« 小説「銀のエンゼル」販売情報 静岡県東部 | トップページ | 聖地巡礼 銀座編1 »

2004/12/23

LOOSRE感想

行って来ました!LOOSER東京アンコール公演!
いや、すごかった!
やっぱりお芝居はライヴですね!

洋ちゃん細かった…

顕ちゃんはじけてた…

琢ちゃんは跳ねてた…

シゲちゃんはハンサムだった…

モリはやっぱり巨顔だった、うん、改めて。

閉演後、時間がなかったのでアンケートを書けず、お家に帰って眠たい目をこすりながら書いてみました。
「続き」はCUEさんへ送る、そのアンケートの内容です。
ファンだからって、褒めちぎるのはあんまり好きじゃない。だって、「ここ」で止まってもらいたくないからね。

はじめに言っておきますが、あたしはナックスファンなので、どうしたって贔屓目に見てしまいます。正しい評価はできないかも知れません。でも、ナックスのお芝居がこれで完璧かと言えば、絶対そうではないと思います。
すばらしかったコトには変わりないのですが、この部分をもうちょっとこうしたら良かったとか、そういうコトを書いてみようと思います。
まず、新撰組について、歴史について、興味ある人ばかりではないので、パンフレットとかに大まかな説明が欲しかったです。ただでさえ5人ですべての登場人物を演じわけるので、最初のうちは誰が誰だか、見方なのか敵なのか、結構こんがらがりました。
それから、たぶん今のうちは観客のみなさんはナックスを知っているファンが大半でしょうから、あちこちに散りばめた、普段の個人のネタは通用するかも知れませんが、来年の全国ツアーの時はダメなんじゃないでしょうか?実際、あたしの隣の方は、きっとそれほどみなさんを知らない方みたいで、コネタに笑ってらっしゃらなかったです。
それから、台詞が聞き取りにくいところがいくつかありました。
あたしもそれほど他の役者さんのお芝居を観ているわけではありませんが、ちょっと雑っぽく聞こえるところが気になったのです。
これがお芝居を観ている最中に思ったコト。
観終わって思うコトは、5人しかいないにも関わらず、それぞれのキャラクターが違って見えたコト、演じ分けていたのがすばらしかったです。特に音尾さん。
大泉さんの土方歳三は、本物を見たコトないですが、本物っぽく思いました。本当にこんな感じの人だったんだろうなって感じです。凛としていて、とってもかっこよかったです。
安田さんの芹沢鴨には泣かされました。インパクトがあって強烈です。部屋がなくて焚き火をしちゃう所、かわいかったです。
佐藤さんの主人公の言葉には、耳の痛いところがたくさんありました。焦りみたいなものがよく伝わってきました。
そして森崎さん、本当に勉強されて苦労なさったと思います。
大勢の人間が入れ替わり立ち代り出てくるようなお芝居よりも、スマートな舞台だったと思います。羽織をひっくり返しただけで対峙する人物が変わるところなんか、すごいって思いました。
なにはともあれ、みなさんが真剣に、でも楽しそうに演じてらっしゃるのを見て、とてうれしく、そしてうらやましく思います。
まだまだナックスには可能性があると思います。それをこれから見守って応援して行けるコトが楽しみです。期待してます。
でも体調には十分気をつけてください。特に大泉さん、忙しすぎて逆に心配になります。無理しないでくださいね。

|

« 小説「銀のエンゼル」販売情報 静岡県東部 | トップページ | 聖地巡礼 銀座編1 »

CUEさん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61776/2347845

この記事へのトラックバック一覧です: LOOSRE感想:

« 小説「銀のエンゼル」販売情報 静岡県東部 | トップページ | 聖地巡礼 銀座編1 »