« 母さんうれしいよ | トップページ | 新人さんの気になる情報 »

2005/01/13

『ミハル』観ました

こっちを最初に観たかったかも…

青年館でのコンディションがいかに悪かったかが、痛いくらいにわかりました。
『ミハル』は普通に観られたわぁ。

最初から『ミハル』=「見張る」だろうと思ってましたが、見張られてもいたと。二重の「見張る」だったんですねぇ。

音尾先生の演技には、そりゃあ毎回脱帽なんですが、今回、すーっと感情移入できちゃったのは、大泉さんでしたねぇ。後輩くんの「痛み」ってのが伝わってきましたぁ。

しっかし、それにしても、あの飛び蹴りは見事でしたわぁ。ちゃんと見たの、はじめて。すごい。助走もなしであそこまで高くジャンプできるって、あんた、バッタかなんかかい?スズムシじゃなくてバッタだろ?トノサマバッタだよ、あれは。

シゲちゃんの役だって、ずっと驚いてる人だから、あの大きな演技でも違和感なかったし、モリのだっておかしな人な設定なんでどんな演技だって構わないワケだし、LOOSERよりは「枠」が広いですわな。それもあって安心して観ていられたのかも知れないです。

キノコさんだってね、作ってるキャラはともかく、真面目キャラの時の演技ったら絶品なのです。ホントに影のある男って感じで。

「顕さん、あんた、ホントはホントに殺しのプロだったんじゃないの?んで、45?

って。

それで、あの出ずっぱりの休みなしの舞台で、あの台詞量。さすがです。舞台人だよ、あんた方ぁ!

でも、一番お気に入りは

『せっきがいせ~ん(赤外線)』

です。

|

« 母さんうれしいよ | トップページ | 新人さんの気になる情報 »

CUEさん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61776/2560157

この記事へのトラックバック一覧です: 『ミハル』観ました:

« 母さんうれしいよ | トップページ | 新人さんの気になる情報 »