« エピソード3 「普通に北海道じゃん」on サンチャレ | トップページ | 番外編 「隣りの芝生はカスタネット」 »

2005/07/26

エピソード2 COMPOSER in 浜松2日目昼公演

さて、どう書きましょうか?

いろいろなブログさんを見て回ったんですが、みなさん浜松公演は「よかった」と、絶賛されている方がほとんど。
あたしはそれに水を差す形になってしまうので、心苦しいのです。
でも、これが正直な気持ちなので仕方ないかな? って思って。

間違ってたら直して欲しいです。
そんなコトないよ、そこはこうだったよ。って。
むしろそれを願います。

前回は3列目のど真ん中と云うコトもあって、目の前にいきなり洋ちゃんが現れ大興奮でした。役者の表情がすべてわかり、流れる汗まで見える距離。しあわせでした。

今回は打って変わって後方の席でした。
ただ、前回はあまりにも近すぎて、お芝居の全体が見渡せなかった…
だから今回、全体が見渡せるコトが楽しみだったんです。

期待通り、表情は見えませんが前回見えなかったものが見えました。ゆっくりと、落ち着いて観劇ができたんです。

ところが、いきなり違和感が…
東京であれだけ笑いが起きたシーンで笑いが起きなかったんです。

そのシーンは、本当に楽しくて、客席も本当に心のそこからみんなが笑ってるのがわかって、しかも役者までもが笑っていて、一体感が味わえたところだったんです。

自分たちばかり笑っていて、逆に迷惑なのかと思えたくらい。

そのあと、徐々に笑いが起きるようになったのですが、約1名、おっかしな笑い方の方がいらっしゃいまして…笑い方を指摘しても仕方がないのですが、いっそ笑わんで欲しかった…

そして、お芝居全体に流れるちょっと軽い印象。
決してお芝居がボロボロなコトはなかったです。セリフを噛んだ人もいなかったし、完璧でした。
その完璧さに物足りなさが感じられたと言うか…役者の気持ちにリンクしてしまうような「想いの力」が伝わって来なかったんです。

本当に前回の東京公演では、この心臓はルイのものなんじゃないかってほど、苦しい場面では苦しく、楽しい場面ではうれしくなったのです。

こう書くと、洋ちゃんの演技に問題があるみたいな表現になっちゃうんですが、一体どこに問題が起きたのか? それがわからなくて困っているのです、実は。

あたし自身の捉え方の問題なのか? 

会場の雰囲気の問題なのか?

…それとも役者…なのか?

考えれば考えるほど辛くなってしまいます。

そして極め付けがカーテンコールでした。

音尾君から順に挨拶をしていったのですが、そこでも違和感が。
ナックス全体の雰囲気が硬い?
洋ちゃんが笑わない。
 (ここんところみなさんに聞きたいくらいだ)

「疲れてるのかな?」
「静岡嫌いですか?」
「それとも思い過ごし?」
「でもそれならなんでこんな風に思っちゃうんだろう?」

そんな風に思いながらも、挨拶を終えた5人を見送りました。が。

拍手が鳴り止まない。

舞台に明かりが。

まさか!?

なんと2回目のカーテンコール。

そして、パラパラと立ち上がる人たちが

「スタオベ…」

ついに恐れていたコトが…

明らかに周りを見ながら、「あたしも立っちゃお♪」的な雰囲気で立っちゃう人たち。

正直引きました。隣りのひとなみも同様。ふたりして一層椅子に深く腰掛けましたよ。

前の人も立ってたのですが、その人の間から見えた洋ちゃんは、一瞬固まって、そして手のひらをこちらに見せて、両手を前に出したのです。

あたしにはその手は制止のポーズに、「やめて」と言ってるように見えました。

結局中途半端なスタオベは、リーダーの合図で収められましたよ。

感情の高まりで立たずにはいられなくなるもののはずなのに、役者に制止されるってどうよ?

