« こんなところに! | トップページ | いってらっしゃい! »

2004/11/10

リターンズ感想「東日本縦断」

「東日本縦断」と言えば、ベトナムへ続くカブ企画の第1弾。しかもインプレスさんで紹介されてる映像で流れるのが、あの伝説の「だるま屋ウィリー事件」だと言うコトは、誰が見ても面白い、どうでしょうさんおススメの企画ってコトでいいんでしょうか?

「いいでーす」(ヤスケン風)

「東日本縦断」の第1夜。
どうでしょうさんは、あたしの知ってる土地にはなかなか行ってくれません。静岡なんて東名のSAだけだもの。だからすこしでも知ってる所が映るとうれしい。それが「銀座」。でも竹田輪業さんは築地じゃないですか。歩いたんですか?

「東日本縦断」の第2夜。
写真集1に

「ミスター、だるま買いました」 「…」

と言う藤村Dがだるま持ってて、それを呆れ顔で見ているミスターの写真がありますが、それがここかぁとひとり合点がいきました。
「イカンガー」を知らなくて、こっちが「いかんがぁ」ですわ。なんかゴジラとかに出てくる怪獣だと思いましたもの。軟体怪獣、イカンガー。

「東日本縦断」の第3夜。
ホテルに着いて明日の計画を練ってる時に大泉さんが「名古屋に行っておまえの(藤村D)おふくろ乗せてくる」とか言ってる後ろで大爆笑のミスター。もう、倒れこんで笑ってる、あなたのその、おなかのうねり具合がモエモエ。

「東日本縦断」の第4夜。
なんと言っても「だるま屋ウィリー事件」でしょう。まさに伝説。思い出すだけで笑えるもの。すごい才能です。あの後「安全第一」の看板、ちゃんと直したのかなぁって心配しちゃう。
街で見掛けるカブ乗りさんの、左足の動きにも注目してしまいます。難しいよ、あれは。

「東日本縦断」の最終夜。
ミスターの寝起き姿…「…まぶしい」って、あたしにはあなたが“まぶしい”です。そらぁね、洋ちゃんだってかわいいですよ。日に日に伸び行く無精ひげさえも“愛おしい”。しかし、ミスターの寝ぐせには勝てないのよ。
しかし、本当に出演人の苦痛がわからない、見事な編集ですね、D陣。

|

« こんなところに! | トップページ | いってらっしゃい! »

水曜どうでしょう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61776/1909963

この記事へのトラックバック一覧です: リターンズ感想「東日本縦断」:

« こんなところに! | トップページ | いってらっしゃい! »