« ぶらり伊豆紀行 総括 | トップページ | キスくらいいいべや!! »

2005/05/31

そして「L⇔R」に辿り着いた。

「COMPOSER」観劇から10日。クラシックを聴き続けています。

とにかくあたしは、ベートーヴェンの「ピアノ協奏曲第5番変ホ長調」、いわゆる「皇帝」が大のお気に入り。

はじめは「これがベートーヴェンだ♪♪♪」って言う、何曲も入ったアルバム、交響曲とかは第○楽章の冒頭しか入ってないような、おいしいトコ取りなものを聴いていたのです。

そのアルバムでは「皇帝」は、すごい尻切れトンボみたいな終わり方をしていて、「続きが聴きたい!」と思ったのですね。

ところが、レンタル屋さんで「ピアノ協奏曲第5番変ホ長調」を探すも、置いていない。仕方なくアマゾンで検索。したら出てくる出てくる。同じ曲なのに、指揮者違い、ピアノ奏者違い、オーケストラ違い…どれだけあるのよって感じ。

そしてまだその時、まったくのクラシック若葉マークのあたしは、「同じ曲なら誰のを聴いてもさして変わりはないだろう。てか、あたしにはその違いはわからないだろう」と思っていたのです。

判断基準として、有名な指揮者。「カラヤン」?それとも「世界のオザワ」?

あたしは「バーンスタイン」を選びました。

理由?…名前がかっこいいから♪なんとかスタインとか、かっこいい。

そして聴きました。

驚きました。

違う…明らかに違う…テンポが速いし、ピアノの強さとか、ところによってはまったく違う曲なんじゃないのかってくらい違うのです。

「COMPOSER」で掛かったものと、バーンスタインのはかけ離れて違ってた(と思う)。「これがベートーヴェンだ♪♪♪」の方が、若干近い…それに、あたしの個人的な好みでも、こっちの方が好きだったのです。

そうと決まれば、この途中で切られちゃってる方の指揮者、奏者を調べて、それを買えばいい。

あたしは調べましたよ。

そして判明。

指揮者の名前は「ショルティ」
ピアノ奏者は「アシュケナージ」
オーケストラは「シカゴ交響楽団」

アマゾン検索!

「現在、品切れです」

あらッ!

まいりましたね。こりゃ、製造されてないのかも知れない。

行き止まりですか?

いや、ここであたしのミステリーハンター魂に火がついたんですね。(ミステリーハンターって…)

上のキーワードを徹底的に調べようと、こう思ったのです。

どうも「アシュケナージ」って人は、ピアノを弾きながら指揮までしちゃう人らしく、ほかにも「皇帝」のCDがある模様。

しかもこのCDがかなり好評で、あるクラシック好きの方のサイトでは、数ある「皇帝」の中でも、このCDを一番にあげるほど。

へぇ、アシュケナージ、すごいじゃない。

こうなったら、アシュケナージの弾き振りを聴いてみたい、と、ここまで行き着いたのです。

これは確か、近くのCD屋さんで目撃しているので、近々購入予定。
好きな感じならいいんけどね。

さて、ショルティ指揮とバーンスタイン指揮の「皇帝」の違いなんですが、バーンスタインの方が強いんです。音が。強弱がはっきりしてる。そして第1楽章の3分前後のあたりのフレーズで、オーケストラが「ジャンジャカジャンジャカ!」って感じで演奏するところがあったのですが、ショルティー指揮の方は、その同じフレーズが「ジャンジャカ」言わないの。例えるなら「タッタカタッタカ」って感じ。軽いけどリズミカルなんです。
あたし的にはそっちの方がいいなって思ったの。

だって、「COMPOSER」の時、「ジャンジャカ」言ってなかった気がするし…

でも、いったい、どちらが正しいのか?正しい正しくないの問題ではないんだろうけど、当のベートーヴェンはどちらのつもりだったか?

それも調べだしたのですが、この「皇帝」、2回目の公演が不評に終わり、その後ベートーヴェンさん、死ぬまで1度も振らなかったらしいの。この曲は2回しか演奏されてない。

「不評だぁ?二度と振るかッ!この野郎!」ってか。

さすがベートーヴェンだ…

え?タイトルの「L⇔R」はどうしたって?

「これがベートーヴェンだ♪♪♪」を借りた時に、モーツアルトも一緒に借りたのです。

モーツアルトと言えば、「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」。これがまたいい曲。休みなく全体的に印象的な音なんですよ。

一方、「L⇔R」(若い方、ご存知?)の曲で「アイネ・クライネ・ナハト・ミュージック」てのがあるのです。これもまたいい曲なのですが、タイトルからもわかる通り、モーツアルトの「アイネ・クライネ―」から来てるんです。どう来てるかと言うと、コード進行が同じなのです。それにJ‐POPなメロディーと歌詞が付いてる。聴けば聴くほど「アイネ・クライネ―」なのに、ポップスなの。不思議。

と言うのを思い出し、久しぶりに「L⇔R」を聴こうとCDを探したのですが見つからず、またアマゾンで検索。中古でいいやってすごく安いのを購入。

さっきまで聴いてたのでした。

いや、しかし、今や中古CDまでもネットショッピングかい?便利になったなぁ~

と、昨日のシゲちゃんみたいな感想。

|

« ぶらり伊豆紀行 総括 | トップページ | キスくらいいいべや!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61776/4353198

この記事へのトラックバック一覧です: そして「L⇔R」に辿り着いた。:

« ぶらり伊豆紀行 総括 | トップページ | キスくらいいいべや!! »