戸惑いながらも、リーダーがサントラの告知をして、「これが最後のカーテンコールだ」と言いました。

会場と役者との温度差がありありです。

スタオベは、むやみにするものじゃないですよ。

昔、エルビス・コステロのライブで、アンコールが5・6回あったコトがありました。出て来ても出て来ても拍手が収まらなかった。あの時は本当に自然だったし、コステロ自身も無理がなかったですよ。会場全体が鳴ってるみたいですごかったなぁ…

あぁ~あ。

その辺がいちばんへこんだコトですねぇ…

※ひとなみより情報入手。
カーテンコールの時、ジャンボリーうちわを振ってる人がいたんですって…かっこ泣き。

…絶句。

それでナックス固まってたワケ?
洋ちゃんのなげやりな挨拶も、これが原因かもなぁ…

さらなる今後の課題ですね。

そしてもう一つ。

お花の数。

          ひとつ。

どこからのお花だと思います?

「北海道テレビ放送 代表取締役社長 萩谷忠男さん」ですよ。

HTBさんですよ。テレ朝系ですよ。

言っておきますが、この公演の主催は「テレビ静岡」さん。フジ系なんですよ。

もしかして、HTBさんは全公演に送ってるの? だったらすごいですよ。

どうでしょうを放送してる「静岡あさひテレビ」さんでさえ送ってないのに、だ。

主催の「テレビ静岡」でさえ送ってないのに、だ。

会場付近にポスターすら貼っていないし、あったと思えば手書きだ。なんだこの扱いは、と思いましたよ。思いませんでした? ちょっとあんまりじゃないですか?

DSC02279

←しかも

「TEAM-NACS 2005 全国ツ」

で終わってる。

演目名『COMPOSER』の文字はなし。

かっこ泣き。

静岡の今後の課題ですよね。せっかくどうバカが多い土地柄なのに、歓迎ムードがなかった模様。

リーダーの「また呼んで頂ければ…」と言う言葉に、 「呼ばれなきゃ来ないの?」と思ったのはあたしだけじゃないでしょ?

そんな珍しくネガティブなことぶきなのでした。

ここまで真っ黒に塗りつぶしておいてなんですが、これはあくまでも「ことぶき」の感じた感想です。いろんな意見の中のひとつとして読んでくださいね。

ホントにごめんなさい。

|

« エピソード3 「普通に北海道じゃん」on サンチャレ | トップページ | 番外編 「隣りの芝生はカスタネット」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

さすがです、ことぶきさん。本当に文才でいらっしゃる。すごく伝わってきます、ことぶきさんの悲しさとか悔しさとか無念さ、とか。
東京公演との違い…
何だったんでしょうか。
もし役者さんのモチベーションが原因の一つであるなら、やはりそれは静岡の待遇に大きく関係してるんでしょうね。ひどかったもん。
ことぶきさんが書かれてる通り、花はないし、看板?は手書きだし、すごいひくーーい扱い。
おかしいもの。
正直、それでお芝居に影響しちゃうってのもプロとしてはよくないとも思います。
でもそれ以上に、やっぱり、静岡に嫌悪感。
せっかくのナックスさんの静岡初公演。私たちのおそらく、最後であろう生COMPOSERだったのに、悲しい思い出になっちゃいましたね。
今もし目の前にナックスさんが現れたら!
喜ぶよりも前に、会わせる顔が無いって思っちゃうだろうな。
本当に、申し訳ない。
終わって2日。
まだまだ頭は切り替えられそうにありません。
長文ごめんなさい(汗)

投稿: ごま | 2005/07/26 14:10

はじめまして。
時々こっそりお邪魔させては頂いておりました。
浜松公演の感想、大変興味深く拝読致しました。
人それぞれ感想が違うように、観に行った日によって
ご自身の感想も異なってくると思います。
私は自分の地元の公演しか観劇しておりませんが、
やはり客席の空気は異様なものがありました。
舞台は生ものなのでやはり客席の雰囲気が
ステージに影響を及ぼすことは大いにあると思います。
それが良い形の時もあれば悪い形の時もあると。
それにしても手書き看板にも愛が感じられないし
歓迎する側もちょっと配慮が足りない気はします。
最後にリーダーが仰った事ですが、
本人たちが例えまた来たいと思っていても
呼ばれなければ来る事が出来ないという事情も
あると思うので、この発言に関しましては
それほどネガティブに考えられる事はないと思いますよ。
はじめましてなのに長々と失礼致しました。では。

