考えなんだッ!!」
って思いました。

悔しかったけど、この後に生かせられれば、少なくても「コウモリが出ても動じないナックス」になれるワケです。

がんばれナックスッ!!

と云うコトですッ!!

★ゆずこさん

同じ意見ですって言ってもらえると、うれしいです~。

「コウモリも気にならないくらいのお芝居」観たいですよね。

厳しい意見って云うか、「期待」です、そうです。
期待されなくなったらお終いだし、その期待が現実になれるように、ファンであるあたしたちもお手伝いができたらなぁ~と思う今日この頃です。

★トムスペさん

そうそう、確かにコウモリと来れば「マレーシア」そして「オーストラリア」。どうでしょうファンなら笑うなと言う方が無理ってもんです。

それでもその公演をご覧になった方のブログを読むと、
「もう!コウモリで台無し!」
って書かれる方がいなかったコト(少なくともあたしが読んだ中では)が救いかな?って思って。

ナックス自身も「これから」の劇団なのだから、そのお客さんも「これから」なんだと思ってもらいたいです。
特に、ナックスのファンは入り口が「どうでしょう」だろうから、そこの切り替えはちゃんと理解してないと難しいかも知れないです。

その辺を「お客さんのマナー」と片付けるのではなくて、ナックス側の意向を知れるようなものをネットや雑誌やいろんなものを通じて発信すればいいと思うし、あたしらみたいなブロガーもそれをさらに多くの人の目に触れるようにお手伝いできれば…と思っているのです。

リーダーの「許せない」と云う言葉も、責めちゃってるなぁ…と思って。
トムスペさんの「辛辣」と云うのは、うなずけます。

投稿: ことぶき | 2005/08/08 11:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61776/5333378

この記事へのトラックバック一覧です: ちゅーって鳴かないだけ良かったよね:

« ミスターが帰ってきた ヤァヤァヤァ! | トップページ | 『どうでしょう本 第2号』感想文。~目次まで行き着かない~ »