« 脱・母親宣言。 | トップページ | R54 »

2004/12/24

最終手段

そう言えば、「LOOSER」観た帰りがスリルもんでした。

終わったのが「21:40」くらいだったんです。
でも、静岡まで帰らなければならない輩が4人。

東京発こだま537号静岡行きは「22:10」

最寄の駅まで徒歩10分ほど。
東京駅まで乗り換え含めて20分ほど。
計30分強。

少なくても「21:30」には会場を出なければならないのですが、終わったのは「21:40」

間に合わない…

静岡組4人は2人ずつ席が離れており、あたしたち2人はもうこれ以上いられないと、途中で抜けてきたんです。

それが「21:30」

外へ出ても、残りの2人の姿はなし。まだ「中」にいる!

電話通じず。

焦る2人。
しかしこの2人、富士市民なので、最終の三島止まりでもぶっちゃけOK。あたしなんて三島に車置いてあるし。

そばで停まっていたタクシーの運ちゃんに
「東京駅まで何分掛かります?」
と尋ねると、
「20分くらいだよ」
と言う答え。

只今「21:35」
タイムリミットを「21:40」とする。

思い余って会場に戻ろうとするも、もう一度出てしまった人間。「中」には入れません。

と、そこで、「中」から歓声が…何度目かのアンコールだと思われ…

“なぜあたし、ここにあるの?あたし、「中」にいられる権利あるのに…”
多少寂しさを感じながら、感じながらも今考えなければならないのは、静岡に彼女たちを帰すコト。それだけ。

しばらくすると、どよめきとともに人が溢れてきたので、もう一度電話。

通じた!

階段を降りてくる姿を確認!

タクシーの運ちゃんに
「すみません!東京駅まで!」
と言って、乗り込む。

事態を把握した運ちゃん、猛スピード。

「大丈夫だよ」
とか言ってくれる。東京ではそっけない運ちゃんばかりに当たっていたので、すごくうれしくなる。人のやさしさに心打たれる年頃なんですね。

ことぶき、今年32になりました。

車中、ちらっとムカついたあたしは、後部座席の「静岡まで帰らなきゃならないのに最後まで舞台を堪能していた2人」に、ちょっときつく当たる。(大人気なかった…)

そんなこんなで、東京駅到着。しかも15分で。ありがとう、運ちゃん!

タクシー代、2100円。

世話になった運ちゃんだ。日曜日、タクシー運賃戦争の特番やってたし、よし、900円はチップでい!

と3000円渡そうとすると、後ろからすっと手が伸びて来た。2100円とともに。

舞台堪能組のひとりが、責任を感じてか、あたしより先に払おうと言うつもりらしい。

しかし、もうすでに3000円握り締めたあたし。運ちゃんもこの「3000円」は確認している(と思われる)。

「あ、2100円、ちょうど頂きました」
と運ちゃん。きっと運ちゃん、期待してたんだろう(と見えた)。

降りる間際、もう一度運ちゃんにお礼を言う。
急いでるあたしたちを、無事東京駅に届けてくれた。しかも最速で。いい人。さんきう。

もちろん新幹線には間に合い、4人はそれぞれの駅で降りていったワケ。
結果オーライ。

でもね、いつもこうなるとは限らないんだよ。

何が起こるかわからないから旅なんだ!

|

« 脱・母親宣言。 | トップページ | R54 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61776/2361552

この記事へのトラックバック一覧です: 最終手段:

« 脱・母親宣言。 | トップページ | R54 »