投稿: はな | 2005/07/26 15:06

★ごまちゃんへ

とりあえず、こう云う感想を持ってる人があたしたちだけなのよね。
だから「よかった」って思ってる人が読んだら、きっと「読まなきゃよかった…」って思われそうで申し訳ないです。
でも、賛否両論あっていいと思うし、これはあたしたちの正直な感想なんだから、ね。

どうバカ内では「本州副大将」とか言ってるけどさぁ、「ナックス」に対しては素人よね、静岡県民。

この件に関しては、是非ともひとなみを交え喧々諤々の議論を繰り広げたい気持ちがございますよぉ。

なのでね、夏休みの間に一度どうでしょうか?
ひとなみが高原のそよかぜに吹かれたいらしいので、焼きそばでもつつきに。

★はなさんへ

こちらこそはじめまして!
読んで頂いてありがとうございます。
あの時、どうしてそんな風に思ってしまったのかと、自分の感じ方がおかしいのかとかなりへこみましたが、感じ方は人それぞれだと思って、思い切ってこんな感想を書いてみました。
よい感想を得られた方には難癖を付けている風にしか受け取られないだろうと思います。
その方たちには、申し訳ないなぁと思いますが、個人個人、自分の感じた思いを大切にしてもらいたいと願います。

投稿: ことぶき | 2005/07/26 16:03

おぉぉわゎゎ、ありがたき幸せ!
光栄でございます!
ぜひ私も高原のそよかぜにバッシンバッシン吹かれたい所存でございます<(_ _)>
語り合いましょう!

投稿: ごま | 2005/07/26 20:57

ことぶきさん、はじめまして。
ここは時々拝見させていただいております。
自分もことぶきさんと同じ回を観ました。
しかも初めてのCOMPOSERでした。
なので比較する物がなかったからでしょうか、結構楽しめましたよ。
ことぶきさんはあちこちの会場でご覧になっているからこその感想がおありだと思います。
(その他いろんなお芝居などとの比較も含め)
なるほどね~と思って読ませていただきました。

で、なんですが、「スタオベ」に関してですが
あの回でスタオベをした人たちは、「すばらしい!」と思ってしたんじゃないでしょうか?
周りを見渡していたのは、立ってもいいかな?自分だけじゃちょっと恥ずかしいし?のような気持ちの人もいたんじゃないでしょうか?
そう、ただその場の雰囲気であの人も立ってるから立とう!と思った人ばかりじゃないはずです。
(で、あって欲しいのも含めてですが。)

でもせっかくの静岡公演だったのに、ナックスのメンバーも同じように感じていたとしたら残念ですが、
ただの観客の1人にしか過ぎない自分には、せいぜい観劇のマナーを守る事しか出来ないんですよね。

はじめましてなのに、長文失礼いたしました。

投稿: どどんぱ | 2005/07/26 22:30

こんにちわ。私も同じことを思います。同行人だったから尚更。

カーテンコールの時の洋ちゃんの顔は固まっていたよね。その顔が忘れられません。

投稿: ひとなみ | 2005/07/26 22:47

こんにちは。
時々うかがわせていただいてました、初めまして。
浜松の感想が知りたくて読ませていただいたのですが、率直な感想、疑問をきっぱり書かれていて「生ナックスかっこよかった!」なんていう一文よりもずっと愛情を感じました。
私は東京でCOMPOSERを見たので、あれからどう芝居が、役者が進化しているのか気になっていました。
役者の波、客の波があるでしょうから、つねに進化と言うのは難しいんでしょうね。盛り上がると言っても、東京公演では笑いすぎで台詞が聞き取れないシーンもありましたし。
そして、確かに物悲しいですね、手描き看板(笑)
でもナックスさんたちはまだまだ劇団としては駆け出しさんだと思うので、これからもっとがんばって、「どうでしょう」知らない土地でも巨大ポスター出されるくらいな芝居を打ってほしいなって思うんです。
はじめましてなのに色々とすいません。
まっすぐな感想、ありがとうございました。

