« DIESELのDZ2054 | トップページ | 「CUE FAN MOBILE」 ビシッと登録 »

2005/05/02

穴3番目の男

DIESELのDZ2054の話。

洋さんが3番目の穴だった、と言う事実を突きつけられ、あたしは思ったのでございます。

「実際にジャスト3番目の穴の腕をこの目で見たい…」

と。

とにかく細そうな腕を見たらはめてもらうコトにしました。

まず、あたしの周りにいる一番腕の細い男性と言えば…バイト先の寿司屋のオーナーシェフ。
彼とはかれこれ13年くらいの付き合いになりますが、10年くらい前に「手首足首対決」をした際、あっさり足首部門で負けた経験があります。(どんな対決だって)

足首が細かったんです。
ルパン?あぁたルパンでしょ?ってな具合。

これは期待できます。

「俺はお前とあんまり変わらないと思うぞ」

とご本人も自信満々。お寿司屋さんですからねぇ、力仕事じゃないですから…華奢な腕と長い指が自慢ですから。

『装着』

…あら?5番目じゃないさ。

「あたし、穴足りないくらいだよ」

「……」

ご自分でもちょっとかなりショックのご様子。

「こ、これでも細い方だと思うぞ」
「いや、洋ちゃんは3番目なんだって」
「ヤツは細すぎだ。…なんだ?その時計はヤツとおそろいか?」
「そうでぇ~す。見て見て、文字盤が―」

その時、なんとあろうコトか寿司屋のオーナーシェフは自分の指をペロッとなめ、そのままあたしが差し出したDIESELのDZ2054の、まさにその文字盤へ「ペトッ」と…

「な、何しやがる!!」

ヘラヘラと笑うオーナーシェフ。

「き、貴様ぁ~!!(怒)よーし、よぉーし、わかった。後悔するなぁ。貴様にはもう二度とこの時計は見せん!!」
「いいよ、別に」
「いいかぁ?この文字盤がどんな変化を見せるのか気になって寝れなくなっても知らんぞ!!」
「気にならないから」
「呆れてるな、洋ちゃんと同じもの買ったからって呆れてるな!!貴様の娘(OJ)にも同じもの買わせるぞ!!」

もはや、相手が雇い主であるコトは忘却の彼方です。

と言うワケで、あたしのDZ2054ちゃんはキズモノにされました。
帰ってアルコール消毒しました。

さて、気を取り直して「穴3番目の男」捜索は続きます。

ダメ元で彼氏にもしてもらいますか?
たぶんダメだろうけど。太ってるから。体型的には「いぶし銀のレスラー」ですもの。

『装着』

あら?4番目。惜しいッ!!いぶし銀、意外と細い。
しかもオーナーシャフより細いじゃん!!

「オーナーシャフより細いじゃんッ!!」 (寿司屋の方向へ叫ぶ)



ああ、ボクのシンデレラはどこにいるのだろう…



今日もことぶきはDZ2054を片手に、細腕の男を捜すのでありました。

発見次第おってご報告致します。

舞踏会開いちゃうぞ。

|

« DIESELのDZ2054 | トップページ | 「CUE FAN MOBILE」 ビシッと登録 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61776/3947551

この記事へのトラックバック一覧です: 穴3番目の男:

« DIESELのDZ2054 | トップページ | 「CUE FAN MOBILE」 ビシッと登録 »