« 親愛なる鈴井貴之様へ | トップページ | 細木数子かい? »

2005/04/16

弥生さんは 静かにトロ食い 健さんは水だ

DSC01973 大泉校長の珠玉の語呂にも登場する「登呂遺跡」。昨日はそちらへお邪魔しましたよ。

あたしたち(ことぶき&OJ改めひとなみ)は“遊びに行く”コトを【ミステリーツアー】と呼び(何が起こるかミステリーなので)、頭に地名を入れてその日の行事名とします。

ゆえに、今回は【静岡ミステリーツアー】。

前回は【富士ミステリーツアー】を敢行、知られざるケーキ屋さんを発見し、多大な成果をあげました。

さて、今回の【静岡ミステリーツアー】敢行に至った経緯をご説明しますと…

静岡県は一応、サイコロシリーズで訪問した土地として赤く塗られてはいますが、実際どうでしょう班がいらっしゃったのは、「旧富士川SA」と「牧の原SA」。そう、東名高速道路のサービスエリアのみです。こんなに見所満載なのに、東名も、新幹線も降りてはもらっておりません。

したがって、各地に点在するどうでしょうゆかりの聖地が、静岡にはないのです。こんな悲しいコトがあるでしょうか?いや、ないッ!!

そこで、あたしたち(ことぶき&OJ改めひとなみ)は、この校長の語呂にのみ残る地、「登呂遺跡」を、

かろうじて『聖地』ってコトでいいね?

と言う思いで訪問したのでありました。

さて、うららかな花舞い散る平日の金曜日、あたしたちは「一生どうでしょうします」ののぼりを掲げた愛車で登呂遺跡に辿り着きました。

どこかの小学生の団体が社会科見学で訪れ、ごった返しています。その中を掻き分け、年齢不詳の成人女子ふたり組は、博物館を見学。なにしに来たの?と問われれば、「社会科見学ですッ!」と答える体制は万全です。ドンと来いです。

щ(゚Д゚щ)カモォォォン

そしていつも割と楽しんでしまいます。

博物館内には、体験コーナーがあり、弥生人みたいに麻の服を着て、石を削ったり、田植え体験ができます。

ここでは是非、大泉校長にカリスマスタイリストが用意した「弥生人の衣装」でご登場頂き、あざやかな手つきで「石斧」を削って頂きたかった…

そんな思いがふたりの心に過ぎります。

DSC01972 屋外には、水田跡、竪穴式住居、高床倉庫などが復元されており、小学生がメモを取りながら真剣な眼差しで見学していました。

これは社会人として、どうバカとして、邪魔をするワケにはいきません。あたしの老後に年金を払ってくれるだろう人材たちです。大事にしなければ。そう思い、細心の注意を払いながら、つつましく見学。このふたりが小学生のごった返す竪穴式住居に足を踏み入れれば、きっと彼らは気まずい思いをし、出て行ってしまうかも知れない。そんなコトではいきないのです。

我々はぁ、涙を飲んでぇ、竪穴式住居侵入見学をぉ、諦めたのですッ!

でも、やっぱり見たかったな。(ポツリ)

しかしッ!忘れてはおりませんでした。ここへ来た意味を。ここは、大泉校長の珠玉の語呂に詠われた地。そこでその語呂を、高々と斉唱するコトが、今我々ふたりにできる、どうバカの証ッ!

弥生さんはッ!静かにトロ食いッ!健さんは水だッ!

「“健さん”は高倉健さんで、松平健さんじゃないんだよ」

なるほど!!

|

« 親愛なる鈴井貴之様へ | トップページ | 細木数子かい? »

水曜どうでしょう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61776/3722615

この記事へのトラックバック一覧です: 弥生さんは 静かにトロ食い 健さんは水だ:

« 親愛なる鈴井貴之様へ | トップページ | 細木数子かい? »