投稿: くまだん | 2005/07/26 23:06

ほほう、ことぶきさんの辛口感想読ませていただきました~。
今回はわからないけど
東京の時は良かったですもんね。
でも1つ思うのは、やっぱり「かぶりつき」の席と全体が見渡せる席とでは入り込む度合いが違うと思います。
同じ東京をみた私はそんなに感情移入は出来まかったので、
もっと前で見たら泣いたかも?って思ってました。
浜松はきっとそれだけではない「何か」があったのでしょうけどね。

「静岡嫌い」って事はないでしょう
知らない見たいだけど(笑)
もし嫌いでも、それとこれは別次元!プロですから。
いい意味か、悪い意味か「こなれてきた」って感じに受け取りました。
レポありがとう!楽しみましたよ~。

投稿: トムスペ | 2005/07/27 00:29

私は23日の夜と24日の夜の公演にいきました。23日はそうでもなかったけど、24日のほうは意味のないスタオベ。。。ちょっとがっくしでした。マナーが悪い人が24日の夜は多かったです。。。

投稿: のりぴ~ | 2005/07/27 13:30

★どどんぱさん

はじめまして。コメントありがとうございます。
あの日のスタオベに関しては、やっぱりちょっと肯定的にはなれないのですが、ナックスを困らせようとしてやってるワケではないと云うのは確かです。
みんなすばらしいと思ったから立ったんでしょうね。

★くまだんさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
巨大ポスターが貼られたらうれしいだろうなぁ…
その前に、静岡では小さなポスター&手書きじゃない看板を!!
東京では確かにセリフと笑いがかぶりましたね。その度に笑いが収まるのを待っていた感じでした。
静岡では、役者が喋りだすとピタッと笑いが止まっていました。それだけ集中していたのかも知れませんね。

★トムスペさん

ありがとうございますぅ。
そうそう、「こなれてきた」って印象。たぶんトムスペさんには伝わってるなぁ。
確かに、3列目と後方じゃ迫力が違うから印象も違うとは思うんです。
でも、はじめて観た「LOOSER」も7列目かそこらで、表情もバッチリだったのにガッカリだったから…

★のりぴ~さん
はじめまして。コメントありがとうございます。
マナーの悪さってちょっと目立った印象がありました。これからの課題ですね。今はダメでも、未来には良くなるように、なんでもいいから少しでも力になれたらうれしいなぁと思う今日この頃です。

みなさん、どうもありがとうございます。
昨日一日、またもやいろいろ考えていました。
一応一区切り付けるために、記事をUPします。
よかったら読んでくださいね。

投稿: ことぶき | 2005/07/28 11:01

初めまして。23の夜と24の夜に行ったんですが、「なんだ?この気持ちは?」と思い、他の方々がどう思ってらっしゃるのかを知りたくて検索しまくって、こちらにたどり着きました。
そうなんですよね。自分が感じたこと思ったことをここで言っていただいたような、気づかされたような、再確認したような、「あーそうだ、言葉にするとそうなるわ」と思いました。
なーんか。なーんか?なんだかなあ(泣)
思い過ごしだといいんですけどね。NACSに嫌われたくないですね。

投稿: 静岡県民 | 2005/07/28 16:36

★静岡県民さん
はじめまして。コメントありがとうございます。
あ~、同じ感想の方がいらっしゃいましたか。
ホント、思い過ごしならその方がいいです。
いっそナックスのみなさんに「静岡はどうでしたか?」と聞きたいくらいなんですが…
今度静岡に来てくれた時は、「今まででいちばんよかった!」って言いたいですよね。

投稿: ことぶき | 2005/07/29 10:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61776/5158433

この記事へのトラックバック一覧です: エピソード2 COMPOSER in 浜松2日目昼公演:

« エピソード3 「普通に北海道じゃん」on サンチャレ | トップページ | 番外編 「隣りの芝生はカスタネット」 »